【国産車三つ巴】WRX? タイプR? GRMNか!? 注目スポーツ&同門対決


 競合するガチンコの対決からジャンルを飛び越えた対決まで、今注目の国産車を3車種で比較する本企画。前編に続き、本編では注目のスポーツモデル、そして同門対決をピックアップ。

 限定車WRX STIタイプRA-Rを筆頭とする過給エンジンでパフォーマンスアップした注目のスポーツモデル対決から、新型カローラスポーツを筆頭とするトヨタハイブリッド3兄弟対決まで、実力伯仲の接戦を制した今ホットな国産車の雄はどれだ!?

文:松田秀士、国沢光宏、片岡英明
写真:編集部
ベストカー 2018年9月10日号


トヨタ系高級車の異種対決! No.1モデルは!?

【TEXT・評価/片岡英明】

◆エントリーリスト
・トヨタ クラウン/460万6200~497万2000円
・レクサス RX/497万2000~769万円
・トヨタ アルファード/ヴェルファイア/335万4480~750万8160円

 ワイドバリエーションを誇り、プレミアムカーも数多く揃えているのがトヨタだ。

 セダンのフラッグシップは、モデルチェンジしたばかりのクラウンである。同じ価格帯を見回すと、レクサスではSUVのRX、ミニバンではアルファードになるが、3車に共通しているのは強い押し出しだ。

クラウン/全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm、2.5Lハイブリッド、JC08モード燃費:23.4km/L

 パワートレーンは、3車とも3.5LのV型6気筒エンジンを設定している。が、V6にハイブリッドの組み合わせはクラウンとRXのみ。2Lの4気筒ターボはアルファード系にはない。クラウンは3機種のパワーユニットを揃え、ふたつあるハイブリッド車の洗練度も一歩上をいく。

 シャシー性能もダントツにいいのはクラウンである。ほかの2車よりプラットフォームは一世代新しいし、セダンだからハンドリングも乗り心地も比較した2車よりいい。快適性能も高いレベルにあり、後席も不満のない広さだ。

 が、居住性に関してはレクサス RXもアルファードも負けていない。高さ方向の余裕を武器に、ロングドライブでの快適性はクラウンを凌ぐほどだ。特に後席は開放感にあふれ、足も伸ばしやすい。一歩上をいくのはアルファードで、アームレストやオットマンなどに身を委ね、リラックスした気分になれる。3列目でも居心地がいい。

■RX/全長×全幅×全高:4980×1895×1710mm、3.5Lハイブリッド、JC08モード燃費:18.8km/L ■アルファード・ヴェルファイア/全長×全幅×全高:4935×1850×1935mm、2.5L直4 DOHC、JC08モード燃費:11.6km/L(Z・8人乗り)

 また、レクサス RXも3列シート装備車を追加した。アルファードと比べると窮屈だが、いざという時には重宝する。シートアレンジも多彩だ。気持ちよく座れるし、荷物も積みやすい。クラウンは静かで快適だが、最適な乗車人数は4人だ。

 プレミアムクラスで重視されるステータス性は、甲乙つけがたい。RXはレクサス一族の高級SUVだし、アルファードもミニバンの王者である。快適装備もクラウンに負けていない。

 ただし、クラウンは基本設計が新しいのが強みだ。また、先進安全装備も一歩リードしている。

 カーライフを快適に過ごせるコネクティッドサービスが受けられるのもクラウンの魅力だ。クラウン優位は揺るがないが、多人数乗車の機会が多いならアルファードという選択肢もあり、である。

◆3車の採点
クラウン/87
アルファード・ヴェルファイア/82点
RX/80点

どれもスパルタン! 最新国産過給スポーツのNo.1は?

【TEXT・評価/松田秀士】

◆エントリーリスト
・ホンダ シビックタイプR/450万360円
・スバル WRX STIタイプRA-R/499万8240円
・トヨタ ヴィッツ GRMN/400万円

 ヴィッツGRMNは3ドアHBのいわゆるホットハッチ。しかし、エンジンルームにはロータスのマークが! 実はこのクルマ、欧州で製造されている。

 トヨタはロータスに昔からエンジン供給していて、そのエンジンを欧州でロータスから手に入れて搭載している。スーパーチャージャーで武装、ダンパーはザックス製と素性を知れば知るほどワクワクする。

 その乗り味は、FFのアンダーステア系ハイパフォーマーかと思いきや、トルセンLSD(リミテッド・スリップ・デフ)が効いてよく曲がる。ガチガチのサスペンションかと思いきや、意外にもロールを大切にしている。

■シビックタイプR/全長×全幅×全高:4560×1875×1435mm、2L直4ターボ、320ps/40.8kgm ■ヴィッツGRMN/全長×全幅×全高:3975×1695×1510mm、1.8L直4スーパーチャージャー、212ps/25.5kgm

 シビックタイプRは、新型になってリアサスをマルチリンク式とし、こちらもストローク感をしっかり持たせている。電子制御の可変減衰力ダンパーもセットが決まっている。

 こちらも日本ではなく英国で製造。この2台はFF。FFはエンジンが横置きなので、トランスミッションも横置き。縦置きのタイプRA-Rに比べると極端にフロント荷重が重い。しかし、2台ともにそのフロント荷重を感じさせずによく曲がる。さすが欧州の味つけだ。

 で、群馬の心意気。タイプRA-Rは純日本製で、妥協を許さない一本気なSTIの作品。乗り心地はそれほどよくはないが、トランスミッションはMTで、エンジン縦置きのAWD。

 バランスのよさとクルマに乗せられている感がなく、自分で操るダイレクトな楽しさがある。それはほかの2車のベースが居住性重視のFFに対し、走行性能に重点を置いた縦置きAWDだから。スポーツモデルにとってこの差は大きい。

WRX STI タイプRA-R/全長×全幅×全高:4595×1795×1465mm、2L水平対向4気筒ターボ、329ps/44.0kgm

◆3車の採点
WRX STIタイプRA-R/90
シビックタイプR/86点
ヴィッツGRMN/82点

次ページは : 最新プラットフォームで一新! 今買いのトヨタHVは?