安かろう悪かろうなんて言わせない!! 薄利多売上等の激お買い得車はこれ!

安かろう悪かろうなんて言わせない!! 薄利多売上等の激お買い得車はこれ!

 「最近のクルマは高い」と思ったアナタはたしかに間違ってはいない。しかし、走行性能や安全性能の進化は目覚ましく、それを知ってしまったら「むしろ安いかも」と思えることもまた事実。しかも、安い=悪いという図式は今となっては昔のこと。安くてお買い得なクルマは数多存在するのだ。
 そんなお買い得車は薄利多売を狙ったモデルも多いだけに、「人と同じじゃつまらない」という人にはお薦めできないけれど……それでも一見の価値アリと言わざるを得ない魅力的なモデルを紹介しよう。

文/FK、写真/スズキ、トヨタ、ダイハツ、ホンダ

【画像ギャラリー】見逃すと損! 消費者の強い味方の優等車をもっと見る(20枚)画像ギャラリー

“良品廉価”という言葉はハイゼットのためにある!?

安かろう悪かろうなんて言わせない!! 薄利多売上等の激お買い得車はこれ!
パワートレーンが刷新された新型ハイゼット カーゴ。小型化された新開発のFR用CVTにより、床下スペースへの搭載することを可能とした。さらに、無段階変速によりスムーズな加速と力強い登坂性能を実現。これで104万5000円~160万6000円という価格はスゴい! 

 1960年の初代モデル登場以来、750万台以上の累計生産台数を誇るハイゼット。60年以上の長きに渡り、働く人々の頼れる相棒として日本全国津々浦々で活躍を続ける国民的商用車ともいうべきハイゼットの新型モデルが2021年12月に登場した。

 新型のカーゴとトラックは近年の軽商用車を取り巻く環境変化に対応するべく、商用車初のDNGA(Daihatsu New Global Architecture)を展開するとともに軽商用車としてFR用CVTを初採用するなどイマドキの仕様にアップデートされたことが大きなトピックとなっている。

 また、燃費・静粛性・発進性といった基本性能を向上させつつ、最新の予防安全機能であるスマートアシストを採用して安全・安心への高まるニーズにもしっかり対応。

 だが、しかし……それ以上に注目したいのはカーゴが104万5000円~、トラックに至っては90万2000円~というリーズナブルな車両本体価格。先述のとおり、従来モデルから装備を充実させたうえでのこの価格設定は企業努力の賜物に他ならない。

 発売後1カ月後の累計受注台数がカーゴは約1万3000台、トラックは約2万1000台と絶好調なのも当然の結果と言えるだろう。

見た目もキュートなワゴンRスマイルはスライドドアの装備で大ブレイク!

安かろう悪かろうなんて言わせない!! 薄利多売上等の激お買い得車はこれ!
広い室内空間と高い機能性に加え、スライドドアの利便性と個性的なデザインを兼ね備えたワゴンRスマイル。安全装備も充実。「サポカーS ワイド」、「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」の該当車となっている。これで129万6900円~171万6000円というお手頃価格は嬉しい!

 愛着とぬくもりを感じる四角いフォルムと丸目ヘッドランプを組み合わせたエクステリア、居心地の良さと高い質感を両立したインテリア、見晴らしの良さとゆとりある室内空間による快適で運転しやすいパッケージングを引っ提げて、2021年9月に登場したワゴンRスマイル。

 発売直後の2021年10月、全国軽自動車協会連合会が発表する軽四輪車通称名別新車販売確報において、それまで22カ月連続で1位の座に君臨し続けたN-BOXを抜いて新車販売台数第1位獲得の快挙も達成した。充実の安全装備も特筆すべきポイントでデュアルカメラブレーキサポートを搭載したスズキ セーフティ サポートを全車に標準装備したほか、全方位モニター用カメラ装着車には狭路すれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能をスズキとして初めて採用。

 また、運転に必要な情報をカラー表示するヘッドアップディスプレイをはじめ、マルチインフォメーションディスプレイ、アダプティブクルーズコントロール、標識認識機能といった“セーフティプラスパッケージ”もメーカーオプションに設定。見た目も可愛いのだから世の女性たちが放っておくハズがない!?

次ページは : 価格に見合わない装備が充実したヤリスは万人受けする絶対王者的存在

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ