大人気アルファードを賢く買うにはどうすればいい? 最大価格差400万円!!


 高級Lクラスミニバンのトヨタアルファード/ヴェルファイアが欲しい!! と思っている人は多いはず。

 しかし、いざ購入しようとすると、何を買うのがいいのか本当に迷う。ガソリンモデル、ハイブリッド、エアロと標準のボディタイプ、シートなどなどその組み合わせはかなりの数になり悩むのも当然だ。

 そこで本企画では、アルファードに絞り、一番買い得感の高いグレードを渡辺陽一郎氏が考察し、ベストバイモデルをレクチャーする。これで悩み一発解消だ!!

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、ベストカー編集部


高額だが大人気のアルファード/ヴェルファイア

【画像ギャラリー】圧倒的人気のアルファード

 3列シートのミニバンは、人気のカテゴリーといわれるが、以前に比べると売れ行きが下がっている。全高が1700mmを下まわるスライドドアを装着しない背の低いミニバンは、ジェイドを除くと生産を終えた。

アルファード(右)とヴェルファイア(左)はともに存在感抜群だが、押し出し感、高級感ともアルファードのほうがあり人気も高い

 ミニバンも普及開始から20年以上を経過して、広い車内を積極的に求めるユーザーしか買わなくなった。その結果、以前に比べると売れ行きや車種数が減ったわけだ。

 その中で注目されるのが、Lサイズミニバンのアルファード&ヴェルファイアになる。豪華で広い室内が特徴だ。

 両車は基本部分を共通化した姉妹車で、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツトヨタ店が扱う(東京地区は全店が両車を売る)。

広くて豪華なインテリアがアルファードの人気の要因でもある。写真はマイチェンで追加されたエグゼクティブラウンジで、アルファードのトップグレード

 販売は好調で、この2車種の登録台数を合計すると、コンパクトカーのアクアに近い数字になる。高価格車を売りにくい今、アルファード&ヴェルファイアは貴重な存在だ。

 そこでアルファードの購入を考えると、パワーユニット、ボディタイプが複数あるのでグレード選びが難しい。ここではアルファードの一番お買い得なグレードについて考察していく。

2種類のエンジンは価格差が大

 まずエンジンは、直列4気筒2.5L、直列4気筒2.5Lハイブリッド、V型6気筒3.5Lがある。外装は標準ボディとエアロパーツを備えた仕様に分けられる。さらに2列目シートにも複数のタイプがあるから難解だ。

 そこでそれぞれの割安感を見ていきたい。いきなりグレードを絞ろうとしても、種類が多すぎて決められない。順を追って条件を絞り込む。

2017年のマイチェンではエクステリアの変更だけでなく3.5L、V6エンジンを換装し、8ATが組み合わされて走りの質感は大幅に高くなった

 ベーシックな直列4気筒2.5Lノーマルエンジンの価格を基準にすると、装備の違いを補正して、V型6気筒3.5Lは約50万円高い。発売当初は約40万円高かったが、マイナーチェンジで実質10万円値上げされた。

 その理由はエンジンを従来の2GR-FE型から、レクサスGSなどに搭載される2GR-FKS型に変更したからだ。動力性能の数値も高まったが、それ以上に運転感覚の違いが大きい。

 ノイズは小さく回転感覚も滑らかになり、吹き上がりも向上した。ミニバンに高性能は不要といわれるが、逆にいえばエンジンの変更で、退屈だった走りが楽しくなることもある。アルファードの3.5Lはまさにそのパターンだ。

 開発者によると「V6、3.5Lエンジンは、価格が高く、販売比率は少ない。ただし最上級のエグゼクティブラウンジを購入するお客様は、V6、3.5Lを選ぶことが多い」という。豪華な内装に相応しいエンジンになるからだ。

アルファードは標準ボディとエアロボディの2タイプを設定。こちらは標準ボディで、グリルを囲むメッキモールが強調されている
こちらはエアロボディで、メッキモールがグリルをここっていない代わりに両サイドに伸びてワイド感が強調されている。ステップも専用品だ

次ページは : ハイブリッドで価格差を回収するには10万km程度必要

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ