存在するのには意味がある!! 2018年売れなかったクルマたちの言い分

 2018年の販売台数は全体でいえば軽自動車のN-BOXがブッチギリの1位という結果に。いやはやNシリーズの強さはどこまで続くのでしょう!?

 登録車でいえばノート(e-POWER含む)が1位と、これまた最近騒ぎが続いている日産にとってもハッピーなニュースになったことだろう。

 しかし、逆に売れなかったクルマ(登録車)も同じくらいある。きっと売れないクルマにも多くの言い分があるはずだ。そして2019年も頑張ってほしい!!

 ということで2018年に売れなかったクルマ10台と、その言い分を聞いてきました。 

※当ランキングはベストカー本誌の新車販売台数一覧(登録車)をベースとしております。「車種ごと」の販売台数となり、グレード単体の販売台数結果は反映しておりません(レクサスなど)。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、DAIHATSU


■燃料電池自動車にセンチュリーもランクインの10位→7位

 2018年の登録車販売台数ランキングはe-POWER効果の持続により日産ノートが1位となり、1968年に販売台数の統計が始まって以来日産車としては初の1位に輝くという快挙が大きな話題となった。

 その一方では販売台数ランキング上位とは正反対に売れなかったクルマたちも存在する。

 当記事では不名誉ながら2018年販売台数ワースト10に入ってしまったクルマたちが売れなかった言い分(言い訳?)や展望に加え、販売が続くようエールも送りたい。

【第10位 日産フェアレディZ】591台

 現行フェアレディZは2008年の登場以来満10年が過ぎ、ここ数年は放置状態となっていることが売れない原因と思われがちだ。

 しかし2018年には一部改良でクラッチの改良や静粛性の向上が施されており、厳しい状況下ながら決して放置状態とは言い切れない。

 ではなぜ売れなかったのかを考えると、トップグレードのNISMOだとポルシェケイマンも視野に入る600万円を超える価格。

いまや希少なNA大排気量のFRスポーツ。3ペダルMTも備えるなどスポーツカーの基本を守り続ける1台だが販売台数的には苦戦

 さらに言えば2シーターに加えて、3.7リッターという大排気量エンジンによる自動車税の高さや燃費など、そもそもが気軽に乗れるキャラクターではないこともあるだろう。

 古さは否めないものの、フェアレディZのアメリカンなキャラクターは捨てがたい魅力があるのに加え、GT-Rと並び日産のアイデンティティでもある。

 さらに2019年は誕生50年という節目だけにフルモデルチェンジも視野に入れた、何らかの大改良を期待したい。

【第9位 トヨタMIRAI】 575台

 燃料電池車が727万4880円という技術的な革新度を考えたら「破格」で買え、さらに補助金も政府から202万円、地方自治体からも100万程度出るケースもあるMIRAI。

 また納期についても登場当初は「年」単位と言われていたが、現在では数カ月と劇的に短縮され入手しやすくなった。それを考えると、MIRAIの販売は伸び悩んでいると言わざるを得ない。

水素を燃料とする燃料電池自動車ながら常識的な値段で買えるMIRAI。東京都心でこそ目撃する機会も増えたがやはりインフラの整備が待たれる

 とはいえ、肝心の水素充填のインフラ普及が進んでいないのも加味すれば、この年間販売台数は妥当なところといえるのかもしれない。

 いずれにしてもトヨタはかつての初代プリウス登場からのハイブリッドカー技術のように、「熟考の末やると決めたことは時間を掛けてでも必ずモノにして普及させる」という素晴らしいDNAを持っている。

 これまでの新技術を昇華させてきた実績を持つトヨタならば、やがてはインフラも含めて燃料電池車も普通のクルマにするに違いない。MIRAIは今後に期待できる。

【第8位 日産シーマ】 386台

 2012年にフーガのストレッチ仕様的な位置付けで復活したシーマの販売目標台数は、当時でも年間1000台と少なく、時間の経過を加味すれば悪くない販売実績ともいえる。

かつては社会現象まで起こしたシーマだが、現行型はロング版のフーガに近い1台。プレジデントがなき今、日産のフラッグシップなのだが存在感が薄いのは否めない

 と書きながらも絶対的な販売台数があまりに少ないのは事実であり、社会的なイメージのいいハイブリッドのショーファーカーとしてはコストパフォーマンスに優れる。

 最上級グレードでも約900万円という価格をアピールするなどすれば、浮上のチャンスもあるのではないだろうか。

【第7位 トヨタセンチュリー】335台

 昨年6月にフルモデルチェンジされたセンチュリーの販売台数を「7カ月で335台しか売れていない」と考えるのは大間違いだ。

ハンドメイドの部分も多いセンチュリー。生産台数にも限りがあり、むしろこれだけの台数を販売したな、というべきだろう

 なぜかと言えば月間販売目標台数自体が50台なのに加え、この50台は「手作り生産のため月に50台しか作れない」という意味であり、約2000万円のクルマが7カ月で335台売れたというのはほぼ予定通りなのだ。

 今後は日本のシンボルカーとしてセンチュリーが存続し続けてくれ、その後押しとして豊田章男社長のGRMNセンチュリーが市販化されれば、それで完璧だ。

■和製スーパーカーにEVまで入り乱れた6位→4位

【第6位 ホンダNSX】238台

 NSXは日本での販売目標台数が登場初年度の2017年度で100台とセンチュリー以上に少ない。

 さらに言えば、限れたディーラーでしか販売されない総額2500万円はするスーパーカーが1年に238台も売れたというのはむしろ絶好調といえるのではないだろうか。

生産台数が非常に少ないNSX。納車待ちも長いようだが、この点については初代NSXにも似ている感じがする。存在自体が希少なだけに今後の進化にも期待だ

 今後は昨年秋に行われたマイナーチェンジのような改良が続き、NSXが末永く存続してくれればそれで十分だ。

【第5位 ホンダクラリティPHEV】145台

 昨年7月に登場したクラリティPHEVも販売目標台数は年間で1000台(月85台程度)と少ないが、6カ月で2か月分も売れていないというのは超低空飛行と言わざるを得ない。

 売れない最大の理由は4WDのアウトランダーPHEVでも400万円程度のグレードがある中で588万600円という、どんな基準で見ても高すぎる価格に尽きる(補助金は両車20万円)。

「とにかく高い」という印象が強いクラリティPHEV。クルマの完成度は業界内でも非常に高いのだが、いかんせん価格がアウトランダーPHEVのようなSUVと比較しても高すぎるのは玉に瑕

 しかしクラリティPHEVは燃料タンクが26リッターしかないという弱点はあるにせよ、それ以外は公表値ながらEV走行が約100km可能な点などクルマ自体は申し分ない。

 それだけにもしホンダの方針が何かのきっかけで一気に変わり、価格が450万円程度に見直されれば大化けする可能性も充分ある。そんな日が来るためにも、クラリティPHEVは存続することが重要だ。

【第4位 三菱i-MiEV】127台

 今回の2018年販売台数ワースト10は登録車を対象にしており、i-MiEVの名を見て「おや?」と感じられる方もいるだろう。

 というのもi-MiEVは昨年4月に歩行者保護の法規対応のため全長がフロントバンパーで延長されており、登録車となったためだ。

 なお昨年のi-MiEVの販売台数の内訳は軽自動車時代85台、登録車移行後42台と、最終結果を見てもらうと分かる通り登録車だけだとワースト1位に躍り出てしまう……。

三菱の意地ともいえるi-MiEVの存在。5ナンバーになったものの概ね軽自動車サイズのボディだけに、地方自治体などでの引き合いはまだまだ強そう。新型も期待したいところ

 売れなかった理由を考えると、1つは航続距離が164kmと短い上に価格は294万8400円と高く、補助金も16万4000円しか出ないことが大きい。

 補助金を加味した実質的な価格だと本当に新車のリーフのベーシックグレードと同等となってしまう。

 2つ目に登録車になったので軽自動車の固定費の安さというメリットもなくなってしまったという、コストパフォーマンスと商品力の弱さに尽きる。

 それでも三菱が登録車に移行してまでi-MiEVを存続させたのは評価したく、このことには「近い将来後継となる軽もしくはコンパクトカーのEVを出します」というメッセージが含まれていると思いたい。

■OEM車が表彰台独占!! 2019年も生き抜いて!! 3位→1位

【第3位 ダイハツアルティス】119台

 2018年売れなかったクルマの上位3台はOEMが並んだ。3位はダイハツで販売されるカムリのOEMとなるアルティスだ。

 まあアルティスは一般的には存在自体を知っている人がほとんどいないのでは、と思われるほどマイナーなクルマ。

初めて見た、という方も多いかもしれないがこれがダイハツ「アルティス」。カムリのOEMなので中身はカムリだが、ダイハツ関係者のみならずこだわって買いたい層にはそこそこ売れているのかも?

 三菱に日産シーマをOEM供給していたディグニティのようなクルマなだけに、これだけ売れれば充分にも感じる。

 もしカムリに昨年追加されたスポーツ性を持つWSに相当するグレードが加われば、年間150台は売れるかもしれない。いや、難しいか?

【第2位 三菱デリカD:3】93台

 デリカD:3は日産からNV200バネットワゴンのOEMとして供給されるモデルである。

 本家も日産の約2100店の販売網をもってしても1700台しか売れていないのを考えると、デリカD:3拡販のアイデアもなかなか浮かばない。

1万3502台を2018年に販売したD:5と比べると地味なD:3。もう少しアウトドアやホビー志向の売り方もできそう(OEM車にそこまでやるかは微妙だが)

 ディーラー単位でキャンパー仕様を造り、デリカD:5のキャンパー仕様と並べてプロモーションすれば浮上の可能性はあるかもしれない。

 うーん、実に生かし方がありそうでなさそうな車種でもある。絶好調D:5の恩恵を受けられるのがベストなのだが。

【第1位 ダイハツメビウス】86台

 2018年一番売れなかった登録車は、トヨタからダイハツにプリウスαのOEMとして供給されるメビウスだった。

 しばらく前に「メビウスを見た」という写真付きの投稿をSNSで見たが、このことを踏まえるとメビウスを路上で見るというのはもはや縁起のいいことなのかもしれない。

これがメビウスです。プリウスαのOEMだが、プリウスαの新車自体があまり見なくなってきたのもあり存在感は薄くなりがち。しかも5人乗りグレードしかないのはちょいと痛手!?

 登場が2011年と時間が経っていることもあり、今では本家もトヨタの約5000店の販売網を持ってしても約1万5000台しか売れていない。

 そうなるとメビウス浮上策を考えるのもなかなか難しい。しかもメビウスには本家プリウスαと違い5人乗りしかないのもちょいと痛手。

 残された手はプリウスαにある7人乗りを追加すればもう少し数は出そうだが……。


【まとめ】

 苦戦を強いられたクルマも多い2018年登録車販売ワースト10だったが、意味なく登場したクルマがある訳でもなく、存続していればいつかきっといいこともあるはず。

 買ってくれるお客さんがいる以上はきっとそこに存在価値は大いにあるわけだし、カーマニアとしてはそれらのクルマを愛でるのもまた大事だ。

 2019年も多くのクルマが登場し、そして去っていくと思われるがマイナーなクルマにもぜひぜひ注目していきたい。

【参考:2018年登録車販売台数ランキングトップ10】

1位 ノート(e-POWER含む)13万6281台
2位 アクア 12万6561台
3位 セレナ(e-POWER含む)9万9865台
4位 シエンタ(HV含む)9万4050台
5位 ヴォクシー(HV含む)9万760台
6位 フィット(HV含む)9万719台
7位 プリウス8万7850台
8位 ヴィッツ(HV含む)8万7300台
9位 ルーミー 8万6265台
10位 C-HR(HV含む)7万6750台

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ