【佐藤琢磨 単独インタビュー】育ててくれた日本へ感謝!「最速を目指すF1、ファンを楽しませるインディ」

【佐藤琢磨 単独インタビュー】育ててくれた日本へ感謝!「最速を目指すF1、ファンを楽しませるインディ」

 佐藤琢磨は自らが抱き続けた“夢”を実現した。夢を現実に変えた琢磨の原動力。そして、彼が夢の先に見ている“夢”は何なのだろうか。

 2017年5月28日に日本人初(アジア人としても初)のインディ500優勝という偉業を成し遂げた佐藤琢磨選手が、この6月に一時帰国し、東京都港区青山のホンダ本社にて凱旋取材会を実施。

 そこで本サイトの単独インタビューに答えてくれた。

文:ベストカーWEB編集部/写真:奥隅圭之、INDY CAR


「1位と2位でこんなに差がでるレースってないですよね?」

——改めてインディ500優勝、おめでとうございます。

佐藤琢磨選手(以下、琢磨) ありがとうございます。

——2013年にインディカーシリーズで琢磨選手が初優勝をした時、「優勝で変わったことはありますか?」という質問をしました。

 当時、琢磨選手は『メディアに取り上げていただいた量と質は、(2位を獲得した時に比べて)100倍くらい大きかった』と答えてくれましたが、今またあの時と同じ質問をさせてください。『インディ500優勝』で変わったことはありますか?

琢磨 インディカー初優勝も凄く大きなことでしたが、北米におけるインディ500の扱いは本当に凄いんだなと。特に1位と2位でこんなに(扱いに)差が出るレースってほかにないですよね? (メディアの取り上げ方も)比べものにならないほど大きかったですし……今は感謝の気持ちしかないですね。

「(賞金は復興支援に)何かの形で役立てたい」

——優勝賞金の約3億円、何に使いますか?

琢磨 全部ドライバーが貰えるわけではないんですよ(笑)。ただ、本当にこれまで僕も犠牲にしてきたモノがたくさんあるので、特に家族やチームへの恩返し、レース活動の一部に使うこともあるでしょう。

 レースを通して僕自身が夢に向かって頑張れた。そこには多くの人の支えがありました。僕は今、復興支援の活動をしていますが、(そちらでも)何かの形で役立てたいなと思っています。

——2013年に初優勝をしてから4年……琢磨選手にとってインディ500優勝の『ターニングポイント』となったのは、いつでしたか?

琢磨 今年ですね。アンドレッティ・オートスポーツに移籍したこと、これは間違いなく大きなターニングポイントだったし、アンドレッティとサインした瞬間からインディ500は意識せざるを得なかったです。

佐藤琢磨は、4年間在籍したAJフォイトを後にし、今年からアンドレッティへ移籍。<br>それがインディ500優勝へのターニングポイントとなった
佐藤琢磨は、4年間在籍したAJフォイトを後にし、今年からアンドレッティへ移籍。
それがインディ500優勝へのターニングポイントとなった

「インディカーは求めるところがF1とまったく違う」

——世界の舞台で日本人のドライバーが活躍するのは非常に難しいことだと思います。そのために必要なことは何でしょうか?

琢磨 モータースポーツはチームスポーツ。車以上に速く走ることはできないんです。

 例えば、優れたエンジニアと組んで、すばらしいセッティングが出たとしても、その通りに車を仕上げてくれるメカニックがいなければ、車は正しい動きを示さない。

 だから、チームスポーツとしてコミュニケーションを確実にとること、試行錯誤を重ねながらベストの状態を作っていく。そういうマネジメントが、(日本人の)ドライバーには求められるのではないかと思います。

——欧州のF1を経て米国のインディカーに来て感じた違いや、特有の凄さは何でしょうか?

琢磨 アメリカは求めるところが欧州とはまったく違う。

 お金をかけて素晴らしい技術で最速を目指すF1。対してインディカーは、ファンがどれだけレースを楽しんでくれるかがすべて。

 例えば、僕は1台体制のAJフォイトレーシングで、(強豪チーム相手に)優勝できた。全ドライバーが平等に戦えるチャンスがあるのは、本当に素晴らしいなと。

 インディカーのコクピットから見える世界は、F1ほどラグジュアリーな世界ではないかもしれない。

 でも、「これこそがレースだ!」みたいな。ガンガン、コース上で追い抜きができるし、イエローコースコーションが入って、誰が勝つかわからない状況って本当に楽しいんですよ!

次ページは : 今も昔も変わらないのは「レースをする楽しさ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ