新型アルトにはワゴンRの…!? セレナにはセドリック用が!? 意外なメーカー内の純正ホイール使いまわしコレクション

新型アルトにはワゴンRの…!? セレナにはセドリック用が!? 意外なメーカー内の純正ホイール使いまわしコレクション

「ファッションは足元から」という言葉があるように、クルマにとっても足元のドレスアップは重要なポイントだ。ホイールを社外品に交換することで全体の雰囲気がガラリと変わり、クルマを買い替えたかのような新鮮な気持ちになることもできる。

 それゆえに、夏タイヤのみで何種類もタイヤと社外ホイールのセットを所有し、気分によって付け替えるツワモノもいるが、メーカー純正品となると事情は少々異なる。なぜなら、メーカー純正品は車種によっては同じデザインのものを使いまわしていることが結構あり、ホイールキャップを含めるとその数は意外と多い。

文/小鮒康一、写真/スズキ、日産

【画像ギャラリー】絶対に笑ってはいけない!? 見れば納得の流用ホイールたち(10枚)画像ギャラリー

低価格車づくりのノウハウ炸裂!! ワゴンRのホイールが新型アルトで復活

<br>ハイブリッド仕様をラインナップしながらも、低価格路線は継続している9代目アルト。上級グレードはアルミホイールが標準装備となる

ハイブリッド仕様をラインナップしながらも、低価格路線は継続している9代目アルト。上級グレードはアルミホイールが標準装備となる

 昨年12月に9代目へとフルモデルチェンジを果たしたアルト。先代のキリっとした顔つきから柔和な癒し系フェイスとなっただけでなく、ハイブリッドモデルの追加や熟成されたプラットフォームなども相まって高い評価を集めている。

 その一方で最も安価なグレードでは税抜85万8000円という低価格をキープしてくれている点も、日常の足グルマとしてはうれしいポイントと言えるだろう。中間グレードに用意されるホイールキャップは新規デザインとなっているのだが、上級グレードに標準装備されているアルミホイールは、5代目ワゴンRに設定されていたものと同じ。

 

<br>先代ワゴンRに採用されていたものが新型アルトに流用された。ちなみに現行ワゴンRにも同じものが採用されている

先代ワゴンRに採用されていたものが新型アルトに流用された。ちなみに現行ワゴンRにも同じものが採用されている

 ちなみにこのアルミホイールは6代目ワゴンRでも継続採用されているため、街中で見かける機会も多いモデルと言えるだろう。

これは気づかなかった! 初代スイスポのホイールが先代ワークスに

スポーティな10本スポークデザインだが、実は10年ぶりに復活したホイールだ
スポーティな10本スポークデザインだが、実は10年ぶりに復活したホイールだ

 アルトワークスの設定は今のところ考えていないというメーカーの発言を受けて、にわかに注目が集まっている8代目アルトワークス(先代)。このアルトワークスには、ブラックに塗装された10本スポークのいかにもスポーツホイールといったものが装着されているが、実はこれ、初代スイフトスポーツに装着されていたものの色違い(スイフトスポーツはホワイト)なのだ。

<br>2003年にリリースされた初代スイフトスポーツに装着されていた純正ホイールがアルトワークスに流用されていた<br>

2003年にリリースされた初代スイフトスポーツに装着されていた純正ホイールがアルトワークスに流用されていた

 ちなみに当時のスイフトスポーツのオプションカタログにはアルトワークスと同じブラックカラーの同デザインのホイールが掲載されており、アルトワークスのオプションカタログにはスイフトスポーツと同じホワイトのものが掲載されていた。

次ページは : レパートリー増殖なう!? EVの現行リーフ用ホイールがSUVのキックスに

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ