レガシィ カルディナ ステージア… 90年代を彩ったワゴン戦国時代の名車たち


日産ステージア (初代・1996~2001年)

 ステージアもまた、レガシィツーリングワゴンの大ヒットに影響を受けて登場したモデルだ。初代ステージアは1996年に登場。ホイールベースが2720mmと、レガシィツーリングワゴン(初代:2580mm、2代目:2630mm)やカルディナ(初代/2代目:2580mm)よりも大きく、スカイライン、ローレルとプラットフォームを共用するミドルサイズのワゴンだ。

 搭載エンジンはすべて直6(RB型)で、2.0リッターNA、2.5リッターNA、そして2.5リッターターボの3種類。ゆったりとしたスペースの3ナンバーサイズのボディーが与えられ、インテリアも当時の高級車ばりの豪華さであった。

 なお、1997年にはオーテックから、R33スカイラインGT-Rのエンジンを搭載した「260RS」が登場。ミッションは5速MTのみ。電動スーパーHICAS、ブレーキはブレンボ、GT-Rのアイテムで武装した、国内最強のステーションワゴンだった。ステーションワゴン好きの筆者が、この時代のステーションワゴンで、一番欲しいと思うモデルだ。

1996年登場の初代ステージア
オーテック ステージア260RS(1997年)国内最強のステーションワゴンだ

ホンダアコードワゴン(2代目・1994~1997年)

 初代アコードワゴンが登場したのは1991年のこと。2代目までは、アメリカで生産して日本へ持ってくる逆輸入車だった。全長4780mm、全幅1780mm、全高1455mmの5ドアステーションワゴンとして、のびやかで幅広い、優雅なフォルムで人気のあったクルマだ。大きく傾斜したテールゲートのデザインも特徴的だった。

 2.2リッター直4ガソリンエンジン(F22B型)と4速ATを組み合わせたFFで、贅沢にも前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションを備えていた(リア荷室フロアへの干渉を小さくすることが狙いだったようだ)。

 日本車離れしたアコードワゴンのスタイリングを活かし、エアロパーツとローダウンを施したUSカスタム仕様を目指したファンも多くいた(筆者の友人も初代アコードにコテコテのUSカスタムをして、夜な夜な集会に出かけていた)。

 2代目アコードワゴンは1997年9月に販売終了、入れ替わりとなった3代目からは国内生産となった。

USカスタム人気を牽引した初代アコードワゴン

次ページは : 三菱ディアマンテワゴン(初代・1993~1997年)