こんなのあったらそりゃ買うわ!! 300万円未満で買えた本格派国産車 5選

 昔の車は安かった、そう言われるようになって久しい。

 たしかに、現在でいえば「ちょっと高めの軽自動車」ほどの199万円という価格で初代シビックタイプRが買えるなど、1990年代から2000年代前半頃までの日本車には、誰もが少し背伸びをすれば手の届く価格に、個性的な本格派モデルが数多く存在していた。
 
 日本車の真骨頂といえば「高性能だけど割安」なこと。これから紹介するモデルたちは、まさにそんな日本車らしさを象徴し、今改めて見ても「こんなのあったらそりゃ買うわ!」と言わしめる優れモノばかりだ。

文:松田秀士
写真:HONDA、編集部、NISSAN、SUBARU、MITSUBISHI


200万円切りの衝撃! 初代シビックタイプR

初代シビックタイプR/199万8000円(1997年発売)/全長×全幅×全高:4180×1695×1360mm、車重:1070kg、エンジン:1.6L直4DOHC、最高出力:185ps/8200rpm、最大トルク:16.3kgm/7500rpm

 始まりは初代シビックタイプR/199万8000円。安い! そういう値段だったんだ! と今、改めて感心する。1997年に発売された6代目シビック(EK9型)がベース。

 185psのVTECエンジンは8200回転でそのマックスパワーを発生。いったいどこまで回るの? というくらいに高回転エンジン。VTECだから低回転域のカムと高回転域のカムを切り替えていて、その切り替わる周辺の回転域にトルクの谷間があったけれど、まぁとにかく9000回転あたりまで気持ちよく回せる。

 今から思い起こせば、トップエンドまで回すと壊れそうなメカノイズだったけれども、それがまたエキセントリックでアドレナリンを分泌させた。

 5速MTがセットで、車体も軽量化していてハンドリングは軽快。ちょっとお尻が軽く、タックインでリアをスライドさせてターンインして操舵角を減らし、コーナーの頂点からは全開で立ち上がる。FFでフロントが重いから、加速時の後ろ荷重でもしっかりとフロントタイヤにトラクションが発生する。

 当時、スポーツモデルといえばまだFRがイニシアティブを持っていたけれど、FRは野性的勘で走らせる車、しかしFFは脳で考えて走らせる車だということをはっきり教えてくれた1台だった。

200万円台前半だった直6ターボのスカイライン

R32型スカイライン GTS-tタイプM/234万円(1989年発売仕様)/全長×全幅×全高:4580×1695×1340mm、車重:1290kg、エンジン:2L直6DOHCターボ、最高出力:215ps/6400rpm、最大トルク:27.0kgm/3200rpm ※価格は4ドア、5MT車

 続いてR32スカイラインGTS-tタイプM。おお! スカGだよ! GT-Rじゃないけどさ、でもターボ付きスカイラインが234万円で手に入ったんだよ。信じられるか! 今売られていたら絶対に買います。

 GT-Rのように敷居が高くなく、しかし充分以上なパワーとトルク。FRの醍醐味を全てこの1台で堪能することができるモデルだ。

 エンジンは2.0Lの直6ターボ。最高出力は215ps/6400rpmで、最大トルク264.8Nm/3200rpm。このパワー&トルクは発生回転域も中速でちょうど良く、今でも充分に扱いやすく通用する。しかも車体重量は1290㎏と軽い!

 全幅1695mmで5ナンバー。それでいてサスペンションは前後ともにマルチリンク式です。トランスミッションは5速MTでLSDは標準装備。

 この車が全盛だったころ、筆者は全日本F3000選手権やグループC、グループAと3カテゴリーに出場していてとても忙しかったけれど、よくタイヤメーカーのドライビングスクールの講師に呼ばれ、スクールカーに使われていたGTS-tタイプMのステアリングをよく握ったもの。

 とにかくアクセルを踏み込むと簡単にお尻が流れる。もうドリフトのオンパレードだった。タイヤメーカーのスクールだから、タイヤ減っても気にしない気にしない! という感じ。本当に印象に残る車でね、ボクはGT-R(R32)より好きだったね。

 GT-Rは筑波の最終コーナーでアンダーステアが強かったけれども、GTS-tはまったく逆。アクセル踏む勇気さえあれば、後先考えずどんどん曲がってくれる。ドライバー次第でどんなコーナリングもこなせる素晴らしいモデルだった。本当に現代風の装備にしてもう一度販売してほしいモデルだね。

ハイスペックでも300万円切りのWRX STi

2代目インプレッサ WRX STi/289万5000円(2001年発売仕様)/全長×全幅×全高:4405×1730×1435mm、車重:1430kg、エンジン:2L水平対向4気筒DOHCターボ、最高出力:280ps/6400rpm、最大トルク:38.0kgm/4000rpm ※価格は2001年仕様

 次にインプレッサWRX STIも外せないモデル。

 GDB型の初期モデルはエキゾーストマニホールドが非等長だったので、いわゆるボクサーサウンドと呼ばれる独特の排気音! これがスバリストの心を掴んでいた。

 排気音は車の呼吸のようなものだから、排気音を聴いただけでどの車かがわかるというマニアも居たりして、そう車に個性があった。WRX STIは現在と同じ縦置きエンジンで左右が対称のシンメトリカルAWD。

 ドライブシャフトの長さが前後とも左右対称なので、トルク伝達に左右差がなく安定した駆動が行える。6速MTはクイックなシフトストロークだが、上手に速くシフトするにはコツが必要。

 でも、そこをうまく乗りこなしてこそスバリスト。ハードルは低すぎないが、AWDによって抜群のコーナリング性能を持っていたモデル。しかも、現行WRX STIへと繋がるDNAを確実に感じられるモデルだ。このハイスペックでも289万5000円で手に入ったのだ。

孤高のロータリー車も200万円台で買えた!

RX-8 タイプS/275万円(2003年発売仕様)/全長×全幅×全高:4435×1770×1340mm、車重:1310kg、エンジン:654cc×2ロータリー、最高出力:250ps/8500rpm、最大トルク:22.0kgm/5500rpm ※写真は後期型「タイプS」

 ロータリーエンジンも忘れてはならない。RX-8 タイプSだ。この車は発表前にインプレッションを九州のオートポリスで行った。あの時の久々に聴くロータリーサウンドは忘れられない。

 タイプSは6ポートのロータリーエンジンを搭載していて、ターボは付いていない自然吸気で9000回転まで気持ちよく回る。パワーは250ps/8500rpmと高回転型。トルクは22.0kgm/5500rpmで車重は1350kg。

 個性的なのは4ドアのリアドアが観音開きと呼ばれる前から後ろに開くモデル。しかも、Bピラーが後ドアに内蔵されているので、前後ドアを開けると大きな開口部が現われること。

 また、後ドアは前ドアを開いてからでないと開閉ができない構造になっている。ロータリーエンジンは、まるで電気モーターのように低回転から高回転までよく回り振動感がない。しかもコンパクトで低重心なのでコーナリングも良い。だから低くスタイリッシュなフロントデザインが可能になるのだ。

 ハンドリングはとにかくスムーズで200psオーバーのじゃじゃ馬感はなく、大人のハンドリングが味わえる1台だ。275万円で手に入ったあの時代が懐かしい。

三菱謹製4WDターボも300万円未満で充実の中身

ギャラン VR-4/285万5000円(1990年発売仕様)/全長×全幅×全高:4560×1695×1440mm、車重:1410kg、エンジン:2L直4ターボDOHC、最高出力:240ps/6000rpm、最大トルク:31.0kgm/3500rpm

 最後にもう1台、軽く紹介しよう。それは三菱のギャラン VR4だ。いわゆるエボのルーツともいえるモデル。

 2.0L直4ターボは最終的に240psまでパワーが上げられた。パワーもさることながら、FFベースの4WDでフロントがとてもヘビー。なのにその重さを感じさせない4WDのハンドリングは素晴らしく、WRCのグループAでも活躍した。

 四駆なのにどうしてこんなに良く曲がるのか? しかもFFベースなのに? と。正直、この頃のモデルだけに粗削りなところもあるハンドリングだったけれども、ドライバーがそれほど運転技術を駆使しなくても直球勝負で速く走らせることができるモデルだった。

 三菱技術陣の開発姿勢が真面目だったからだね。285万5000円と300万円ギリギリの車両価格は、この車の装備を見ればかなりのバーゲン価格であることが理解できる。

◆  ◆  ◆

 「国民生活基礎調査」によると、初代シビックタイプRが発売された1997年に657.7万円だった世帯当たりの平均所得は、最新の2016年時点で560.2万円とむしろ下がっている。

 所得が上がらない一方、車の値段は上がり続けているとなれば、販売台数の低下は避けられず、市場の価値が下がり、魅力的なモデルも投入されなくなり……と、負のスパイラルが進むことになる。

 たしかに、車の走行性能や安全性能は格段に進歩しているし、それに伴って価格を上げざるを得ない事情もわかる。ただ、国産メーカーの力をもってすれば、安価で楽しい車を生み出すことは不可能ではないはず。ここで紹介した車が、国産メーカーの高い技術力と創意工夫の力を示す何よりの証拠なのだから。

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ