【マイケル・ジャクソン絶賛!?】あのバットモービルが登場する!! ティム・バートン版「バットマン」を振り返る

ジャック・ニコルソンの怪演は必見!! ティム・バートン版「バットマン」を観る!!

 DCコミックの代表的な作品である『バットマン』シリーズだが、アニメやテレビドラマに加え、多くのクリエイターと役者が参加して映画化されてきた。

 その最新作が2022年3月から公開されている『THE BATMAN-ザ・バットマン-』だ。バットマンは多くの小道具を駆使して戦うが、そのなかでも代表的なものが「バットモービル」。超高性能なバットマン専用車だ。

 今回はその個性的なデザインで歴代作品の中でも人気が高いバットモービルが登場する、ティム・バートン監督による『バットマン』をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、Adobe stock

【画像ギャラリー】月夜に悪魔と踊ったことはあるか? 「バットマン」をさらに楽しめるプチトリビア(6枚)画像ギャラリー

■今に続くダーク&シリアスなバットマンを生み出したティム・バートン版

グレーの全身タイツから黒いアーマーとなったバットマンスーツ。ダークなストーリーにもマッチしている

 世界中で大ヒットを続けている、若きスーパーヒーローの成長を描いた『THE BATMAN-ザ・バットマン-』。本コラムでも取り上げたが、この『バットマン』シリーズが作られるようになったきっかけとなった作品を今回は紹介しようと思う。

 その作品こそ1989年製作の『バットマン』。これがアメリカでは社会現象となるほどの大ヒットを記録したことから、DCコミックの人気者、バットマンを主人公にしたシリーズが、監督や役者を代えつつ作られるようになった。

 その記念すべき最初の『バットマン』を監督したのはティム・バートン。大ヒット作『チャーリーとチョコレート工場』(2003)や『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)等を手掛けた人気監督のひとりだが、彼のジャンピングボードとなった映画が『バットマン』でもある。

 当時のバートンは31歳。ディズニーアニメのアニメーターとしてキャリアを始め、本作のまえにオフビートなコメディ『ビートルジュース』(1988)を発表。これがスマッシュヒットを記録し、その個性的な美意識やダークなコメディセンスを買われて『バットマン』に大抜擢されたのだ。

 本作でバットマン/ブルース・ウェインを演じているのは、『ビートルジュース』でもバートンと組んでいるマイケル・キートン。ヴィランのジョーカーには名優のジャック・ニコルソン。オタクな監督として知られるバートンらしく、このふたりにオタクな性格をプラス。

 バットマンをネクラな引きこもりタイプ、ジョーカーを自分の価値観を人に押し付ける迷惑タイプのオタクとして描き、オフビートなコメディタッチのスーパーヒーローものに仕上げている。

 このふたりのキャスティングが発表されたとき、コミックファンの間からは不満が続出したものの、映画を観たら納得。キートンのエキセントリックな眼と社会に対する不適応具合、ニコルソンのダークなユーモアが満載された邪悪っぷりが素晴らしく、いままでにないバットマン像になっていたからだ。

 バートンの作ったこのネクラなバットマン像は、新作『ザ・バットマン』でもちゃんと引き継がれている。

 もうひとつ、引き継がれているのがバットマンのスーツ。本作におけるバートンの功績はたくさんあるのだが、なかでも画期的だったのはスーツをアーマーに替えたところだろう。

 それまでのバットマンと言えば布やスパンデックス等で作られたタイツ型のスーツだったのだが、バートンはカーボン製のアーマーに変更。これが今でも受け継がれているバットマンスーツの定番スタイルになっている。

 考えてみればバットマンは超能力をもたない生身のヒーロー。銃弾が当たれば大怪我をするわけだから、布のタイツよりアーマーのほうがいいに決まっている。劇中にも、銃弾を受けても起き上がるシーンが用意されていて、スーツの進化は一目瞭然……というか、やっぱりタイツ型よりダンゼンかっこいい。

次ページは : ■あのスーパースターも欲しがったバットモービル

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ