レガシィ カルディナ ステージア… 90年代を彩ったワゴン戦国時代の名車たち


 SUVが大ブームとなっている昨今であるが、いまから30年前、1990年代の国産車のブームは、ステーションワゴンにあった。トヨタ、日産、スバル、マツダ、三菱など、ほとんどの自動車メーカーがステーションワゴンを投入しており、今では考えられないほど、人気があった。

 現在販売されている国産のステーションワゴンは、ごくわずか。かつて栄光を極めたモデルたちは、ほとんどがモデル廃止となってしまっている。今回は、90年代に活躍した、懐かしの国産ステーションワゴンたちを振り返ってみよう。

文:吉川賢一
写真:SUBARU、TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】90年代に一世を風靡したステーションワゴンたち


スバルレガシィツーリングワゴン(2代目・1993~1998年)

 国内のステーションワゴンブームに火をつけたのは、1989年に登場した初代レガシィツーリングワゴン。そして、そのブームをさらに加速させたのが、1993年に登場した2代目レガシィツーリングワゴンだ。

 あくまで5ナンバーの小型車枠にこだわり、プラットフォームこそ初代の改良型ではあったが、GTとGT B-specには、インプレッサ用に開発されていた排気量2.0リッターBOXERのEJ20をツインターボ化し、250psというクラス最強のエンジンにパワーアップ。

 さらにはマイナーチェンジで最大出力280psまで性能向上した。また、トップグレードにはお決まりのビルシュタインダンパーを奢るなど、贅沢な足回りだった。

 レガシィツーリングワゴンは、このクルマの初代のヒットをみて登場したライバル車をことごとく返り討ちにしていった、まさに伝説のクルマだ。2代目レガシィツーリングワゴンは、累計で34万台が販売され、歴代最量販モデルにもなっている。

1993年に登場した2代目レガシィ 歴代最量販となったモデルだ

トヨタカルディナ(初代・1992~1997年)

 コロナ/カリーナをベースに、ステーションワゴン風に作ったのが、このカルディナだ。イタリア語で「中心的な、主要な」という意味の「カルディナル」をもとに名付けられたこのクルマは、初代レガシィツーリングワゴンの大ヒットをうけて開発されたもので、2代目レガシィ登場の前に発売した。

 駆動方式はFFとフルタイム4WD、エンジンは横置きの直列4気筒、1.8リッター(125ps)、2.0リッター(140ps、(4WDは135PS)のほか、2.0リッターディーゼル(73ps)も設定していたが、翌年登場の2代目レガシィが250psにもなるハイパワーエンジンを搭載しており、パワー競争では太刀打ちできていなかった。

 1997年には2代目カルディナへモデルチェンジし、2.0リッター直4ツインカムターボ(260ps)のGT-Tが登場。トヨタ最強の快速ツーリングワゴンとして人気はあったが、大きな成果をあげることはできなかった。カルディナは、後出しジャンケンでも勝てなかった、トヨタ車としては珍しいクルマだ。

1992年に登場した初代カルディナ 後出しジャンケンでも勝てなかった、トヨタ車としては珍しいクルマだ

次ページは : 日産ステージア (初代・1996~2001年)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ