大谷翔平選手がポルシェのアンバサダーに就任 快進撃の秘密は愛車911にあり!?


 2022年8月9日、1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりにMLBで2桁勝利&2桁本塁打を達成し、8月31日には、MLB史上初の10勝&30本を記録するなど、快進撃を続けている米MLB・エンゼルスの大谷翔平選手。

 2022年8月、ポルシェジャパンは、大谷翔平選手を「ポルシェ ドライビングアスリート」に任命し、アンバサダー契約を締結したと発表しました。

 日本を代表するメジャーリーガーと、世界で最も有名なスポーツカーメーカーとの夢のようなコラボレーションが実現しました。そうなると大谷翔平選手の愛車は、ポルシェなのでしょうか?

文/ベストカーweb編集部
写真/ポルシェジャパン

【画像ギャラリー】大谷翔平選手が乗っているポルシェ911 主なラインナップを写真でチェック!(15枚)画像ギャラリー

■自動車メーカー初のアンバサダー就任

ポルシェ ドライビングアスリートに就任したエンゼルスの大谷翔平選手。後ろはポルシェのピュアEVの4シータースポーツカー、タイカン

 ポルシェジャパンは、世界で活躍する日本人アスリートを「ポルシェ ドライビングアスリート」と称し、その活動を応援しており、これまで英プレミアリーグ、リバプールなど海外で活躍するサッカー日本代表の南野拓実選手、リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラロームで日本人初の銅メダルを獲得した羽根田卓也選手をドライビングアスリートに任命してきたそうです。

 大谷翔平選手はこれまでヒューゴボスのBOSSのブランドアンバサダーのほか、セイコーウオッチ、JALなど多くの企業と契約を結んでいますが、自動車メーカーのアンバサダーに就任するのは初めてとのことです。

 大谷選手は高校卒業後に北海道日本ハムファイターズで活躍し、2017年にMLBの現チームへ移籍。海外でも二刀流を武器に躍進し、2021年には、日本人史上2人目となるアメリカンリーグのシーズンMVPを満票で受賞する偉業を成し遂げました。

 このように夢を追いかけ挑み続ける大谷選手の姿勢が、ポルシェの“夢を追いかける人のためのブランドであり続ける”というミッションと合致することから、今回の「ポルシェ ドライビングアスリート」の就任に至ったそうです。

 大谷選手を起用したポルシェジャパン執行役員マーケティング&CRMの前田謙一郎は以下のようにコメントしています。

 「世界で活躍し、今やテレビで見ない日はないほどの人気と実力を持つ、日本を代表するアスリート大谷翔平選手とパートナーシップを締結した知らせをお伝えできることを大変嬉しく思います。

 ポルシェ ドライビングアスリートは、夢を追い、挑戦し続けている選手を心からリスペクトし、応援するプロジェクトです。大谷選手はアメリカに拠点を移してからも、二刀流という自身のスタイルを崩すことなく、誰も成し遂げたことのない夢に向かって挑戦と進化を続けていると思います。

 この姿勢こそが、ポルシェが目指す“夢を追い続ける人のためのブランド”というブランドビジョンをまさしく体現しており、今回直々にオファーさせていただきました。私自身、大谷選手の活躍を見て胸が熱くなるものがあります。大谷選手がこれから先も夢を追いかけ、さらにその夢を実現できるよう、私たちも全力で応援できればと思います」。

 大谷翔平選手はポルシェ ドライビングアスリート就任に際し、次のように語っています。

 「今回ポルシェ ドライビングアスリートという貴重な役割に任命していただき、大変光栄です。ポルシェは僕にとって今まで憧れであり、そして夢でもありました。1人のアスリートとして、ポルシェという洗練された情熱を持つスポーツカーブランドと一緒に活動できることを嬉しく思っています。

 僕自身、まだまだ目標・夢を追いかけている途中ではありますので、ポルシェ ドライビングアスリートという名に相応しい活躍ができるよう、努力と研鑽を続け、夢を実現できるように頑張ります」。

 ちなみに自動車メーカーのブランドアンバサダーとしては、これまで本田圭祐選手(メルセデス・ベンツ日本)をはじめ、錦織圭選手(ジャガージャパン)や大坂なおみ選手(日産自動車)が知られています。

次ページは : ■大谷選手の愛車はヒュンダイソナタ、テスラモデルXからポルシェ911へ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ