【カローラ、アンフィニ…】 果敢に挑んだ日本の5ドアハッチバック5選


 メルセデスベンツとBMW、そしてアウディのドイツ御三家は、セダンをベースにした軽快なクーペルックの5ドアハッチバックを開発し、日本のマーケットでも好評を博している。

 ルーフからリアエンドにかけてのなだらかなラインのファストバックスタイルがスポーティでもありエレガントでもある。

 メルセデスの人気者はAMG GT4ドアだ。BMWはグランツーリスモ、アウディはスポーツバックと名付けた5ドアハッチバックを送り出し、ユーザー層を大きく広げている。

 だが、この手の4ドアセダンベースの5ドアハッチバックは日本ではなかなか根付かなかった。

 20世紀、日本の自動車メーカーはヨーロッパに先駆けて5ドアハッチバックを開発し、発売している。だが、ことごとく不発に終わったから、「5ドアハッチバックは売れない」、という妙なジンクスがついたのだ。

 このジンクスをプリウスが破ったが、それまでのモデルはちょっと早すぎたためか、販売は低迷したのである。

 その悲運の5ドアハッチバックに焦点を当ててみた。

※編集部註:ここで登場させる5ドアハッチバックは、2BOX系の5ドアハッチバックではなく、4ドアセダンベースのものに限定。例えばかつてのシビックは、セダンと5ドアハッチバックを設定していましたが、両モデルは別ボディが与えられているため、本企画の対象外。また、初代ヴィッツは同じプラットフォームを使ったセダンのプラッツがありましたが、こちらも別ボディということで対象外となります。これらを前提に読み進めください

文:片岡英明/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、MITSUBISHI


トヨタカローラ5ドア(5代目)

販売期間:1983〜1987年

 カローラは3代目と4代目で、「リフトバック」と命名されたスタイリッシュな3ドアのハッチバックを設定した。

 伸びやかなフォルムでクーペより利便性も優れているからファミリー層も興味を示したが、1983年春に登場した5代目のAE80系カローラでは、FR系の3ドアモデルはハッチバッククーペ/ノッチバッククーペに生まれ変わった。

 セダン系はFF方式に転換したが、これにはリアゲートを大きく傾斜させた5ドアのハッチバックが用意され、こちらはリフトバックではなく4ドアセダンに対し5ドアとなった。ちなみに兄弟車のスプリンターにも5ドアが設定された。

 FF化によってキャビンは広くなり、リアシートも分割可倒式だからラゲッジルームの使い勝手もいい。セダンベースの5ドアだから快適性も高かった。

 エンジンは1.5Lの直列4気筒をボトムに、1.6Lと1.8Lのディーゼルも設定していた。

80系カローラのFFの4ドアセダンをベースにファストバック化することで使い勝手を大きく向上。ただちょっとリアが重い感じでモッサリした印象だった

 バランスのとれた上質なファミリーカーだったが、セダンほどの知名度がなかったこともあり、販売は今一歩にとどまった。そのため1代限りで消滅し、5ドアは2BOXのカローラFXに絞り込まれた。

 だが、87年に登場したAE90系スプリンターにはセダンをベースにした「シエロ」が設定されていた。リアに短いノッチをつけ、スポイラーを装備するなどスタイリッシュだったが、時代が早すぎたのか、販売は伸び悩んだ。

 これに懲りたのか、7代目では5ドアハッチバックを切り捨てて4ドアハードトップのマリノを送り出している。ワゴンよりもスタイリッシュで狙いはよかったが、ちょっと色気が足りなかったか!?

日産スカイライン5ドア(R30系)

販売期間:1981〜1985年

 スカイラインの6代目は「ニュー愛のスカイライン」をキャッチフレーズに掲げ、1981年8月にデビューした。

 ウエッジシェイプのエクステリアは、このR30系スカイラインから直列6気筒SOHCエンジンを積む2000GT系と4気筒エンジンを積むTI系が同じボディを使うようになっている。

 R30系スカイラインの特徴は、4ドアセダンと2ドアハードトップに加え、時代を先取りした機動力の高い5ドアハッチバックを設定したことだ。セダンのルーフを少し延ばしてファストバックとし、リアゲートを追加した。

リアビューが秀逸なスカイライン5ドアハッチバック。セダン、クーペ、ワゴンに続き4タイプ目のボディとしてラインアップされたが販売面では苦戦した

 歴代のスカイラインのなかでは力作で、エンジンは1.8LのZ18E型直列4気筒から2LのL20ET型ターボまでを揃えている。

 広くて使い勝手のいいラゲッジルームを実現するために、日本で初めてスペアタイヤをテンパータイヤにしたことも注目ポイントだ。

 5ドアハッチバックは時代を先取りした傑作だった。が、スカイラインにはワゴンの「エステート」もあったため、販売は低迷。1代限りで姿を消してしまうのである。現存するスカイライン5ドアハッチバックは少数だ。

次ページは : ホンダクイント