ゲームで速い人は実走レースでも速いのか? 決着!! マジで速かった!!!

 eモータースポーツが盛り上がりを見せる中で、2020年7月に開催された「バーチャル・ル・マン24時間レース」には多くのトップドライバーが参戦。

 F1レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはレース中一度トップを快走し、シミュレーターの世界でも速さを証明した。

 それでは逆に、純粋にシミュレーター(=SIM)の世界で速いSIMレーサーは、実際にサーキットでクルマを走らせるとどうなのか?

 今回は2020年8月1~2日に筑波サーキットで開催されたマツダファン・エンデュランス(マツ耐)に参戦した菅原達也選手にスポットを当てて、この疑問に迫る!

文:森吉雄一/写真:Shin Saito

【画像ギャラリー】普段使いのマツダ車で参加できる! 筑波サーキットを舞台に世界的SIMレーサーが「マツ耐」を走る


■ゲームで速いやつは実車でも速い?「あるある」な疑問を検証するチャンス

ワールドツアー常連の菅原選手。国体でも2年連続で埼玉県代表を務める

 「レースゲームで速いヤツは実車に乗っても速い?」

 そういえば「格闘ゲームで強いヤツはケンカしても強い」とか「ゴルフゲームで上手い人は実際のゴルフでも上手い」なんて聞いたことがない。

 レースゲームやシミュレーター出身の「SIMレーサー」という言葉を実際のレースの世界でも聞くことが増えた。バーチャルで培ったテクニックはリアルで本当に通用するのか? それを検証できるチャンスがやってきた。

 グランツーリスモSPORTのトッププレイヤーの1人である菅原達也選手の実車デビューレースを耐久レースのチームメイトとして共に戦うことになったのである。

 2020年、菅原達也選手はグランツーリスモSPORTのFIAGTCネイションズカップシドニー5位、JeGT Round Extra Vol.1 チーム戦優勝、Vol.2 個人戦優勝と大活躍中だ。

 彼は実車でサーキット走行経験はあるもののレース参戦は初めて。世界レベルのグランツーリスモプレイヤーがどんな走りを見せてくれるのか興味津々である。

 するといきなり予選から菅原選手はその非凡な才能を見せてくれた。

 グランツーリスモをプレイする彼の走りを実際に見たことあるが、とにかくマシンに慣れるのが速い。コーナーごとに挙動を理解してそれに合わせて走り方をアジャストしていく。とにかく無駄がない。

 実車でも同じようにいとも簡単にワンアタックのみの予選でもチーム内でほぼトップタイムをマーク。これには元プロドライバーである筆者も目が点である。

 「ゲームなら1ラップだけのアタックでも走り込んだタイムの0.5秒落ちぐらいでそれなりに走れてしまいますけど、実車でワンアタックだと路面やタイヤのコンディションが一定ではないので常に全身のセンサーをビンビンにしておく必要がありますね」

 と、もうすでにクルマの走らせ方やラインではなく最も重要な「タイヤ」に意識が集中していることに驚かされた。

■玄人的感想にも納得! 見た目は若者だがレースゲーム歴17年のベテランなのだ

いきなり実車も乗りこなす。根本的なクルマの動かし方やライン取りはバーチャルもリアルもほぼ同じだという

 「ゲームと一番違う部分はやっぱり「タイヤ」。同じタイヤでも(路面)温度によってヨレ方も違ってくるし、同じ時間帯でも1周目と2周目で変わってくる。走り始めて全然まだクルマに慣れてない状況の方がタイヤのコンディションが良くて意外とタイム良かったり……」。

 コメントが昨日今日サーキットを走る人間とは違う。そういえばそうだ。見た目こそ23歳の若者だが、彼は6歳の頃からレースゲームを始めてもう17年、今や世界のステージで戦うベテランドライバーなのだ。

 走りのアドバイザーがいるわけでもなく1人で「速さ」を追求してきた。その「速さ」に対してのモノサシが正確で「どこでどうすればより速く走れる」という自分の中の明確な基準を持っているのだろう。それはゲームも実車もほとんど同じだという。

 ただ、ゲーム内はほぼクラッチも使わないパドルシフト。ヒールアンドトゥやマニュアルシフトの操作はまだまだ練習が必要だ。

 レーシングドライバーの中には3歳からレーシングカートを始めて……なんてよく聞くが、カートや装備だけでなくサーキット走行料や消耗品にメンテナンスなど、やはり膨大なお金がかかるのは事実。カートの運搬もあるし1人では練習することすらできない。

 逆にレースゲームの場合はゲーム機本体とソフトやコントローラーなどの機材さえあれば時間の許す限り練習やレースにも参加できる。今では国体や世界選手権にだって自宅から予選に挑戦できるのだ。誰にだってチャンスがあるし、私のように50歳を過ぎたプレイヤーでも国体選手になれる可能性だってある。

 実は今回、グランツーリスモSPORTで知り合った仲間とゲーム内で練習してリアルの耐久レース(マツ耐)に出てみませんか?というお誘いがあった。なかなかに夢のある話だし、eモータースポーツネタを担当する筆者にとっては面白い。

■場違いで無謀なチャレンジ? だから楽しくてやってみたくなるのだ!

サーキットでの練習時間が取れないのでチーム員とバーチャルで練習。2時間耐久レース本番(1人30分走行)を想定して30分の模擬レースを行う ※ゲーム内練習風景

 だけど冷静に考えてみると「ゲーム仲間とゲームで練習して実車の耐久レースに出る」。それだけ聞くと結構場違いで無謀なチャレンジのようにも聞こえてしまう。

 そんな危なっかしく楽しい企画を持ち込んでくれたのはよく一緒にゲーム内で遊んでいる丹羽選手(niwaracing)。

 彼はロードスターのパーティーレースにも出場していて自分のマシンを持っている。当チームは4人のドライバー編成で2人は全くのデビューレース。

速さや信頼性は十分と判断、菅原選手には耐久レースの花形スタートドライバーを担当してもらった

 優勝したチームはちょっと規格外の速さで全く届かなかったが、他の上位チームはこのレースの常連。その中で終始2-3番手争いを展開、途中ドライバー交代した直後にセーフティーカーが出てしまって不運だった。

 だが最終的には総合4位(クラス3位)の好成績でトラブルなくゴールすることができた。

■普段乗りのマツダ車で参加できる「マツ耐」で奥の深い走りを楽しむ!

ピットクルーまでも全員グランツーリスモプレイヤー。左から野村(micchi-_1via)さん、niwaracingさん、山崎(zak_wing)さん、菅原(blackbeauty79)、筆者森吉(y_moriyoshi)当チームは全員が同じタイムで走ることができた

 「マツ耐(MAZDA FAN ENDURANCE)」とはマツダ車ユーザーに耐久レースの魅力を味わってもらうために企画された参加型サーキットイベント。普段乗っているマツダ車で手軽に参加できる。

 レギュレーション的に面白いのは2時間の耐久レース中給油が禁止。満タンでレースを走りきるとなると全開走行などもっての外!

 低い回転数でシフトチェンジしたりコーナー進入では早めにアクセルを離したりという常に燃費を気にしながらの走行。その中でいかにラップタイムを落とさずに走れるかが重要。やってみると結構奥が深い。

 菅原選手だけでなく他のメンバーの活躍も想像以上。今回のレース参戦であらためて一生懸命練習して走り込んで身に着けたテクニックは確実にリアルに反映されることを実感することができた。

新型コロナウィルスの影響で例年より参加台数は少なかったものの参加者の熱い走りで大いに盛り上がった

 「レースゲームで速いヤツは実車に乗っても速い?」

 おそらくレースゲームで速いプレイヤーは頭も良くて器用。常に考えながら走る。そういう人間はゲームだからではなく、きっと速く走ることができる人種なのだと思う。

 逆にもっとクルマを上手に速く走らせたいという読者も是非グランツーリスモで走り込んでみて欲しい。楽しくドラテクを磨けるだけでなく、もしかしたらいざという時の危機回避能力もアップする可能性だって十分あるだろう。

(c) 2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
“Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
※「PlayStation」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

*   *   *

■eモータースポーツおすすめアイテム

 eモータースポーツで最も難しいのはブレーキングと言われる。減速Gが感じられない分コントローラーからのフィードバックや映像からブレーキングポイントやブレーキの強弱を調整しなければいけない。だが実車と比べて肝心のブレーキペダルのフィーリングが頼りないという声は多い。

 そこでよりリアルなブレーキフィーリングを実現するべく開発されたのがLAILE製「ワンタッチ・ブレーキMOD D・T・B」だ。

 踏み込んだ時の抵抗感だけでなく、ブレーキを緩めた時のリリース感など、ダブルスプリングによって油圧ブレーキのフィーリングを再現している。現在はスラストマスター用のみのラインナップとなる。

 簡単にスプリングの交換が可能なため、今後は自分の感覚に合わせてカスタマイズすることも可能になる。逆に踏力の弱い子供や女性にはスプリングを外すだけで対応できるのも嬉しい。

 これで走りが変わるかもしれない。

●レイル (リンク先)

【画像ギャラリー】普段使いのマツダ車で参加できる! 筑波サーキットを舞台に世界的SIMレーサーが「マツ耐」を走る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ