ロングドライブのススメ【02.ロングドライブ推奨ルート タイプ別 BEST3】


■第3位 ハイウェイ弾丸ツアー

 単純明快、高速道路をひたすら走り、なるべく短時間で遠くまで行く旅である。

 複数人が交代で運転し、休憩を最小限に抑えれば、記録に挑戦するアスリート気分も味わえる。

「遠くへ行きたい」という欲求を満たすため高速道路を突っ走れ! 寄り道なんてクソクラエと、弾丸ツアーに徹するのも、またヨシ

 筆者は、種子島でのロケット打ち上げ見学を目的に、東京─鹿児島間(そこからフェリー)を4回走破している。片道約1400km。

 東京からだとクルマで行ける最長距離に近いが、早朝に出発して高速道路をひた走れば、その日のうちに鹿児島まで到達することができる。

 あえて「日本って狭いな!」とうそぶくのも、ひとつのロマンである。

鹿児島県鹿児島市は明治維新の三傑 大久保利通像。そのまま種子島へGO!もアリ(area1964@Adobestock)

【番外コラム】とりあえずの、プチロングドライブもアリ!

 近場でロングドライブ気分を味わいたい都会人のために、比較的手軽なルートを2つ紹介しよう。どちらも大都会から日帰り可能だ。

●首都圏/伊豆半島周遊…「石廊崎」でも取り上げたが、西伊豆沿岸は首都圏近郊で最もワイルド感あふれる海岸線。西伊豆スカイライン経由で石廊崎まで南下したら、「天城越え」で半島中央部に入り、伊豆スカイラインを通って1周すれば、カーマニア的にもパーフェクト!

●関西/琵琶湖周遊…関西からは紀伊半島や山陰海岸もそう遠くはないが、琵琶湖北岸は隠れた名ルートだ。琵琶湖らしからぬ険しい湖岸線に、隠れ里的な集落が点在し、遠くに来た感を満喫できる。東岸には賤ケ岳や姉川の古戦場、彦根城、佐和山城、安土城など名所が山ほどあり、歴史ファンにはたまらない。ぜひ行ってほしい。

【画像ギャラリー】まだまだありますオススメロングドライブ! 「趣味満喫系」3選(3枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ