いま「走る楽しさ」を味わうなら軽が最適!! 魅惑の軽自動車 5選

いま「走る楽しさ」を味わうなら軽が最適!! 走って楽しい魅惑の軽自動車 5選

 いまや日本国内の新車販売の約4割を占めるという軽自動車。地方によっては、5割にも達するともいわれ、高い需要を背景に、各メーカーとも力の入ったモデルをラインナップさせている。そのため、どのモデルも商品力が非常に高く、甲乙つけがたい状態だ。

 サイズはどれも近しい軽自動車を選ぶ際のポイントには、見た目のほか、スライドドアか否か、積載能力、収納の充実度等々が考えられるが、今回は、「走って楽しい」というポイントで、5台の軽自動車をご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、DAIHATSU、ベストカー編集部、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】ハンドリングが楽しいクルマから、イージードライブが楽しいクルマまで!! 走って楽しい!! おすすめの軽自動車たち


機敏なハンドリングが楽しい「ホンダN-ONE RS」

 Nシリーズのなかでもクルマ好きの心をくすぐる「異端児」的な立ち位置を担うN-ONEは、ナンバー付きのワンメイクレース「N-ONEオーナーズカップ」が2014年から毎年開始されるほど、スポーティな面を持ち合わせている軽自動車。2020年11月のフルモデルチェンジで登場した、スポーツグレードの「RS」の6速MTが、筆者が特にお勧めしたいモデルだ。

軽ターボは絶対的なエンジントルクが小さい分、速度を上げるには、2、3、4速と、矢継ぎ早にシフトチェンジをする必要はあるが、それがまた楽しい!!

 インパネから生えたシフトノブは小ぶりで、手のひらで覆いつくせる程のサイズ感。「ガチッ」としたフィールのシフトは、操作感がはっきりとするため、非常に好ましい。リッターカーのスポーツモデルと比べて絶対的なエンジントルクが小さい分、速度を上げるには、2、3、4速と、矢継ぎ早にシフトチェンジをする必要はある。

 その都度聞こえるエンジンの「グォー」というサウンドも、同じエンジンのはずのCVT版とは全く異なり、荒々しさが逆に心地よい。

 しかも、軽のMT車として初となるACCとLKASを採用。マニュアル車最大の懸念である「坂道発進」が、E-PKBのオートブレーキホールド機能によって安全・安心にできるのも、うれしいポイントだ。

N-ONEのメーターの端から助手席まで伸びたインパネのデザインは、シンプルでいて非常にすっきりとした印象がある。インパネから生えたマニュアルのシフトノブも良い位置にあり、操作がやりやすい

パワフルな走りが楽しい「スズキアルトワークス」

 1987年に誕生した初代アルトワークスは、3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボを積んだホットモデル。

 排気量550ccながらも、軽として異例の64psものハイパワーエンジンを搭載し、専用チューニングが施されたサスペンションや、当時、クラス初の13インチ65タイヤ、大型フォグランプ、フルエアロチューン、スポーティな雰囲気にあふれたインテリアパーツなど、クルマ好きをくすぐるカッコよさが満載だった。

 2000年のマイチェンによって、一旦ワークスは消滅したが、2015年、現行アルトワークスが登場し復活を果たした。

2015年10月に復活した5代目アルトワークス。キャッチフレーズは「クルマと共鳴しながら、疾走する快感」

 たった64ps程度ではあるが、現行アルトワークスの車重は、わずか670kg(2WD-5速MTモデル)。コーナリングはめちゃめちゃ速く、超コントローラブル。大パワーで稼ぐパワーウエイトレシオよりも、軽量化で稼いだパワーウエイトレシオの方が、運動性能的には遥かにメリットがある。クルマは「軽さが命」ということが、よく分かるモデルだ。

 最初はガチガチの足回りに驚かされるだろうが、排気サウンドの荒々しさや、レカロシートなども手伝い、いやでも「やる気」が湧いてくる、そんなモデルでもある。

 圧倒的な低価格も、アルトワークスの魅力。FFの2WDモデルで153万7800円、4WDであっても164万7800円(5速MT)と、度肝を抜かれる安さだ。

RECAROのセミバケシートを備えており、ただモノではないオーラがあふれ出ている!!

次ページは : ラフロードほど楽しい「スズキジムニー」