【急増中!! いつの時代もオシャレの最前線】個性的なツートンのクルマたち

 同じクルマでもボディカラーが変われば印象も変わる。ボディカラーは個性を主張する重要なアイテムだ。日本人は無難なホワイト、シルバー系の人気が高いが、最近では個性的なボディカラーを設定するクルマも少なくない。

 個性を主張するといえば昔からツートンカラーは定番だ。

 現在ではルーフをボディと別の色に仕立てる手法が流行っているが、これまでにいろいろなタイプの個性的なツートンカラーが存在してきた。

 本企画では個性的なツートンカラーのクルマを集めてみた。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、DAIHASTU、SUZUKI、PEUGEOT、BUGATTI、SMART


ブガッティヴェイロンの衝撃

 1990年代までツートンカラーはクルマの上部と下部を塗り分け、個性と高級感を際立てるという狙いのものがほとんどだった。

 2000年代に入ると8L、W16クワッド(4つ!)ターボを搭載し、最高速400km/h以上のパフォーマンスを持ち、価格は1億5000万円超えのハイパーカーであるブガッティヴェイロンが450台という超少量生産ということもあり何種類かの塗り分けを持つツートンカラーも設定し、大きな衝撃を与えた。

1001psのスペックには度肝を抜かれたが、何にも似てなくて衝撃的なツートンカラーを纏ったデザインでも世界に衝撃を与えたブガッティヴェイロン

日本車を代表するツートンカラー

 昔の若者を熱狂させたツートンカラーといえば、2代目フェアレディZ(S130)に設定されたマンハッタンカラーと呼ばれたツートンカラーで、Tバールーフとの組み合わせは当時最強で憧れの対象だった。

 もう1台は今でも熱狂的なファンが多く存在するAE86のツートンカラー。白黒のツートンはパンダカラーとも呼ばれ大人気。そのいっぽうで、赤黒ツートンも一定の人気を誇っていた。

2代目フェアレディZ(S130)に設定されて大人気となったマンハッタンカラー。Tバールーフとの組み合わせに憧れた若者は数知れず
白黒ツートンといえばAE86レビン/トレノ(写真はレビン)。『頭文字D』のトレノの影響は大きく、今でも一番人気。デビュー当時は赤黒も人気だった

発想が凄い無双ツートンカラー

 見るものをアッと驚かせたのが現行308GTi(カタログモデル)のクープフランシュ/アルティメットレッドとクープフランシュ/ダークブルーである。208GTiには30周年記念モデルとして クープフランシュ/アルティメットレッド が設定されていて、サテンホワイトと合わせて50台限定で販売されていた。

 クープフランシュというのは黒の意味で、ボディ後半が黒、ボディ前半は前者が赤、後者は青というもの。カラーサンプルかと思うほど塗り分けられる面積は大きく、「よくぞ設定したものだ!」というフランス車らしいアヴァンギャルドさ満点のツートンカラーである。 

カラーサンプル車か修理中のクルマと見間違うあり得ない感が強烈。クープフランシュは308GTiについてはカタログモデルだから購入できる(473万円)

 なお当時このツートンカラーのオプション価格は30万円で、手間やそう台数が出ないことも考えれば高くないともいえる。残念ながら208GTiは完売し、買えるのは308GTiのみだ。

 数の多いクルマではないのでオーナーには末永く大切に乗ってほしいところだ。

 かつてフォードフェスティバGT-Aという赤ボディに白顔のモデルもあったなぁ。

けっこう大胆なツートンカラー

 クープフランシュほどではないにせよ、結構大胆なツートンカラーというのもある。

 まずミラココア(現在はミラトコットがミラココアの役割を引き継いでいる)はベルトラインから上をホワイトやブラックとしたツートンカラーを設定し女性から支持を集めた。

ムーヴコンテといえばかわいいパステル調のボディカラーのイメージが強いがこんなシックな色使いの大胆ツートンカラーをラインナップしていた

 最近ではフェアレディZの50周年記念車に注目だ。

 フェアレディZの50周年記念車のツートンカラーは①ボンネットやバックドアも含めたボディ上部とドアに付く2本のラインがブラック、そのほかの部分がシルバー、②ボンネット、ピラー、バックドア、ドアに付く2本ラインがレッド、そのほかの部分がホワイトという2つが設定される。

2020年3月までの期間限定で販売される50周年記念車。おススメはホワイト×レッドで、これにはZの柳田氏もビックリ! 価格は466万6680円(消費税8%時)

 昔のレーシングマシンのカラーリングをオマージュして現代風にアレンジという点でカッコいい悪いは別として意欲的な『作品』に仕上げられている。

 個性的といえばジューク。スタイルの好みが大きくわかれる点はともかくとして、スタイルを楽しむ面もあるスペシャリティなSUVだけに、ツートンも強烈なインパクト。

 ボンネットやルーフがグレー、そのほかの部分がオレンジ、ボンネットとルーフがシルバー、そのほかの部分がブルーとなるツートンカラーが設定される。

個性的なデザインが魅力のジュークはボディカラーにも遊び心がある。インパクト抜群のツートンカラーの販売比率は両カラー合計で約3%(2019年7月の販売データ)

 またジュークにはドアミラーやヘッドライト周り、インテリアのパネルなどをイエローやレッドなどのアクセントカラーにできるパーソナライゼーションと呼ばれる仕様も設定されており、こちらでも人とは違った雰囲気を楽しめる。

 本項の最後は現行スマートフォーツーとフォーフォーだ。この2台はピラー、ルーフ、リアフェンダー、サイドシルとそれ以外の部分を塗り分けたツートンカラーをラインナップしており、未だに新鮮さを感じるスマートにはよくマッチしている。

 またフォーツー、フォーフォーともにツートンカラーのオプション価格が税込3万5000円と非常に安いのも大きな魅力だ。

スマートは旧型時代からボディカラーにこだわりを持っていて原稿モデルでも踏襲。見ているだけで楽し気で元気を感じるツートンが素晴らしい

スズキの独創性が凄い

 独創的なツートンカラーを時おり出すのがスズキである。

 1台目は現在ハスラーに設定されるタフワイルドだ。

 ハスラータフワイルドはAピラー、ルーフ、リヤクォーターパネルをブラックに塗るという今までなかったツートンカラーで、発売初期は特にツートンカラーをアピールしたハスラーらしい発展ともいえる。

日本車でツートンカラーの代表選手であるハスラーに2018年7月に設定された特別仕様車のタフワイルドはリアのブラック部分の配置具合が斬新

「なんでここだけ違う色?」のボスキャラが現行のアルトの初期モデルに設定された、バックドアだけがグレーとなるツートンカラーである。

 このツートンカラーはアヴァンギャルドな以前に街で見ると「このクルマ、バックドアを壊したからとりあえず未塗装のものを付けたのか?」と感じることが多い、ちょっと恥ずかしい想いをするものであった。

 魅力的に映った人は少なかったようで、現在は残念ながらラインナップ落ちしてしまった。

2014年12月にデビューした現行アルトにはハッチゲートがグレーのモデルがラインナップされていたが評判はイマイチ。しかしこのチャレンジ精神がスズキのクルマをオモシロくする

初登場時は斬新だったが、今は見慣れた安定感

クロカンブームで大人気だった2代目パジェロに設定されていた3ウェイツートンはボディ色で移植部分をサンドイッチしているのが斬新だった

 このジャンルに属するのが、一世を風靡しながら残念ながら日本向けは間もなく生産が終了するパジェロの3ウェイツートンだ。

 2代目パジェロで登場した3ウェイツートンはサンドイッチ型という斬新発想でバリエーションもいくつかあり、パジェロの高級感を際立てていたのものだ。

 3代目モデルでは設定されなかったが、現行型となる4代目で復活。現在は(在庫があればというのが正解なのだろうが)上下のシルバーが中間のグレーを挟むというものが残っており、懐かしさとパジェロらしさを感じさせる。

ファイナルエディションではスターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリックのみの設定で、販売比率は18%(2019年度累計)

ツートンカラーの人気はどんなもの?

 ルーフをボディカラーと違う色にする初代MINI発祥と思われる現代の定番ツートンカラーを採用する代表的なクルマ、トヨタC-HR、ホンダN-BOX、三菱eKクロス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキハスラーの4車種について販売動向を探ってみた。

C-HRはカタログモデルとして8パターンのツートンカラーを設定するほか特別仕様車にも設定するなど積極的。一番人気は写真のブラック×ホワイトパールクリスタルシャインで販売比率は8%、ブラック×センシュアルレッドマイカが5%で続く。ツートンカラーの販売比率は合計で20%に届かず残念
N-BOXはカタログモデルとして標準、カスタムにそれぞれ3パターンのツートンカラーを設定。前年ながら人気カラーのベスト3にツートンは入っていないが、標準、カスタム合わせて販売比率は10%(2019年7月の販売データ)。ツートンがもっと売れてもいい1台だ。写真はカスタムのミラノレッド&ブラック
eKクロスはカタログモデルとして5パターンのツートンカラーを設定。一番人気は写真のナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリックで販売比率は10%。レッドメタリック×ブラックマイカ、サンドイエローメタリック×ホワイトソリッドが5%で続く。ツートンカラー全体の販売比率は35%とかなり健闘(2019年度累計)
ムーヴキャンバスはカタログモデルとして7パターンのツートンカラーを設定。そのほか特別仕様車にも設定するなどこだわりが強い。人気カラーは1位がハ゜ールホワイトⅢ×ナチュラルヘ゛ーシ゛ュマイカメタリック、2位がハ゜ールホワイトⅢ×ファインミントメタリック、3位がハ゜ールホワイトⅢ×スムースク゛レーマイカメタリックと続く(販売比率は非公開)
ハスラーはカタログモデルとしてシリーズで合計9パターンのツートンカラーを設定。そのほか特別仕様車もあるなどさすがは国産ツートンの代表選手だけある。ツートンで一番人気はフェニックスレッドパールブラックツートーンルーフでこれはハスラーシリーズ全体の2位。ツートンカラーの販売比率は約40%とかなり高い(2018年度販売データ)

★    ★    ★

 このように日本車も複雑なツートンカラーが充実しつつある。ツートンカラーは生産に手間が掛かるのもあり、設定するのは大きな決断を必要とするだけに設定しているモデルには大きな拍手を送りたい。

 現状ではツートンの販売比率は高くない。同時にせっかく設定したツートンカラーがカタログ落ちしないように、ユーザーも積極的に選び、お金はかかるにせよ「お値段以上に気分が明るくなる潤いのあるカーライフ」が送れるはずだ。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ