【スイスポ? それとも??】街乗りでも最高に楽しい優駿“車” 5選


一般ユーザーにとって、サーキットはもちろんのこと、わざわざワインディングロードを攻めたりする機会はそう多くない。私のようなマニアですら、高齢ゆえにどちらも引退しました。涙が出ます。

しかし、車の楽しみは、限界まで攻めなきゃ味わえないわけではない。そこらの信号から加速して、そこらの角を曲がるだけでも、車によっては十分すぎるほど楽しいではないか!

ただし、日常的な運転の中に、小さなシアワセを見つけるためには、ハイパワーな本格スポーツではなく、キビキビ走るコンパクトカーのほうが向いている。

そこで、今回はむしろ何ということもない街中でこそ、“日常的に楽しさ”を感じられるクルマを5台ばかり選んでみた。どれも飛びぬけてパワフルではないけれど、気軽に楽しさを味わえる現代の“街の遊撃手”だ。

文:清水草一
写真:編集部


「街角でも楽しい万能な一台」スイフトスポーツ

スイフトスポーツ/全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm、車重:970kg、エンジン:1.4L直4ターボ、エンジン出力&トルク:140ps/23.4kgm、価格:183万6000円

「スポーツ」と車名に付くだけに、本格的に楽しむこともできるが、街角でも十分に楽しい万能な一台がこれだ!

まず、エンジンが楽しい。1.4Lターボは、上まで回すと5000回転くらいからちょっと苦しそうになるけれど、その分、2000回転前後の日常域がとっても楽しい。適度にトルクが湧き出して、思い通りプラスアルファで加速してくれる。

実はこの「プラスアルファ」が大事。「思ったより速い!」と日常的に思えることが、日常のヨロコビにつながるのです。

エンジンが楽しいだけでなく、スイフトスポーツはトランスミッションもいい。6MTが楽しめるのは言うまでもないが、6ATでもダイレクト感があって十分イイ。間口が広いところがうれしいじゃないか!

足回りは、フツーにキビキビしていてキビキビ曲がる。「本気で攻めるとアンダーステア」と言われているが、本気で攻める人は足回りを交換してください。私はこのままで十分です。それでもちょっと硬すぎるけど、とにかくトータルでは間違いなく“街の遊撃手”。

「予想外にクイックで楽しい」アクア

アクア/全長×全幅×全高:4050×1695×1455mm、車重:1090kg、パワーユニット:1.5L直列4気筒+モーター(74ps/11.3kgm=エンジン、システム出力:100ps)価格:188万6760円(S)

多くのクルマ好きが舐めていると思うが、アクアは相当運転が楽しい車である。それは、アクアの最初期型を4年間乗った私がマジで証言する。

アクアの楽しみは、低重心がもたらすコーナリングにある。アクアのハイブリッドバッテリー搭載位置は、後席の下。トランク下のプリウスとは素性が違う。

重量物を中央後ろよりのフロア直上に積んでいるおかげで、ステアリングレスポンスがとっても自然にクイック。街角のコーナリングがイイ! そこらの角をキュッと曲がるのが、とっても楽しい車なのだ。

当時私は、自家用車がフェラーリ 458イタリアとアクアという体制だったが、アクアの日常的なコーナリングの楽しさは、458イタリアにソックリだった。冗談ではなく。

1.5Lのハイブリッドシステムは、ダイレクト感皆無の超絶のれんに腕押しだが、このコーナリング性能だけで十分です。

アクアはすでに登場から8年もたっているが、最近のモデルを試乗してみても、素性の良さはそのままだった。8年もたった車をわざわざ新車で買うのもナンだと思ったら、最も足回りがスポーティだった最初期型の中古車をオススメする。タイヤをちょいスポーティなものに交換すれば、それこそ街の遊撃手。

ただしアクアは、最初のマイチェンで足が骨抜きのフニャフニャになったという暗黒時代があるので、年式には注意が必要だ。マニアックでスマン。

次ページは : 「街中加速はピカイチ」ノート e-POWER NISMO

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ