こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】お金かけすぎ!? カルマン社の電動ハードトップが魅力のマイクラC+Cの破壊力

こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】お金かけすぎ!? カルマン社の電動ハードトップが魅力のマイクラC+Cの破壊力

 これまで日本にはたくさんのクルマが生まれては消えていった。そのなかには、「珍車」などと呼ばれ、現代でも面白おかしく語られているモデルもある。しかし、それらのクルマが試金石となったことで、数々の名車が生まれたと言っても過言ではない。

 当連載では、これら「珍車」と呼ばれた伝説のクルマや技術などをピックアップし、その特徴を解説しつつ、日本の自動車文化を豊かにしてくれたことへの感謝と「愛」を語っていく。今回は、 幸せを運ぶオープンカー? 日産マイクラC+Cを取り上げる。

文/フォッケウルフ、写真/日産

【画像ギャラリー】欧州車の雰囲気を味わえた日産車、マイクラC+Cの写真をもっと見る!(14枚)画像ギャラリー

■愛らしくも小粋なスタイルをまとったオープンカー

 1982年に登場し、およそ40年にわたって日本のコンパクトカーカテゴリーを牽引してきたマーチは、2022年にひっそりとその歴史の幕を閉じた。マーチといえば、初代から4代目までいずれも丸みとシャープさを調和させた愛らしいスタイルが特徴の「ユーザーフレンドリーを追求したおしゃれなコンパクトカー」として好評を博してきた。

 そんなマーチには、派生車が数多く存在する。ターボエンジンを搭載したマーチターボや、NISMO、ボレロをはじめ、Be-1、パオ、フィガロという3台のパイクカーもマーチをベースに開発されている。

 そして今回クローズアップする「マイクラC+C」も、マーチの欧州仕様であるマイクラをベースに作られたオープンモデルであり、これもマーチが生み出した派生車の1台である。

 どこか欧州車的な雰囲気が漂うスタイルは、車高を低く構え、キャビンからリアへ流れるラインでエレガントスポーティを表現。

 バンパー&グリル、テールパイプフィニッシャー、サイドシルプロテクター、ボディ下部にはカルマンロゴを採用するなど、マーチの個性であるフレンドリーな魅力はそのままに、上質感に溢れたスタイルとしていたことも印象的だった。

2002年に発売された3代目マーチの派生モデルとして、2007年に日本導入された「マイクラC+C」
2002年に発売された3代目マーチの派生モデルとして、2007年に日本導入された「マイクラC+C」

 インテリアも外観で表現した上質かつモダンな雰囲気とオープンモデルらしいスポーティさを両立している。

次ページは : ■ソフトトップではなく高価なガラスルーフを採用

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!