待望の復刻!! 伝統のランクル40補修部品をトヨタが公式サポート

待望の復刻!! 伝統のランクル40補修部品をトヨタが公式サポート

 2021年8月1日、TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、「GRヘリテージパーツプロジェクト」の一環として、1960~84年に生産されていた40 系ランドクルーザーの補給部品の復刻生産をすることを発表した。

 この日はちょうど、トヨタランドクルーザーの生誕 70 周年にあたる日でもあり、その生誕を祝うように、本プロジェクトが発表となった。2022年の初めごろを念頭に、準備の整ったパーツから順次発売してく予定だという。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】祝生誕70周年!! トヨタ「ランドクルーザー」歴代モデル


世界中で必要とされているランクル

 トヨタ「ランドクルーザー(以下ランクル)」は、1951年8月に試作車「トヨタジープBJ型」が完成して以来、世界170ヶ国で販売されるグローバルカーであり、トヨタ車のなかで最も長い歴史を持つブランドだ。数ある日本車のなかでも、世界中でもっとも知名度が高いのは、このランクル、といっていいだろう。

40系ランドクルーザー。1960年に登場し、1984年までの24年間も販売されていたヒットモデルだ

 ランクルは、「よく走る頑丈なクロカン」というキャラクタを活かし、おもに海外市場で売り上げを伸ばしてきたクルマで、なかでも中近東での需要が高く、年間の販売台数約38万台のうち、3割以上となる約13万台が中近東で売れている。2019年の8月には、シリーズのグローバル累計販売台数で1000万台を突破するという快挙を達成している。

 ランクルの需要が高い中近東といえば、砂漠地帯の多い地域。現地の富裕層の若者は、砂漠で、このランクルやレクサスLX、日産サファリ、ポルシェカイエン、といったクルマをぶっ飛ばし乗り比べる、という遊びをするそうだ。なんとも豪快で羨ましい遊びだ。

 また、ランクルは、観光にも使われている。中東経済の中心都市、ドバイでは、「デザートサファリ」と呼ばれる、砂漠地帯をクルマで豪快に走り回る、というツアーが人気。タイヤが砂の中に沈んで走れなくなってしまわないよう、タイヤの空気を抜き、砂丘の山をぐいぐいと、まるでジェットコースターのように走る。ランクルのようなクルマでしかできない観光だ。

 もちろん、こうした使い方だけでなく、その走破力と耐久性を活かし、病院まで数百キロある荒れた道のりを走破して病人やケガ人を輸送したり、災害地へ出向いて救命活動に従事する、といった使われ方もしている。移動できないことで生死に関わる地域にとって、ランクルはまさに「命綱」なのだ。

ランクルは世界中の人に必要とされ、愛されている

ランクルを愛するオーナーのために…

 走行性能や燃費性能、ロードノイズなどの性能は、やはり最新型のクルマであるほど高い。

 だが、長い時間をともに過ごした愛車は、オーナーにとっては、最新型よりも最高の一台であったりもする。シートが擦り切れてしまったり、ステアリングがテカテカになってしまっていても、長年の運転で体に染み込んだ特徴は落ち着くものだ。また、家族や友人たちとの思い出がつまっているものでもある。

 そんな愛着あるクルマに長く乗り続けたい、というオーナーの要望に応えたのが、「GRヘリテージパーツプロジェクト」だ。

40系を皮切りに、TGRでは以降のランクルについてもパーツ復刻の検討を進めるそうだ

 なかでもリクエストが多かった2000GT用パーツ復刻を発表したのが昨年2020年7月のこと。なお、A70/A80スープラのパーツ復刻は、2019年5月のGRスープラ記者発表会にて発表済であり、現時点(2021年7月31日)、12品目が発表されている。それに続くのが、今回発表となった40型ランドクルーザー用のパーツ復刻だ。

 ランクルといえば、先日、新型となる300型のランクルが公開されたが、そう易々と新型を手にできるわけでもなく、また、丈夫なランクルだけに、思い出の詰まった愛車に長く乗り続けたい、というオーナーも多いようだ。そうしたオーナーにとって今回のプロジェクトは、実に嬉しい発表となったはずだ。

2020年7月6日、TGRはトヨタ 2000GTの補給部品を復刻し、国内、海外向けに再販売する旨を発表している
2000GT用の復刻パーツの一部である、ギヤ、シンクロハブ・スリーブ、そしてファイナルギアキット

次ページは : 復刻リクエストも受け付けている!!