軽トラから新型フォレスターまで!? 今、賞賛すべき車の注目点 5選


クルマは工業製品のなかでも、とりわけ大きな予算をかけて開発され、その技術は日進月歩。それゆえ、今や「まったく話にならない」という製品は少なくなった。だからこそ“本当に賞賛すべきポイント”はボケがち。そこで、本企画では最新のクルマや技術の中から識者が注目するポイントを5つピックアップ。今、賞賛すべきクルマや技術の注目点を解説する。

文:国沢光宏、鈴木直也、渡辺陽一郎
写真:編集部、DAIHATSU
ベストカー2018年7月26日号 特集「クルマ界の大絶賛と失望」より


セレナ e-POWER 「長い登り坂は苦手と思ったがイケる」

セレナ e-POWER
モーターとバッテリーが加わったことで、従来型比で80kg程度重くなっているセレナ e-POWER。1730kg超の車重から登り坂は苦手と予想されたが……

セレナe-POWERに搭載されているパワーユニットは、車重1000kg程度のコンパクトカーに搭載される1.2Lの3気筒。

長い登り坂などで走行用バッテリーを使い切ってしまうと、最終的にはこのエンジンで発電機を回し、作った電力のみを使い走らなければならない。果たしてその時はキチンと坂を登れるのだろうか?

ということで、長い登坂車線のある関越道の渋川伊香保〜赤城の区間で試してみました。確かにバッテリーを使い切るとパワーダウンするも、予想以上にキッチリ走るので見直しました。

【国沢光宏】

新型フォレスターは「2.5LとHVの価格が良い」

7月15日に2.5Lガソリン車が先行して発売されるフォレスター。
7月15日に2.5Lガソリン車が先行して発売されるフォレスター。2Lガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車「e-BOXER」は遅れて9月14日に発売となる

まず感心したのが2.5LのNAエンジンだ。レガシィのタイプに比べると部品の90%を刷新して、直噴式を採用した。

先代型の2Lで不満を感じた4000回転以下のトルク不足も解消され、実用域で扱いやすい。高回転域の吹け上がりも滑らかで、静粛性も向上したと感じる。

これに比べて2Lハイブリッドの走りは劣るが、価格がきわめて安い。2.5Lのプレミアムと比べて7万5600円の価格上昇に抑え、ドライバーモニタリングシステムも備える。そうなれば実質的に同額だ。

さらにハイブリッドはエコカー減税対象車だから、NAエンジンより4万円前後は安く買える。財布に優しいね。

【渡辺陽一郎】

次ページは : クロスビーは「単なる大きなハスラーではない」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ