ロングドライブのススメ【02.ロングドライブ推奨ルート タイプ別 BEST3】

ロングドライブのススメ【02.ロングドライブ推奨ルート タイプ別 BEST3】

 自動車評論家 清水草一諸氏が満を持してお送りしている超絶感動巨編「ロングドライブのススメ」。全3回、第2回目の今回はロングドライブ推奨ルートベスト3をお届けする。ロングドライブはカーマニア最大のロマンだ!!! クルマはプライベート空間。コロナもなんのそのだ! ぜひこの夏休み、お盆は人手を避けてロングドライブの旅に出かけてみてほしい!!!!

●第1回【私がロングドライブに出る理由/岬を目指せ編】はこちら!!!

※本稿は2022年5月のものです
文/清水草一、写真・画像/清水草一、AdobeStock
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】まだまだありますオススメロングドライブ! 「趣味満喫系」3選(3枚)画像ギャラリー

■第1位 交通量の少ない長い海岸線

「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」という交通標語があったけれど、日本は決して狭くない。なにしろ国土が長い。

 その長い国土を存分に味わえる、ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードの代表は、交通量の少ない長い海岸線だ!

新潟県北部の日本海沿いにある名所「笹川流れ」にたたずむフェラーリ458イタリア。断崖絶壁の海岸線は超ワイルド。交通量も少なく、走行はウルトラ快適。快楽のみ満喫できる! 

「どこも混んでて、そんなの近くにないんだけど」

 そりゃ都会近くの海岸線はダメだ。でも、交通の不便なところまで行けば大丈夫。実は日本って、そういう海岸線だらけなのだ!

 なに、そんな遠くまで行くのは大変だって? 喝! ロングドライブがそんなに手軽だったら、ロマンでもなんでもないじゃないか!

 東京から竜飛崎を目指す場合は、東北道ではなく、関越道で新潟方面へ向かおう。

 村上市まで北上し、そこから一般道を延々日本海に沿って走れば、「ええっ! 日本ってこんなに素朴でワイルドだったのかよっ!」と叫びたくなるような、素晴らしい海岸線が続く。途中には笹川流れや象潟などの景勝地がある。鳥海山に立ち寄るのもいい。

 男鹿半島の入道崎(前回参照)に立ち寄って、JR五能線と並行する国道をひた走り、竜飛崎に至れば、「日本って最高だ!」と思うに違いない。それが「羽州浜街道」ルート(マップ参照)である。

ロングドライブオススメ海岸線マップ(J BOY@Adobestock)

 帰路は三陸海岸を延々走れば、「日本ってでっかいなぁ!」となるに違いない。往復約2000km。実際、日本はでっかいのだ!

 北海道の海岸線は、ほとんどすべてそんな感じだ。

 能登半島、紀伊半島、山陰海岸、四国南岸、西海沿岸。どこも感動的な「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」が続く。クルマ好きなら、ここを走らずに死ねないぜ!

■第2位 「酷道」を往く

 国道には通行をためらううほど強烈に険しい「酷道」が多数あり、それらの走破に喜びを感じる酷道マニアも存在する。

 酷道には数百kmに及ぶルートも少なくなく、全線走破は文字どおりのロングドライブになる。

酷道の走破は非日常そのもの。本物の冒険気分を味わえる。一応冒険なので、故障や事故に備えて、万が一の準備はしておこう

 代表的なルートは、四国山地のヨサク(国道439号線)、紀伊山地のシニゴー(国道425号線)、長野県・岐阜県・福井県にまたがる国道418号線などなど。

 断崖絶壁スレスレの、ガードレールもロクにない酷道を走り切れば、走り切った感は強烈だ。

 部分的に廃道になっている区間もあるので、廃墟マニア気分も楽しめる。男のロマンだぜ!

 一応国道なので、大部分は舗装されているが、非常に狭隘な区間があるので、クルマのサイズは小さいほうがいい。

 悪天候時や、倒木や落石がある場合は、危険なので潔く引き返そう。短距離だけ味わいたい場合は、険しい県道「険道」がオススメだ。

次ページは : ■第3位 ハイウェイ弾丸ツアー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ