『MFゴースト』アニメ化記念 総額2億円 世界のスポーツカー8 台が音声収録のため JARIテストコースに大集結!【VOL.3】


 しげの秀一原作『MFゴースト』(講談社「ヤングマガジン」連載中)の2023年TVアニメ化が決定。2022年1月4日にはアニメ化を記念し、ティザービジュアルが公開された。

 さらに特報PVも公開。この特報PVには本作のアニメ化にあたり、実車を使用した音声収録を実施。特報映像内に登場するそれぞれのクルマには生の収録音が反映されており、今後アニメに登場するクルマにも実際の走行音や効果音が使用される予定。

 その実車の音声収録が2021年12月某日、JARI(日本自動車研究所)城里テストコースで行われるというので、ベストカーwebが同行取材! 

 当日、音声収録のため、JARI城里テストコースに集められた国内外のスポーツカーは計8台、総額約2億円に達する。

アニメ公式HP

アニメ公式Twitter

 第3回目は音声収録したスーパースポーツの両雄、フェラーリ488GTBとランボルギーニウラカンのインプレッションをお届けしよう。

文/プリウス武井
写真/森山良雄、小林邦寿 
音声収録メイキング動画/音速ムービーズ
撮影協力/講談社、エイベックス・ピクチャーズ、BLITZ
車両協力/ポルシェ718ケイマンS:BEAVERS(ビーバーズ)、ロータスエキシージS:オーセンティックカーズ、フェラーリ488GTB:ロペライオ、 ランボルギーニウラカンSTO:ランボルギーニ・ジャパン
©️しげの秀一・講談社/MFゴースト製作委員会

【画像ギャラリー】MFゴーストアニメ化記念 フェラーリ488GTB ランボルギーニウラカンほか秘蔵ショットが凄い!(22枚)画像ギャラリー

■フェラーリとランボルギーニによる時速300kmオーバーの世界!

 これまで2回にわたって、『MFゴースト』のアニメに登場する車両のインプレッションをお伝えしてきたが、3回目はフェラーリ488GTBとランボルギーニウラカンSTO。

 2台のスーパースポーツともに、最高速度は300km/hオーバーの実力を持つ。はたして、JARIのテストコースでは何km/hを記録したのか?

テストドライバーの武井寛史氏。インテリアにも音声収録や動画撮影のため、マイクやカメラを装着している
ランボルギーニウラカンSTOに乗り込むテストドライバーの武井寛史氏
フェラーリ488GTBの加速シーンの音声収録の模様

■フェラーリ488GTB/『MFゴースト』登場キャラクター・赤羽海人

フロントにエアロピラーをリアにはアクティブエアロダイナミクスを採用することにより、最高速度330km/h、0~100km/h加速3.0秒を達成したフェラーリ488GTB
ミドに搭載されるドライサンプ式の3902㏄、V8ツインターボは670ps/77.5kgmを発生する。488は1気筒あたりの排気量、GTBはグラン・ツーリスモ・ベルリネッタの頭文字

 フェラーリがF40以来になる過給機付きエンジンを搭載したモデルがこの488GTB。MFGでは赤羽海人(あかばかいと)がドライブしているが、″勝つ″ためだけに約4000万円もする車両を購入している。

 勝利に貪欲な赤羽は、488はただの道具としてチョイスしているところが逆にキャラクターの魅力ともいえる。

 この日の収録ではMFGのレーススタートを想定して全車、停止状態からアクセル全開で加速している。

 488の最大の特徴はエンジンの排気量をダウンサイジング化し過給機(ターボチャージャー)で670馬力のパワーを得ている点。

 馬力だけ見ると無駄にホイールスピンして加速は難しいかと思ったが、488はタイヤが冷えているのに若干空転しただけで加速状態に入り、車体が浮き上がるようなGで異次元の加速をみせた。

 この一瞬の出来事だけでもフェラーリの電子デバイスが飛び切り優秀なことが理解できる。

8000rpmのレッドゾーン、1万rpmまで刻まれたメーター。ステアリング右側には走行モード切り替えるマネッティーノを配置。トランスミッションは7速DCT。センターコンソールのブリッジにはトランスミッションのR、オートモード、ローンチコントロール、ハザードのスイッチが設置されている
ヘッドレスト一体式のスポーツシートが備わる

 フェラーリはエンジンだけではなくトランスミッションも優秀。F1マチックと称されるパドルシフトは、変速時のショックはまったくなく、シフトアップするたびに最適なエンジン回転に繋がり、トップスピードまで誘ってくれる。

 488のハンドリングは超クイックで数ミリ単位の動きにもリニアに反応するため繊細な操作が求められる。もう少し抵抗感があったほうが安全かもしれない。

 フラットな路面においてのコーナリング性能はかなり高いレベル。ステアリングを斬り込めば、フロントノーズは自分が行きたい方向に向きを変えてくれる。

 サスペンションはやや硬く感じるが、適度にロール感もあり、スタビリティ(安定性)も高くてタイヤがピタッと路面を捉えている感覚が全開走行していても安心感がある。

 さらにブレーキ性能にも文句の付けどころはない。オプションのカーボンローターは冷えていると初期の制動性が悪いといわれているけど、ペダルを踏めば即座に減速してくれる。

空気抵抗を増大させることなくダウンフォースを増加させたという488GTBはフロントバンパーやアンダーボディ、リアのディフューザー、ブロウンスポイラーなどの効果により、458比で50%マイナス、250km/h走行時のダウンフォースは325kgという

 488GTBにはネガティブな部分はないようにみえるが、MFGのレギュレーションにおいては疑問だ。

 エンジンパワーと駆動方式を考慮すると電子デバイスを切って走る選択肢はない。また、有り余るエンジンパワーを得た代償として、ライトウェイトなクルマよりもガソリンを多くの積む必要がある。結果、車重が増すことになり、タイヤに負担がかかるのは間違いない。

 MFG規定のタイヤでは、レース配分をコントロールできる位置にいないとかなり厳しい。エンジンパワーがあるぶん、自制心とアクセルコントロールが必須となるのだ。

 ドライバーしては超一流と称される赤羽海人のドライビングセンスが488のポテンシャルを100%引き出せるのかが勝敗を分ける。

フェラーリ488GTB登場シーン、『MFゴースト』第2巻22話より

次ページは : ■ランボルギーニウラカン/『MFゴースト』登場キャラクター・大石代悟

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ