【新しい希望ナンバーの登場!?】目撃多数!! アルファベット入りのナンバー導入の切実な事情

 画一的だった日本車のナンバープレートがここ数年、いろいろ新しいタイプが出てきている。種類が増えたのはご当地ナンバーがものすごい勢いで増殖していることにあるが、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックの図柄入り特別仕様ナンバーも登場。

 2018年からは常時取得することができる地方版図柄入りナンバーも登場していて、無個性だったナンバープレートに個性が与えられている。

 そんななか2018年1月からアルファベット入りのナンバープレートが取得できるようになったという。どういうシステムになっているのかを解説。

文:永田恵一/写真:国土交通省、ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部


分類番号に異変あり

希望ナンバーではない一般ナンバーの場合、数字が払底するにはまだまだ時間的余裕があるので、アルファベット入りのナンバーが登場するのはかなり先となる

 アルファベットの入ったナンバープレートを見て、何か特別なナンバー? と気になっている人も多いかもしれない。

 ナンバープレートには登録された運輸支局などを表す文字、自動車の種別を表す分類番号、ひらがな、『・・・1』から『99-99』までの一連指定番号で構成されている。 

 ひらがなは『お』、『し』、『へ』、『ん』、一連指定番号は末尾が『42(死に)』、『49(死苦)』などの縁起が悪いと思われる数字は欠番となっている(希望ナンバーなら取得可能)。

 分類番号は3ケタのアラビア数字と規定されていたが、2018年1月から末尾2ケタにアルファベットを導入すると改正された。

抽選対象希望ナンバーは各運輸支局で違い、登録台数も違うためアルファベット化の進み具合は千差万別。数字が払底するまでアルファベットは使わない
軽自動車は2019年1月から分類番号にアルファベットの使用が許可された。普通車のナンバーとは2ケタ目に使えるアルファベットが少ない点が違う

なぜアルファベットを導入するのか? 

 それは、自分の好きなナンバーが取得できる希望ナンバー制により、人気が集中している数字のナンバーを使い果たしてしまい、新たなナンバーを発行できなくなったから。

 希望ナンバーは一連指定番号を自由に選べ、一般希望番号と抽選対象希望番号の2種類がある。抽選対象希望番号は1、7、8、88、333、555、777、888、1111、2020、3333、5555、7777、8888が全国共通で、支局ごとに独自の数字が追加されている。

 ナンバープレートは電話番号などと違い、一度使用したものを再使用することはないため、希望ナンバーによる人気数字が払底することに対しアルファベットで対策したのだ。

アルファベットの導入で数字の払底問題を解消

 数字の払底問題に対し、現在のひらがな部分にアルファベットやカタカナを加える、一連指定番号を4ケタから5ケタに増やすなどの対策案が検討されてきたという。

分類番号にアルファベットが使われたナンバーは練馬ナンバーが最初だったが、品川、名古屋ナンバーのアルファベット化が凄いペースで進行中

 現在Nシステムをはじめ、カメラによりナンバープレートを読み込んで車両を認識するシステムが増えていることもあり、大掛かりな変更はコストもかかるし混乱も大きいということで、最も既存のシステムへの影響が少ない分類番号へのアルファベットの導入が採択されたといいうわけだ。

 数字の払底問題が起こるたびに分類番号は1ケタ→2ケタ→3ケタと増やされてきた歴史があるように最も手軽な手法と言える。

1951年に分類番号が設けられた。当時はクルマの登録台数も多くなかったので分類番号は1ケタで大丈夫だった。千葉を示す千は1968年以前の登録
5ナンバー車両が増大して数字が払底する可能性が出てきたので、1967年9月から2ケタの分類番号が使えるようになった。当時2000GTは1ケタと2ケタが混在

 ナンバープレートは視認性が重要なので、数字と誤認しやすいB(8)、I(1)などのアルファベットを除外し、最終的にA、C、F、H、K、L、M、P、X、Yの10文字が使用される。

 3ナンバー車の場合は30Aから始まり、30B………、30Yという形で昇順で使用し、2ケタ目の数字が払底したら3A0、3A1……となり、最終的には3YYまで続く。

 同じ富士山ナンバーを例外的に使用する静岡県、山梨県をはじめアルファベットの使い方が特殊な場所や使用されないものなどもあるが、基本的な考え方はこのとおり。

 導入されて1年強だが、すでに30Fを見たという目撃情報もあり、抽選ナンバー人気の高さがうかがえ、今後も加速度的に進行していくと思われる。

 国交省によると、分類番号にアルファベットが入ったナンバーで初めて交付されたのは練馬ナンバーで、2番目が横浜だったという。

 目撃情報などをまとめると現在では品川、名古屋、岐阜、大阪、神戸、岡山、福岡などの地域でもアルファベット入りナンバープレートが発行されている。編集部では多摩ナンバーの目撃情報もあり続々と増えている。

 希望ナンバーで好きなナンバーが取得できるのは一連指定番号のみで、分類番号は選ぶことができない。アルファベット導入後もこの点は変わらない(2019年8月現在)。また、アルファベットが使われるのは数字が払底した場合のみとなっている。

 どうしてもアルファベット入りナンバーが欲しい、という場合は、自分の希望するナンバーが払底しているのかを確認する必要がある。

以前からアルファベット入りナンバープレートはある

 分類番号にアルファベットが導入されたのは2018年1月からとまだ新しいが、本来はナンバープレートのひらがなが書かれているところにアルファベットが書かれているナンバーは昔から存在した。

 これは日本に駐留している米軍のクルマのナンバーで使われている。

2005年以降は基地の外に居住して登録したクルマも車庫証明の取得などの条件を満たせばYナンバーが適用されるようになったため、基地のない品川登録のYナンバーも存在

【アルファベットの入ったナンバーの概要】
・『A』、『B』:日本で購入した米軍人の軽自動車の個人車両
・『E』、『H』、『K』、『M』:米軍所有の業務外車両
・『T』:本国から持ち込んだ米軍人の個人車両
・『Y』:日本で購入した米軍人の軽自動車以外の個人車両

 上記のように分類されているので、基地に近い地域に住んでいる人は頻繁に目にすることはあるかもしれないが、そうでない人にとってはかなりビックリのナンバーだろう。

 そのほかでは2輪車でもアルファベット入りのナンバープレートが存在する。

 125ccを超える2輪車のナンバーには分類番号が入っていない。そのため、ひらがなを使い果たした時点で新たなナンバープレートを発行することができなくなる。

 東京の足立ナンバーでその危険性が高くなったため、2000年10月からはひらがなを使い果たした地域は運輸支局などを示す地名の後ろにアルファベットのC、L、Vを入れることになったのだ。

 『足立C』、『練馬C』、『品川C』、『横浜C』などを目にしたことがある人もいると思う。

★    ★    ★

 アルファベット入りのナンバープレートは3タイプが存在するが、最も新しいのが分類番号に入るタイプ。抽選対象の希望ナンバーでも数字が払底しなければ従来どおりのナンバーで、好きなアルファベットを選べるわけではない。

 賛否両論あるだろうが、少なくとも分類番号にアルファベットが入ることでイメージはかなり違うし、アルファベットが末尾1ケタよりもAX、LM、XXなど末尾2ケタになった時のほうがインパクトは強そうな感じ。

 その時には人気の組み合わせが出てくるかも。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ