SEMAショーって何? 米国での日本車人気に比例する展示はどう変化した?


 2021年11月2~5日、ラスベガスのコンベンションセンターでSEMAショーが開催された。SEMAショーは、米国自動車用品工業会(SEMA:Specialty Equipment Market Associationの略)が主催する世界最大級のアフターパーツトレードショーで、例年、世界中から約7万人ものバイヤーが来場。

 昨年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けてバーチャルでの開催となったため、リアルでの開催は2年ぶり。今回のSEMAショー、はたして、どんなモンスターが公開されたのか、見どころは? 自動車生活ジャーナリストの加藤久美子氏が、ラスベガスに飛んだ!

文/加藤久美子(Kumiko Kato)
写真/加藤博人(Hiroto Kato)

【画像ギャラリー】世界最大のカスタマイズショー「SEMAショー」に出展されたクルマが凄かった!(26枚)画像ギャラリー

■市場規模476億ドル!自動車アフターマーケットのすべてがわかる米国SEMAショー

ドリフト大会も開催された

 SEMAとは、Specialty Equipment Market Associationのことで直訳すると「特殊機器市場協会」となるが、近年は「米国自動車用品工業会」と訳されている。会員社数は7000以上。そのSEMAが主催する年に1度の見本市が「SEMAショー」である。第一回は1967年に開催された。

 自動車アフターマーケットで扱われるあらゆる部品や用品、リペアや塗装、ラッピングなどの技術、ホットロッドやオフロード、フォーミュラドリフト、NASCAR、ソルトレイクの世界最高速、モバイルエレクトロニクスや板金修理まで、市場規模476億ドルにも上る米国自動車アフターマーケットすべてのセグメントをまとめる見本市だ。

 東京オートサロンのアメリカ版という表現もあるが、オートサロンが一般公開されているのに対してSEMAショーはトレードショー(業界関係者のみ)として開催される。ただし屋外展示エリア(かなり広く、ドリフトのデモ走行などのイベントも多数)は誰でも見ることができる。

 もちろん内容も、カスタムカーの展示が中心のオートサロンに対して、非常に業界チックでマニアック、教育的な展示も多いのがSEMAの特徴である。

 SEMAショーの始まりは1967年で50年以上の歴史がある。SEMAショーと言えばラスベガスコンベンションセンターでの開催がおなじみだが、実は昔はロサンゼルスで開催されていた。

 筆者がSEMAショーに初めて行ったのは1993年で、それから1990年代はほぼ毎年訪れていた。その後しばらくブランクがあり2016年から再び毎年通い始めることになった。

 1990年代前半のSEMAはまだSUVという言葉も一般的ではなかった時代で、ビッグスリーのピックアップトラック(フォードFシリーズ、ダッジ・ラム、シボレーC/Kシリーズなど)とそれらをベースにしたフォード・ブロンコ、シボレー・サバーバンなどの4×4。マスタングやコルベット、カマロなどのマッスルカーのカスタム&チューニングカーで埋め尽くされていた。アメリカ濃度ほぼ100%で、日本車や日本企業の出展はあまり記憶がない。

■どんな日本車の出展が多い?

相変わらず人気の高いスカイラインR34GT-R
会場の屋外に展示されていたR35GT-R

 あれから四半世紀以上が経過した近年のSEMAは北米における日本車人気とあいまって、日本車ベースの凄いカスタムカーが多数展示されるようになった。

 SEMAは「対面」でのコミュニケーションや出会いを大事にするイベントゆえ、いかに多くの人を呼べるブースであるかが重要だ。例えばクラッチやブレーキディスク、ショックアブソーバーなどのパーツだけを並べても人はなかなか集まってこない。

 そこで、各社はみんなどこも、魅力あるデモカーを製作したり借りて来たりして展示を行う。デモカーとしてアメリカ人気が高い日本車を展示すれば、多くの人々がブースを訪れるというわけだ。

 近年特に増えている日本車の例を挙げてみよう

・ダットサン240Z(S30系フェアレディZ)から370ZまでのフェアレディZ。アメリカでは古くから熱狂的な「Z」ファンが多数存在する
・シビック、インテグラ、CR-Xなどのホンダ車。1990年代からの西海岸スポコンブームの中心的存在
・A70/80系スープラ。アメリカ仕様の左ハンドルに加えて25年ルール解禁で入って来た右ハンドルモデルなど
・スカイラインGT-R系。2014年以降に25年ルール解禁となったR32GT-Rはもちろん、今年は2020年~に解禁となったR33GT-Rのカスタムカーの姿が目立つ
・日産GT-R。アメリカではじめて新車販売されたGT-Rゆえ、日系メーカーはもちろん、米国のビルダーによる出展が急増
・GRスープラ。2019年はスープラ祭で50台以上のGRスープラが出展。今年も30台以上のカスタムスープラが登場
・ランドクルーザーFJ40系。40系はアメリカでも専門店が多数存在するほどの人気。値段も高騰していてアメリカで1000万円以上も珍しくない

次ページは : ■日本の自動車メーカー、パーツメーカー、石油元売り会社も!