レガシィ カルディナ ステージア… 90年代を彩ったワゴン戦国時代の名車たち

 SUVが大ブームとなっている昨今であるが、いまから30年前、1990年代の国産車のブームは、ステーションワゴンにあった。トヨタ、日産、スバル、マツダ、三菱など、ほとんどの自動車メーカーがステーションワゴンを投入しており、今では考えられないほど、人気があった。

 現在販売されている国産のステーションワゴンは、ごくわずか。かつて栄光を極めたモデルたちは、ほとんどがモデル廃止となってしまっている。今回は、90年代に活躍した、懐かしの国産ステーションワゴンたちを振り返ってみよう。

文:吉川賢一
写真:SUBARU、TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】90年代に一世を風靡したステーションワゴンたち


スバルレガシィツーリングワゴン(2代目・1993~1998年)

 国内のステーションワゴンブームに火をつけたのは、1989年に登場した初代レガシィツーリングワゴン。そして、そのブームをさらに加速させたのが、1993年に登場した2代目レガシィツーリングワゴンだ。

 あくまで5ナンバーの小型車枠にこだわり、プラットフォームこそ初代の改良型ではあったが、GTとGT B-specには、インプレッサ用に開発されていた排気量2.0リッターBOXERのEJ20をツインターボ化し、250psというクラス最強のエンジンにパワーアップ。

 さらにはマイナーチェンジで最大出力280psまで性能向上した。また、トップグレードにはお決まりのビルシュタインダンパーを奢るなど、贅沢な足回りだった。

 レガシィツーリングワゴンは、このクルマの初代のヒットをみて登場したライバル車をことごとく返り討ちにしていった、まさに伝説のクルマだ。2代目レガシィツーリングワゴンは、累計で34万台が販売され、歴代最量販モデルにもなっている。

1993年に登場した2代目レガシィ 歴代最量販となったモデルだ

トヨタカルディナ(初代・1992~1997年)

 コロナ/カリーナをベースに、ステーションワゴン風に作ったのが、このカルディナだ。イタリア語で「中心的な、主要な」という意味の「カルディナル」をもとに名付けられたこのクルマは、初代レガシィツーリングワゴンの大ヒットをうけて開発されたもので、2代目レガシィ登場の前に発売した。

 駆動方式はFFとフルタイム4WD、エンジンは横置きの直列4気筒、1.8リッター(125ps)、2.0リッター(140ps、(4WDは135PS)のほか、2.0リッターディーゼル(73ps)も設定していたが、翌年登場の2代目レガシィが250psにもなるハイパワーエンジンを搭載しており、パワー競争では太刀打ちできていなかった。

 1997年には2代目カルディナへモデルチェンジし、2.0リッター直4ツインカムターボ(260ps)のGT-Tが登場。トヨタ最強の快速ツーリングワゴンとして人気はあったが、大きな成果をあげることはできなかった。カルディナは、後出しジャンケンでも勝てなかった、トヨタ車としては珍しいクルマだ。

1992年に登場した初代カルディナ 後出しジャンケンでも勝てなかった、トヨタ車としては珍しいクルマだ

日産ステージア (初代・1996~2001年)

 ステージアもまた、レガシィツーリングワゴンの大ヒットに影響を受けて登場したモデルだ。初代ステージアは1996年に登場。ホイールベースが2720mmと、レガシィツーリングワゴン(初代:2580mm、2代目:2630mm)やカルディナ(初代/2代目:2580mm)よりも大きく、スカイライン、ローレルとプラットフォームを共用するミドルサイズのワゴンだ。

 搭載エンジンはすべて直6(RB型)で、2.0リッターNA、2.5リッターNA、そして2.5リッターターボの3種類。ゆったりとしたスペースの3ナンバーサイズのボディーが与えられ、インテリアも当時の高級車ばりの豪華さであった。

 なお、1997年にはオーテックから、R33スカイラインGT-Rのエンジンを搭載した「260RS」が登場。ミッションは5速MTのみ。電動スーパーHICAS、ブレーキはブレンボ、GT-Rのアイテムで武装した、国内最強のステーションワゴンだった。ステーションワゴン好きの筆者が、この時代のステーションワゴンで、一番欲しいと思うモデルだ。

1996年登場の初代ステージア
オーテック ステージア260RS(1997年)国内最強のステーションワゴンだ

ホンダアコードワゴン(2代目・1994~1997年)

 初代アコードワゴンが登場したのは1991年のこと。2代目までは、アメリカで生産して日本へ持ってくる逆輸入車だった。全長4780mm、全幅1780mm、全高1455mmの5ドアステーションワゴンとして、のびやかで幅広い、優雅なフォルムで人気のあったクルマだ。大きく傾斜したテールゲートのデザインも特徴的だった。

 2.2リッター直4ガソリンエンジン(F22B型)と4速ATを組み合わせたFFで、贅沢にも前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションを備えていた(リア荷室フロアへの干渉を小さくすることが狙いだったようだ)。

 日本車離れしたアコードワゴンのスタイリングを活かし、エアロパーツとローダウンを施したUSカスタム仕様を目指したファンも多くいた(筆者の友人も初代アコードにコテコテのUSカスタムをして、夜な夜な集会に出かけていた)。

 2代目アコードワゴンは1997年9月に販売終了、入れ替わりとなった3代目からは国内生産となった。

USカスタム人気を牽引した初代アコードワゴン

三菱ディアマンテワゴン(初代・1993~1997年)

 三菱のアッパーミドルサルーン、ディアマンテをベースに、オーストラリアで生産されていたLサイズステーションワゴンが、1993年に登場した「ディアマンテワゴン」だ。

 フロントがストラット、リアは5リンクのマルチリンクサスペンションを搭載(アコードワゴンと同じく、リア荷室フロアへの干渉を小さくすることが狙い)し、広く大きなラゲージスペースを確保していた。

 ディアマンテワゴンは、3.0リッターV6エンジンと4速ATを組み合わせた1グレード構成で、本革シートや液晶TVモニターなど、アッパーミドルサルーンらしく、贅沢なアイテムを備えていた。

 レガシィツーリングワゴンやカルディナといった若者向けとは異なり、渋みのある大人向けとしていたため、さほど人気は出なかったようだが、今見ても、上級ステーションワゴンとしての素養が、十分に感じられるデザインをしている。

1993年登場の初代ディアマンテワゴン レガシィツーリングワゴンやカルディナといった若者向けとは異なり、渋みのある大人向けだった

ブーム再来は必ずある!!

 SUVが大流行している現代だが、SUVとしての性能をもとめてSUVを購入している人がどれだけいるだろう。「ブームでカッコよく見えるから」購入しているかたが大半であろう。

 50扁平を下回る薄っぺらいタイヤで、かつ、無謀なほど大きく重たいホイールを付けた、見てくれ以外に何のメリットもない「なんちゃってSUV」が多すぎる(もちろんそうでないクルマもある)。そして、これだけ盛り上がりを見せれば、いつかどこかで「飽きる」という状況にもなる。

 機能性と新鮮味を求めて、ステーションワゴンが再び脚光を浴びる日は必ずくる、と、ステーションワゴンびいきの筆者は考えている(願望を多分に含んでいる自覚はある)。

【画像ギャラリー】90年代に一世を風靡したステーションワゴンたち

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ