【「おせっかい」か「おもてなし」か】先進快適装備の要不要


 クルマのサイトやカタログを見ている時、「こんな装備、ほんとにいるの? おせっかいだなあ」と思ったことはありませんか? 

 そのいっぽうで、「この装備いいよね、ほんとにありがたい」と思わず嬉しくなる、おもてなしの装備ってありますよね。

 近頃、安全装備が普及するにしたがって、こうした「おせっかいな」な装備、「おもてなし」の装備が増えてきています。

 そこで、「おせっかい」な装備、「おもてなし」の装備はどんなものがあるのか、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が独断と偏見でピックアップしてみました。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】おせっかいな装備、おもてなしの装備一覧公開!


レーンキーピングアシストは「おもてなし」か?「おせっかい」か?

スバルのアイサイト・ツーリングアシストに備わっている機能、アクティブレーンキープは高速道路など自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで道路の白線を認識。操舵制御することで、車線中央の維持や車線逸脱の抑制を行う運転支援システム。車両が車線を逸脱しそうになると、システムが車線逸脱回避方向にハンドル操作をアシストし、安全運転を支援する

 数ある自動車の安全・快適・便利な装備をみなさんは実際にどれだけ利用しているだろうか。アナログ人間や面倒くさがりの人は、そんな装備があるのを知らなかった、あるいは装備があるのは知っていても使わないという人もいることだろう。

 安全装備については、筆者のようなうっかり者には「おもてなし」に、注意を常に怠らないしっかり者にとっては「おせっかい」となってしまう。快適装備の善し悪しはさらに感覚的だから、人によって基準は変わってくるので、おそらく個人差の領域に踏み込んでしまう。

 これを承知のうえで、その装備は、「おせっかい」な装備なのか、それとも「おもてなし」の装備なのか、あえて断じてみることにした。

 まずは「おせっかい」なのか、「おもてなし」なのか判断に迷ったLKA(レーンキーピングアシスト)から紹介していきたい。

 運転している車両が車線をはみ出すと、警報音が鳴ったりステアリングが「ビビッ」と振動するといった、車線逸脱警告/抑制機能(レーンキーピングアシスト:LKA)と呼ばれる装備は、およそ「おせっかい」に近いように思う。

 めったに遭うことがないこともあって余計に気に障るのだろうが、煩わしく感じる方も多いかもしれず、むしろイライラを誘うこともあるはず。議論の余地はさまざまあるに違いない。

 LKAは正確にはレーダーやカメラを用いた、高速走行時の先行車追従機能などを備えるオートクルーズコントロール機能などと組み合わされている(輸入車では個別に設定できる場合もある)。

 車線逸脱の警告機能として、トヨタのレーンディパーチャーアラートなどとメーカーによって呼び名は変わってもあくまで警告なので、ドライバーの不注意を指摘する“お仕置き感”が先行してしまい、「おもてなし」とは言いにくい。

 むしろ、ステアリングの振動などよりも、機械の方が気を利かしてステアリングを操作するような感覚があるレーントレーシングアシスト(LTA)のほうが「おもてなし」に近い。

 ただし、自動的にステアリングを操作するアシスト機能のセッティングに関しては、メーカーごとに差があることは多少ひっかかる。

 たとえば、首都高速上などでコーナーの曲率が高めの場合に自動的なステアリングの切り方に不自然さを覚えることが多く、車線が捕捉し切れずに途中で“ギブアップ”してしまうケースもあって、精度をもう少し上げてほしい。

 いずれにせよ、安全技術としての「LKA」は性能レベルとしては、高度な「おもてなし」の域に達しており、人に安心感をもたらす装備として評価できるのだが……。LKAについて、みなさんは、「おせっかい」、それとも「おもてなし」、どう感じますか?

おせっかいな装備1/無駄な動きに思えてしまう「リバース連動ミラー」

左が通常時、右が下向きになるリバース連動ミラー作動時

 Rに入れてバックをしようとすると、サイドミラーが下向きになるリバース(バック)連動ドアミラー。筆者は広報車を借りて、これがついているのを知らずにバックした時、「勝手に下向きにするな!」と叫んでしまうことがしばしばある。

 バックギアとの連動を解除したり、角度を調整できるものもあるが、作動時に下向きに角度が変更されるのは正直煩わしく、車両後方の周囲を確認するための視野をむしろ狭めてしまい、気を遣う度合いが増えているように感じる。

 コインパーキングなどバックで入れる際、車輪のロック機構が通常のサイドミラーの位置では確認できない場合、サイドミラーの位置を下向きにすることがあるが、そんな時以外はリバース連動ミラーは「おせっかい」に感じる。

 サイドミラーを下向きにしたい場合はミラー角度調整スイッチを使って、自分で調整する、というやり方で充分じゃないだろうか。

おせっかいな装備2/精神的余裕が必要な「パーキングアシスト」

セレナやエクストレイルが採用しているインテリジェントパーキングアシストはステアリングの制御のみを自動で行っているがリーフのプロパイロットパーキングはそれに加えてアクセルとブレーキ、切り替えしの際のシフトチェンジ、さらには駐車が終わった後のパーキングブレーキまで自動でかけることができ、これらの操作はセンターコンソールにあるシフトレバーの根元付近に設けられた専用のスイッチを押すだけで指一本ですべての駐車操作を完結することができる

 せっかちな人間には「おせっかい」に思える煩わしさが抜けきれないのがこれだ。自動システムの作動に適した位置に停車しているのかなど、セッティングが合っているのか不安になるうえに、さりとて自車の周囲に注意を払わずに漫然と座っているわけにもいかない。

 かつては認識率が甘かったカーナビの音声認識が使いづらいという初期の印象を、ユーザーが引きずりがちなことと同じかもしれない。

 当然ながら、機能が向上して操作はシンプルになりつつあるが、前述の停車位置の確認や自動操作時のステアリングホイールの握り具合など、意外に手間と時間がかかる丁寧な扱いが必要なのが課題だろう。よほど駐車がヘタで、時間がかかってもいいという人以外は、おせっかいな装備の領域に入るだろう。

次ページは : おせっかいな装備3/子供のいない人は煩わしいだけの「車速連動オートドアロック」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ