100%EVのクーペSUV その名もレクサスRZ450e 2022年春の発売を明言!

100%EVのクーペSUV その名もレクサスRZ450e 2022年春の発売を明言!

 2022年2月1日、レクサスは2021年の全世界の販売実績を発表するとともに、2021年12月14日に公開されていたレクサスのクーペSUVのBEV、RZを2022年春に発売することを明らかにした。

 さて、新型レクサスRZはどんなクルマなのか、今わかっている情報をすべてお伝えしていこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカー編集部、ベストカーweb編集部、トヨタ、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】レクサスの新型BEV、RZにひと目ぼれ! こんなにカッコいいSUV見たことない!(24枚)画像ギャラリー

■レクサスの全世界の販売実績は2020年を上回り、日本は約5.1万台、前年比104%

日本では2021年8月にマイナーチェンジしたレクサスES。デジタルインナーミラー搭載が話題となった
日本では2021年8月にマイナーチェンジしたレクサスES。デジタルインナーミラー搭載が話題となった

 まず、発表された2021年におけるレクサスの全世界販売実績から紹介していきたい。2021年1~12月の全世界販売実績は、前年比106%、76万12台と2020年実績を上回り、2019年の76万5330台に次いで過去2番目の実績となった。

 ちなみに2022年1月28日に発表された、ダイハツ工業、日野自動車を含めたトヨタグループの全世界の販売台数は1049万5548台(前年比110.1%)と2年ぶりに前年超えとなり、2年連続で世界販売首位を達成した。

 レクサスの販売台数を地域別に見ると、北米が約33.2万台(前年比112%)、中国は過去最高となる約22.7万台(前年比101%)を達成するなど全世界販売の回復を牽引。日本は2021年の約4.9万台から約 5.1万台となり、前年比104%と回復基調となっている。

 レクサスを含むトヨタ車の電動車販売台数は、262万1925台(前年比133.8%)で、日本では56万5604台(前年比105.6%)となった。

 モデル別内訳はハイブリッド車が248万2236台、マイルドハイブリッド車が7482台、PHEVが11万1882台、FCVが5918台、BEV(バッテリー電気自動車)が1万4407台。

 その内、レクサスのモデル別電動車年間販売は、ES、RX、UXのハイブリッド車の好調により、過去最高の約26万台(前年比 110%)となった。

写真のレクサスRXやNXのハイブリッド車の販売が好調でレクサスが伸長した牽引役となった
写真のレクサスRXやNXのハイブリッド車の販売が好調でレクサスが伸長した牽引役となった

 レクサスでは、次世代レクサスの第1弾として新型NXを発売し、新たにPHEVを導入するなど、ユーザーや社会のニーズに対応したプラクティカルな電動車の普及を加速させていくとしている。

 また、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たな挑戦として、2030年までに全カテゴリーでBEVのフルラインナップを実現し、欧州、北米、中国でBEV100%、グローバルで100万台の販売、そして2035年にはグローバルでBEV100%の達成を目標としている。

■2021年1~12月の主要地域別の販売実績
北米約 33.2万台(約29.7万台、前年比112%)
中国約 22.7万台(約22.5万台、前年比101%)
欧州約 7.2万台(約7.1万台、前年比102%)
日本約 5.1万台(約4.9万台、前年比104%)
中近東約 2.8万台(約2.7万台、前年比103%)
東アジア約 3.0万台(約3.2万台、前年比95%)
※カッコ内の販売台数は2020年1~12月の販売実績

次ページは : ■いよいよレクサスのクーペSUV・BEVのレクサスRZが2022年春に発売!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ