レヴォーグ5位!? ロードスター2位?? ならば1位は!?? 編集部総出で選んだ 2020年日本車ベスト10!


 先日お届けした自動車評論家総勢20名による現行国産車ランキング。プロの目線で選んだ2020年日本車ベスト3はロードスター、レヴォーグ、GT-Rという結果に終わった(下記に1位から10位までの表あり)。

20名のプロが選ぶ 現行国産車「最もいいクルマ」ランキング2020年版 1位はなんとあのオープンカー!???

 さてではその勢いそのままに、同じ手法でベストカー編集部員7名が現行日本車の1~10位を決めるとどうなるのか? カウントダウン形式でご紹介!

●評論家20名による2020年現行国産車ベスト10はこちら!
1位 マツダ ロードスター(166ポイント)
2位 スバル レヴォーグ(163ポイント)
3位 日産 GT-R(128ポイント)
4位 ホンダ ホンダe(125ポイント)
5位 トヨタ カローラ(シリーズ)
6位 スズキ ジムニー(92ポイント)
7位 トヨタ ヤリス(88ポイント)
7位 トヨタ RAV4(PHV含む・88ポイント)
9位 トヨタ ハリアー(83ポイント)
10位 トヨタ MIRAI(76ポイント)

●日本車Best10の決定方法
1)7名のベストカー編集部員が現行日本車のなかから「自分のベスト10」を決める。
2)それぞれの1~10位車にF1方式でポイントをつける(1位25P 2位18P 3位15P 4位12P 5位10P 6位8P 7位6P 8位4P 9位2P 10位1P)。
3)すべてのポイントを合計して「総合順位=1~10位」を決定。

【画像ギャラリー】昨年目立ったあのモデルは何位?? ランクインを果たしたクルマたちをギャラリーでクイックチェック!!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年1月26日号


■10位 トヨタ ヤリス(22ポイント)

●どんなクルマ?

 ヴィッツ後継のコンパクトで、月販トップ3の常連という大人気車。デザインは可愛らしく、本誌計測でハイブリッド車が実燃費40km/L達成。これは凄すぎ!

トヨタ ヤリス

●総合的バランスで4位という結果に/編集部・ウメキの評価

 4位とはいえコンパクトカー三つ巴では最下位という個人評価。走って楽しいのはヤリスだし、燃費がいいのもヤリス。でも「これ1台」のファミリーカーとしてみたら後席が狭すぎるし、荷室も小さい。ま、割り切ったパッケージングだということは理解するけど、やっぱりユーティリティは無視できない。その面ではフィット、総合的バランスのよさならノートが上位かな…。

●評点…ババ4位、ウメキ10位、ワタナベ7位

■10位 マツダ マツダ3(ファストバック&セダン・22ポイント)

●どんなクルマ?

 2019年、登場したモデルでファストバックとセダンがある。直4の1.5Lと2Lガソリンなどに加え、話題のSKYACTIV-X搭載も(2020年早くも改良!)。

マツダ マツダ3(ファストバック&セダン)

●直4、1.5Lは「マツダの良心」/編集部・ワタナベの評価

 SKYACTIV-X搭載車が思ったほどの評価を得ていないマツダ3。しかしながら、「マツダの良心」は先代アクセラと同じくガソリンエンジンの直4、1.5L車にあると思う。インテリアの質感はクラスでもトップクラスだしね。ひとつだけ解せないのはアクセラのリアサスがマルチリンクだったのに、マツダ3ではトーションビームに変更したこと。どーして?

●評点…イイボシ8位、ワタナベ4位、マツナガ7位

次ページは : ■8位 トヨタ GRスープラ(25ポイント)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ