風も震えるヘアピンカーブ!! マッハGoGoGoのハリウッドリメイク『スピード・レーサー』を観る!!


 流麗なフォルムを持つ真っ白な2シーターオープンのレーシングカー「マッハ号」が活躍するアニメ『マッハGoGoGo』。

 1968年に放映された古典作品だがいまだに多くのファンがいて、マッハ号のレプリカが製作されたり、マッハ号と同じカラーリングのマシンがスーパーGTに参戦したりしている。

 今回はそんな『マッハGoGoGo』をハリウッドでリメイクした映画『スピード・レーサー』をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

【画像ギャラリー】マッハ号がハリウッドを走ったらこうなりました!! 映画『スピード・レーサー』を観る


■日本のサブカルチャーを愛するウォシャウキー兄弟が『マッハGoGoGo』をリメイク

『マトリックス』シリーズのウォシャウキー兄弟が『マッハGoGoGo』をリメイク。人物は実写、そのほかはCGを駆使したハイブリッド・ムービーだ

 『マトリックス』シリーズ(99~03)で大ブレイクしたラリーとアンディのウォシャウキー兄弟。『マトリックス』のときには押井守の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)の影響を語り、日本のサブカルチャーへの愛が強いことでも話題になった。

 そんな彼らが08年に発表した作品が『スピード・レーサー』。日本の人気TVアニメ『マッハGoGoGo』のハリウッド実写リメイクである。

 68年にオンエアが始まったタツノコプロの『マッハGoGoGo』は、最速のレーサーを目指す青年とその家族を描いたカーアクションアニメ。当時としてはバタ臭いアメリカ的なデザインが魅力的な、他のアニメとは一線を画する存在だった。

 そういうことも功を奏したのか、日本の放送からわずか6カ月後、タイトルを『スピード・レーサー』に換えてアメリカでも放送が始まり、再放送を繰り返して多くのファンを生み出した。そのなかのふたりがウォシャウスキー兄弟。彼らの言葉を借りるなら「私たちが初めて触れた日本のアニメだった」になる。

 アメリカ版での変更はタイトルだけではない。キャラクターの名前も、日本では三船剛だったのがスピード・レーサーとなった。タイトルは彼の名前なのだ。

■多少の設定変更はあるが、ビジュアルはアニメ版を踏襲

スピード・レーサー(原作アニメの三船剛)を演じるのはエミール・ハーシュ。ガールフレンドのトリクシー(原作アニメのミチ)はクリスティーナ・リッチが演じる

 この映画版でスピード・レーサーを演じるのは、自身もアニメ版が大好きだったと言う『イントゥ・ザ・ワイルド』(07)等で知られるエミール・ハーシュ。何となく面差しがアニメに似ていないこともない。

 コスチュームもアニメと同じ赤いバンダナに青いシャツ&白いパンツ、そしてヘルメットも「M」の赤い文字が刻まれたホワイト。さらに彼のレーサー一家もアニメのデザインに準じていて、末っ子の相棒であるチンパンジーまで登場している。

 日本版ではミチだった三船剛のガールフレンドはトリクシーと名前を換え、『アダムス・ファミリー』(91)等のクリスティーナ・リッチが演じている。ルックスは似ていないが、メイクやコスチューム、雰囲気はアニメキャラまんま。

 しかもアニメ版と同じようにヘリを操り、スピードを空からサポートする。

 が、もっともアニメ版を意識しているのはやはりレースの激しさだろう。

 サーキットはもちろん、砂漠や岩場、ジャングル等、道なき道を走り、反則技も当たり前のカーアクションを展開していたアニメ版をより過激に再現。道なき道を疾走し、ときにぶつかり合ったり宙返りしたり、崖を走り下りたりと、法則無視、重力無視の暴れっぷり。

 カーサ・クリスト5000と呼ばれるレースは、あの『ベン・ハー』等のチャリオットレース顔負けの大迫力。タイヤからスパイクや剣を繰り出し、その攻撃を交わすための盾も飛び出して、アニメの感覚をとことん再現している。

次ページは : ■見せ場のレースシーンの疾走感はまさにスピードレーサー

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ