ハスラー・eKワゴン…軽クロスオーバーの真実 どの車が本物のSUVに近い?


2位ダイハツキャストアクティバ/SUV度指数:83点

価格帯:122万5800~171万1800円。2WD/4WD。最低地上高は2WD、4WDともに180mm

 2位はキャストアクティバだ。ハスラーの登場から2年近くを経過して発売されたから、後追い的な印象はあるが、最低地上高を180mmに設定して4WDにはハスラーと同様のグリップサポート制御やダウンヒルアシストコントロール制御が備わる。

 キャストアクティバのサスペンションとタイヤは、既存の車種の流用ではなく専用に開発され、走行安定性と乗り心地のバランスも高めた。

 ただし荷室や収納設備などの機能は、ハスラーに比べるとSUV感覚が乏しい。平凡な軽自動車の機能にとどまる。そこでSUV度指数は83点にした。

これといってSUVらしさを感じないキャストアクティバのコクピット
シート表皮はボーダー柄のフルファブリックを採用。サイドサポートの部分が光沢感のあるシルバー

3位スズキスペーシアギア/SUV度指数:83点

価格帯:161万4600~181万3320円。2WD/4WD。最低地上高は150mm

 3位はスペーシアギアだ。最低地上高は150mmで、ノーマルタイプのスペーシアと同じだ。ハスラーと違って拡大されていない。サスペンションのセッティングにも変更はない。

 4WDの付加的な機能もなく、ハスラーのようなグリップコントロールなどは採用されない。つまり走りの機能にSUVの特徴は見られない。

 その代わり外観はSUVらしさが濃厚だ。ボディサイドのプロテクター風の装飾など、デザインの演出が巧みで、最低地上高に変化はないが車高が持ち上がったように見える。

ツールボックスをイメージしたインパネアッパーボックスなど、道具類に囲まれたガレージのような空間が、大人の遊び心を刺激
アクティブなオレンジステッチが印象的なシートは、全席撥水加工仕様。川遊びやマリンスポーツ、スノーボードの時など、水に濡れてもサッと拭き取れる

 内装は水を弾くシート生地が採用され、荷室には汚れ防止の加工を施した。オプションも充実しており、車中泊に適したリラックスクッション、ボディに結び付けて日陰を作るカータープなどが用意される。

 走破力を向上させる工夫がないのは残念だが、楽しく遊べるクルマに仕上げた。SUV度指数は80点だ。

後席を倒せばフルフラットになるラゲッジルーム。アウトドア道具をいっぱい積める

次ページは : 4位ダイハツウエイク/SUV度指数:75点

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ