次期レヴォーグの“原形”が日本初公開!! スバルの歴代コンセプト車が集結


 次期レヴォーグを示唆し、3月に世界初公開されたばかりの「ヴィジブ ツアラーコンセプト」が早くも日本初上陸!! 

 話題の次期型フォレスターの元ネタとなったコンセプトカーをはじめ計5台、過去に市販車へと繋がり、これから市販車に繋がるであろうコンセプトカーが一同に集結する初のイベントが開催。

 そこにはスバルのデザインを紐解く鍵が詰まっていた!

文:大音安弘/写真:平野学


新型XVへ発展したヴィジブ2コンセプト

石井デザイン部長自らが「デザインをXVに生かした」
石井デザイン部長自らが「デザインをXVに生かした」というヴィジブ2コンセプト。シューティングブレークとして提案され、クロスオーバーの性格も併せ持つ

 スバルは、東京・恵比寿の本社内「スバルスタースクエア」(渋谷区恵比寿1-20-8)にて、「スバルデザインミュージアム~進化する、スバル独自のデザインの現場展~」を3月30日から4月7日(土)までの期間で開催することを発表し、それに先立ちプレスプレビューを実施した。

 今回展示されるのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたばかりの「スバル ヴィジブ ツアラーコンセプト」を含む新世代スバルのデザイン方向性を示したコンセプトカー「ヴィジブ」シリーズの5台。

 うち一台は、TVゲーム「グランツーリスモ」向けにデザインされた模型となる。ヴィジブシリーズが一堂に展示されるのは、今回が世界初。今回の展示車について、簡単に紹介したい。

 クロスオーバーのコンセプトカーである「ヴィジブ2コンセプト」は、2014年3月のジュネーブモーターショーで初公開。ここよりスバルの新生代デザインテーマの「ダイナミック×ソリッド」が、ヴィジブシリーズに取り入れられた。

 これが市販車の新型インプレッサとXVへと昇華。特に次世代クロスオーバーとしてデザインされただけに、新型XVへの影響は大きい。

公開直後の次期フォレスターはこれが元ネタ

世界初公開された次期フォレスターに多くの部分が生かされたことを伺わせるヴィジブフューチャーコンセプト
世界初公開された次期フォレスターに多くの部分が生かされたことを伺わせるヴィジブ フューチャーコンセプト

 SUVのコンセプトカーである「ヴィジブ フューチャーコンセプト」は、2015年7月の東京モーターショーで初披露されたため、実車を見たという方も多いはず。

 リヤバンパーに格納式自転車キャリアを設けるなどスバルらしいユニークなアイデアも見られた。これは、今開催中のニューヨークオートショーで世界初公開された次期型フォレスターへと発展している。

 この2台については、後席をスライドドアとするなど、ドアの開閉方式が特徴的だが、これはデザイン上のトライというよりは、インテリアをよく見てもらいたいという狙いからだという。

 近い将来、スバルでもスライドアが……と夢見ていた人には少し残念かもしれないが、高い安全性や走りの良さを大切にするスバルらしい点ともいえる。

次ページは : レヴォーグへ発展濃厚のツアラーは“ターボの証”にこだわり

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ