ゴーン不在で嬉しい? S209を国内で売りたい? ちょっと聞きにくいことを聞いてみた


 いろいろと聞きたいけれど、実際には聞きにくいことってよくあります。誰かが質問しないとならないのだけど、相手が怒ったらどうしよう……。

 そうは言ってもそれを聞くのがベストカーだよね、ってことでクルマ業界の多くの人に聞きにくいことを聞いてみました。

 とりあえず質問をして怒った方はいなかったので、編集部はひと安心とのこと。なにかピンと来る質問はありましたか?

文:ベストカー編集部/写真:編集部
ベストカー2019年3月26日号


■日産社員に聞く「ゴーンさんいなくなって実は嬉しいですか?」

 カルロス・ゴーン元会長が日産から退場。紆余曲折いろいろあったとはいえ、日産を救ったのもゴーン氏なのは事実。

 日産からいなくなっちゃって本当にそれでいいの? 日産社員に聞いた。

三菱との関係構築など最近まで大きな功績を残してきたゴーン氏だが……

【日産社員談】

 1999年にゴーンがきた時、「リバイバルプランに失敗したら、自分も含めて経営陣はみんな辞める」と宣言しましたよね。

 その姿勢は凄く潔く、格好いいと思いました。でも、今のゴーンはあの時のゴーンとは違います。

 会社のジェット機を自分のプライベートジェットのように使っていたのも、海外にわけのわからない会社があるのも、私たち社員は薄々わかっていました。

 彼は、ある時から自分で責任を取らなくなったんです。2011年に中国にEV技術の機密情報が漏れた時はペラタさんの首が切られたし、2013年には志賀(俊之)さんがリーマンショックによる業績低迷の責任を取らされ、自らは何もなし。

 この間の日本経済新聞のインタビューでも「(問題があったのなら)なぜ私に言ってくれなかったのかわからない」という発言がありましたが、それも含めて人のせいばかり。

 そういう体制を作ったのはあなた自身でしょうと言いたいですよね。確かに功績はあるけど、このままの状態で、そこに目をつむってやっていってもしょうがない。

 もう自分で責任を取ろうとしない人とはやりたくないというのが本音です。

【質問の答え】
もちろん複雑でいろいろと思うところがあるようですが、起こるべくして起こった事件のようです。

■スバルディーラーに聞く「S209売りたかったでしょ?」

 STI史上、最強の345psを発生する2.5L、水平対向4気筒ターボを搭載する「S209」。日本のファンも待ち望んでいると思うが、今回はなんと日本発売ナシ。

 この決定にはさぞかしスバルディーラーもがっかりでしょ? ということで聞いてみました。

最強スペックのWRX STIだけに日本のディーラーでも売りたかったこと間違いなし!! かと思いきや……

【都内某スバルディーラー談】

 エンジンが2.5Lだったので初めから日本では出ないなとは思ってました。

 ですがSシリーズは出れば引き合いが多いだけに、次は日本でも売れるモデルをお願いしたいですね。

 我々ががっかりしているかという質問ですが、実は「あんまり」というのが、正直なところです。というのも、お客さまからの反応がイマイチなんですね。

 ワールドプレミアされる前は「どういうスペックなんだ?」「いくらだ?」「日本で出るのか、出ないのか」という問い合わせを多くいただいたんです。

 しかしいざ発表になったら、ぱったりと問い合わせがなくなりまして。お客さまに話を聞くと「あのスタイルはちょっと」ということなんですね。

 あのへんのクルマを買われる方って、年齢層が意外と高めなんですが、そういう方には、あの取ってつけたようなオーバーフェンダーがダメみたいですね。

 キレイなブリスターフェンダーでまとめてくれれば違ったのかな、とは思います。

【質問の答え】
S209を販売できなくてがっかりしたとは思ってない。

次ページは : ■HKSに聞く「スープラはチューニングしにくいと思ってる?」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ