【国産車三つ巴】WRX? タイプR? GRMNか!? 注目スポーツ&同門対決

 競合するガチンコの対決からジャンルを飛び越えた対決まで、今注目の国産車を3車種で比較する本企画。前編に続き、本編では注目のスポーツモデル、そして同門対決をピックアップ。

 限定車WRX STIタイプRA-Rを筆頭とする過給エンジンでパフォーマンスアップした注目のスポーツモデル対決から、新型カローラスポーツを筆頭とするトヨタハイブリッド3兄弟対決まで、実力伯仲の接戦を制した今ホットな国産車の雄はどれだ!?

文:松田秀士、国沢光宏、片岡英明
写真:編集部
ベストカー 2018年9月10日号


トヨタ系高級車の異種対決! No.1モデルは!?

【TEXT・評価/片岡英明】

◆エントリーリスト
・トヨタ クラウン/460万6200~497万2000円
・レクサス RX/497万2000~769万円
・トヨタ アルファード/ヴェルファイア/335万4480~750万8160円

 ワイドバリエーションを誇り、プレミアムカーも数多く揃えているのがトヨタだ。

 セダンのフラッグシップは、モデルチェンジしたばかりのクラウンである。同じ価格帯を見回すと、レクサスではSUVのRX、ミニバンではアルファードになるが、3車に共通しているのは強い押し出しだ。

クラウン/全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm、2.5Lハイブリッド、JC08モード燃費:23.4km/L

 パワートレーンは、3車とも3.5LのV型6気筒エンジンを設定している。が、V6にハイブリッドの組み合わせはクラウンとRXのみ。2Lの4気筒ターボはアルファード系にはない。クラウンは3機種のパワーユニットを揃え、ふたつあるハイブリッド車の洗練度も一歩上をいく。

 シャシー性能もダントツにいいのはクラウンである。ほかの2車よりプラットフォームは一世代新しいし、セダンだからハンドリングも乗り心地も比較した2車よりいい。快適性能も高いレベルにあり、後席も不満のない広さだ。

 が、居住性に関してはレクサス RXもアルファードも負けていない。高さ方向の余裕を武器に、ロングドライブでの快適性はクラウンを凌ぐほどだ。特に後席は開放感にあふれ、足も伸ばしやすい。一歩上をいくのはアルファードで、アームレストやオットマンなどに身を委ね、リラックスした気分になれる。3列目でも居心地がいい。

■RX/全長×全幅×全高:4980×1895×1710mm、3.5Lハイブリッド、JC08モード燃費:18.8km/L ■アルファード・ヴェルファイア/全長×全幅×全高:4935×1850×1935mm、2.5L直4 DOHC、JC08モード燃費:11.6km/L(Z・8人乗り)

 また、レクサス RXも3列シート装備車を追加した。アルファードと比べると窮屈だが、いざという時には重宝する。シートアレンジも多彩だ。気持ちよく座れるし、荷物も積みやすい。クラウンは静かで快適だが、最適な乗車人数は4人だ。

 プレミアムクラスで重視されるステータス性は、甲乙つけがたい。RXはレクサス一族の高級SUVだし、アルファードもミニバンの王者である。快適装備もクラウンに負けていない。

 ただし、クラウンは基本設計が新しいのが強みだ。また、先進安全装備も一歩リードしている。

 カーライフを快適に過ごせるコネクティッドサービスが受けられるのもクラウンの魅力だ。クラウン優位は揺るがないが、多人数乗車の機会が多いならアルファードという選択肢もあり、である。

◆3車の採点
クラウン/87
アルファード・ヴェルファイア/82点
RX/80点

どれもスパルタン! 最新国産過給スポーツのNo.1は?

【TEXT・評価/松田秀士】

◆エントリーリスト
・ホンダ シビックタイプR/450万360円
・スバル WRX STIタイプRA-R/499万8240円
・トヨタ ヴィッツ GRMN/400万円

 ヴィッツGRMNは3ドアHBのいわゆるホットハッチ。しかし、エンジンルームにはロータスのマークが! 実はこのクルマ、欧州で製造されている。

 トヨタはロータスに昔からエンジン供給していて、そのエンジンを欧州でロータスから手に入れて搭載している。スーパーチャージャーで武装、ダンパーはザックス製と素性を知れば知るほどワクワクする。

 その乗り味は、FFのアンダーステア系ハイパフォーマーかと思いきや、トルセンLSD(リミテッド・スリップ・デフ)が効いてよく曲がる。ガチガチのサスペンションかと思いきや、意外にもロールを大切にしている。

■シビックタイプR/全長×全幅×全高:4560×1875×1435mm、2L直4ターボ、320ps/40.8kgm ■ヴィッツGRMN/全長×全幅×全高:3975×1695×1510mm、1.8L直4スーパーチャージャー、212ps/25.5kgm

 シビックタイプRは、新型になってリアサスをマルチリンク式とし、こちらもストローク感をしっかり持たせている。電子制御の可変減衰力ダンパーもセットが決まっている。

 こちらも日本ではなく英国で製造。この2台はFF。FFはエンジンが横置きなので、トランスミッションも横置き。縦置きのタイプRA-Rに比べると極端にフロント荷重が重い。しかし、2台ともにそのフロント荷重を感じさせずによく曲がる。さすが欧州の味つけだ。

 で、群馬の心意気。タイプRA-Rは純日本製で、妥協を許さない一本気なSTIの作品。乗り心地はそれほどよくはないが、トランスミッションはMTで、エンジン縦置きのAWD。

 バランスのよさとクルマに乗せられている感がなく、自分で操るダイレクトな楽しさがある。それはほかの2車のベースが居住性重視のFFに対し、走行性能に重点を置いた縦置きAWDだから。スポーツモデルにとってこの差は大きい。

WRX STI タイプRA-R/全長×全幅×全高:4595×1795×1465mm、2L水平対向4気筒ターボ、329ps/44.0kgm

◆3車の採点
WRX STIタイプRA-R/90
シビックタイプR/86点
ヴィッツGRMN/82点

最新プラットフォームで一新! 今買いのトヨタHVは?

【TEXT・評価/国沢光宏】

◆エントリーリスト
・トヨタ プリウス/242万9018~319万9745円(2WD)
・トヨタ C-HR/264万6000~290万5200円(HV/2WD)
・トヨタ カローラスポーツ/241万9200~268万9200円(HV/2WD)

 迷った時はマイナスポイントの大きい車種から諦めるという手もある。ということで最初にパスするのがプリウス。やはりデザイン超厳しいですワな。リアシート狭く、使い勝手イマイチ。加えてハンドリングもグニャグニャだ。

 プリウスしかチョイスがなければしかたないけれど、今や3兄弟揃う。積極的にプリウスを買う意味は薄い。それでもプリウスがいい、というなら新古車がお買い得。200万円以下で買えます。

 全体的な魅力という点で考えるとC-HRということになるかもしれない。プリウスだと苦労する乗降性は、着座位置の高いC-HRなら楽チン。何よりザックス製のダンパーを採用した足回りのバランスが素晴らしい! だからこそC-HRの売れゆき上々だ。

 販売台数でプリウスを超えられないのは、車両価格の高さとリアのラゲッジスペースの狭さ。トヨタ自身もしっかり認識しており、ヨーロッパだとC-HRの「C」を「クーペ」と表現している。

■プリウス/全長×全幅×全高:4540×1760×1470mm、1.8Lハイブリッド、JC08モード燃費:37.2km/L(S) ■C-HR/全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm、1.8Lハイブリッド、JC08モード燃費:30.2km/L

 プリウスのような実用性を重視しているのなら、カローラスポーツでしょう! プリウスに勝るとも劣らない実用性を持ち(リアシートの快適性はプリウスを凌ぐ)、ヨーロッパ市場を意識した足回りだってプリウスのようなヘニャチョコじゃない。それでいて価格はプリウスよりお買い得だったりして。

 コネクティッドや、世界最高レベルの性能持つ自動ブレーキもステキだ。ということでカローラスポーツに軍配を挙げたい。

カローラスポーツ/全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm、1.8Lハイブリッド、JC08モード燃費:34.2km/L(ハイブリッドG)

◆3車の採点
カローラスポーツ/75
C-HR/70点
プリウス/60点

味付け異なる軽量FRスポーツの雄に君臨するのは?

【TEXT・評価/松田秀士】

◆エントリーリスト
・トヨタ 86 GR/496万8000円
・スバル BRZ STIスポーツ/353万1600~359万1000円
・マツダ ロードスターRF RS/381万2400円

 86 GRは2016年に限定生産された86 GRMNのボディ&サスペンションをベースとしている。エンジンはノーマル。その意味ではBRZ STIスポーツも同じで、いわば両車のボディ&サスペンションチューニングの勝負だ。

 86 GRMNは前期型がベースだったが、86 GRはマイチェン後のモデルがベース。ザックス製ショックアブソーバーを使うなど、共通点は多い。もちろん車体が姉妹車だからそれは言うまでもないが。

 この手のクルマに乗り心地がどうのこうの、と言い始めて久しいけれども、乗り心地はタイヤがしっかりと路面に追従しているか? という判断の指標になる。

 レーシングカーではないのだから、一般道の荒れた路面で実力を発揮するにはサスペンションの追従性が問われる。それはイコール乗り心地にも影響する。

 ただ、シートチューニングで乗り心地を作り出しているクルマもあるから、そこは見極めないといけない。

■86 GR/全長×全幅×全高:4240×1775×1320mm、2L水平対向4気筒DOHC、207ps/21.6kgm ■BRZ STIスポーツ/全長×全幅×全高:4240×1775×1320mm、2L水平対向4気筒DOHC、207ps/21.6kgm

 86 GRもBRZ STIスポーツの両者ともにサスペンションはかなり締まっていて硬い。しかし、峠で跳ねて困るかというと、そのあたりは上手に調教されている。

 だからといって手放しで乗り心地がいいと言えないのは、速度域が上がるにしたがって乗り心地がよくなるから。

 これは、ダンパーの高速域での減衰を適度に抜いているからだろう。逆に低速域でしっかりさせ、ハンドリングにダイレクト感を持たせている。だから低速域ではけっこう乗り心地はハード。スポーツモデルではしかたがない。

 が、ロードスターRF RSに乗ると、そのすべてにおいて納得できるレベル。フロントサスペンションがダブルウィッシュボーン式(86/BRZはストラット式)であるのに加えて、ステアリングタイロッドが前引き(86/BRZは後ろ引き)という、F1でも常識なレイアウト。なので、ロールをしっかりと使いながら、ハンドリングもいい。

 ベースのロードスターよりも重いが、ボディの剛性アップはルーフを得たことで格段にアップ。重さは2Lエンジンの出力でカバーしている。

 ロードスターRF RSならハンドリングを楽しみ、デートカーとしても魅力的だ。

ロードスターRF RS/全長×全幅×全高:3915×1735×1245mm、2L直4 DOHC、184ps/20.9kgm

◆3車の採点
ロードスター RF/90
86 GR/80点
BRZ STI/79点

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ