アウディR8も登場!! MCUの記念すべき第1弾『アイアンマン』を観る!!

アウディR8も登場!! MCUの記念すべき第1弾『アイアンマン』を観る!!

 マーベルコミックを代表する作品『アイアンマン』の映画化は大きな成功をおさめ、その後さまざまなスピンオフ作品を生み出している。

 主人公たちの軽妙な駆け引きやアイアンマンのスーツのギミックが大きな魅力だが、実は印象的なクルマも登場する。

 その魅力に迫ろう!

文/渡辺麻紀
写真/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【画像ギャラリー】爽快なラストシーンも必見!! マーベル・シネマティック・ユニバース第1弾『アイアンマン』を観る!!(11枚)画像ギャラリー

■ハリウッドの一大ジャンルとなった『アメコミ映画』

トニー・スターク(アイアンマン)を演じるロバート・ダウニーJr.。私生活の乱れが原因で冷遇された時期もあったが、今作で見事にメインストリームに返り咲いた
トニー・スターク(アイアンマン)を演じるロバート・ダウニーJr.。私生活の乱れが原因で冷遇された時期もあったが、今作で見事にメインストリームに返り咲いた

 22年のお正月早々に公開され、大きな話題となっている『スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム』。ハリウッドのひとつのジャンルとなった“アメコミ映画”のメインストリーム、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作だ。

 MCUの映画はこれまで失敗したことがない点でも知られているが、その最初の作品となったのが08年の『アイアンマン』。

 ロバート・ダウニーJr.がトニー・スタークことアイアンマンを演じ、『~ノーウェイ・ホーム』にも役者として出演しているジョン・ファブローがメガホンを取った本作がクオリティ&興行ともに大成功を収め、MCUの快進撃が始まったのだ。

 というわけで、今回はMCUの記念すべき第1弾『アイアンマン』をご紹介したいと思う。

■さすがは社長!? トニー・スタークの愛車は高級車揃い

『アイアンマンシリーズ』第一作である今作ではアイアンマン誕生の経緯が描かれる
『アイアンマンシリーズ』第一作である今作ではアイアンマン誕生の経緯が描かれる

 ここで描かれるのはアイアンマンの誕生物語である。

 巨大軍需産業、スターク・インダストリーの社長トニー・スタークは同社の兵器開発も手掛ける天才的技術者。そんな彼が、自ら開発した新兵器のプロモーションを兼ねてアフガニスタンの戦地を訪れる。ところが移動中、テン・リングスを名乗るテロ組織に拉致されてしまうのだ。

 軍需産業を推進することに何のためらいもなかったトニーがこの経験によって改心。そのとき脱出のために作った甲鉄のボディアーマーをベースに、パワードスーツのマーク1を開発し、自らそれを身に付けてアイアンマンを名乗る。

 超リッチな上に天才、だからモテるというのがトニー・スターク。自家用ジェットに乗り、マリブの豪邸に住み、その家の地下には最新の設備が揃ったプライベートのラボもある。

 トニーはそのラボで、コンピュータを相棒に黙々とマーク1を開発するのだが、車ファン的に注目したいのは、実験を行う駐車場に並んだ4台の車。

 まず、目に飛び込んでくるのは、シルバーのテスラ ロードスター(この車は監督のファブローのものだという)。そして白いラインでお馴染みのシェルビー コブラ。さらにオレンジ色が強烈なサリーン社の公道を走れるレーシングカー、サリーンS7、そしてアウディのR8と名車がズラリと並んでいるのだ。

 もちろん、すべて1000万円以上なので、全部合わせるといくらくらいになるんだろう……と、庶民はついつい考えてしまうが、トニーはそんなことはどうでもいい。秘密裡に進めていたマーク1の飛行実験を大胆にも名車が並ぶ駐車場で行い、あろうことかコブラをぺしゃんこに潰したりする。ああ、もったいない!

次ページは : ■映画とタイアップして自動車を宣伝!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します