世界初登場までカウントダウン 自動運転レベル3は何が凄いのか?


 世界中の自動車メーカーが自動運転技術の実現を目指し開発を進めているなか、ホンダは2020年11月に、自動運転レベル3型式指定を国交省から取得したと発表。自動運転はレベル0~5の6段階に分類されていて、レベル3の市販化は世界初となる。

 ホンダは2020年度中に販売を開始すると発表しているから、2021年1月現在では、遅くとも2カ月以内には登場することになる。

 期待感は高まるばかりだが、一般的にレベル3がどの程度自動運転に近づいているのか、どれだけ凄いかわかりにくい。

 自動運転技術の現状と、レベル3、さらにその後の進化について、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏
写真/HONDA、TOYOTA、NISSAN、SUBARU、TESLA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】レジェンドは日本初や世界初技術の宝庫!! 懐かしい写真満載で歴代モデルをフラッシュバック


■レベル3の自動運転中はドライバーに責任なし!?

 間もなくレジェンドに「レベル3」の自動運転を搭載したモデルが出てくる。すでに国交省の認可も取得しており、ホンダも「2020年度中」と言ってます。興味深いことに多くの人は「レベル3の凄さ!」を認識していないと思う。

 例えばレジェンドでレベル3の自動運転モードに入っているときは、事故が起きてもドライバーに責任なし!

 というのも自動運転中は「運転」という行為をクルマが全て担当するため、スマホ見ながらでもTV見ながらでも「緊急事態に備え運転を代われる」状況で運転席に座っていればOK。

 ちなみに飲酒行為などは、「運転を代われる」と言えない。運転代わった時点で酒気帯び運転になるからアウトです。助手席に移動するのもダメ。

 参考までに書いておくと、レベル3モードでの走行中の事故は、ドライバーの過失を問われない。なぜか? 「自動運転はドライバーより安全性を確保できるから」という理由による。

 したがって相手がいる時は事故の責任を動画で判定。回避操作によって避けられない事故であれば、100%相手側に責任あるということになります。

 動画の確認でレベル3側に責任あると認定されたなら、刑事罰も賠償責任も自動車メーカーが背負う。実際は賠償についちゃ保険会社。

 レジェンド「トラフィック・ジャム・パイロット」(日本語だと混雑時の運転手)は渋滞している時にしか稼働しないし、車速も50km/h以下に限られる(セット時は30km/h以下)。よって事故は考えにくい?

こちらが国交省の定めた自動運転のレベル分けの定義。レベル3以上がいわゆる自動運転に該当する。レベル2は自動運転の機能がありますという段階。この違いは何だろうか?

■レベル2との違いはどこにある?

 ここまで読んで「レヴォーグのアイサイトXやスカイラインのプロパイロット2とどこが違うのか?」と思うかもしれない。

 レヴォーグのアイサイトX、渋滞時はハンズフリー(手放し走行)ができるし、スカイラインのプロパイロット2も高速道路で先行車いない時にハンズフリー可能。道交法上もハンズフリーOKとなってます。

 確かに似た機能なのだけれど、アイサイトXもプロパイロット2も「レベル2」の自動運転であり、自動運転時の主体はドライバーにある。

 したがって常時車載カメラでドライバーの目線を追いかけており、短い時間であってもよそ見したり居眠りしたら、警告出る。そのまんまよそ見してると自動運転はカットされてしまう。

 レジェンドのレベル3だと、よそ見してもいい。また、手の位置もレベル2では「ただちに操作できる」ということになっているため、手はヒザの上に置くか「ハンドパワー」のようにハンドルから少し離れた位置をキープしておかなくちゃならず。足もペダルの近辺で待機してなくちゃダメ。シートの上であぐらかくのは道交法違反だ。

 レベル3ならスマホ持っていてもマンガ読んでいてもゲームやっててもいい。足もあぐらくんでいい。「ホントかよ!」と思うだろうけれど、それがレベル3なのだった。

自動運転レベル2のアイサイトXでの自動運転の模様。ハンズオフ運転も可能だが、運転中の事故責任は運転者が負う。レベル3はついに車側が事故の責任を負うことになる

次ページは : ■レクサスは年内にレベル3を登場させる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ