現役F1ドライバーも参戦したeスポーツの祭典 バーチャル・ル・マン24時間


 2020年7月3~5日の日程でF1がオーストリアで開幕し、ようやく2020年のモータースポーツシーンが始まった。

 レース開催自粛の期間中は様々なeモータースポーツイベントが開催されたが、その中でも多くの現役ドライバーが参戦した豪華なレースが、「バーチャル・ル・マン24時間レース」。

 日本からもTOYOTA GAZOO RacingがWEC参戦ドライバーとともに参戦して話題となった。eモータースポーツならではのハプニングもあったこのレースを、森吉雄一氏に解説してもらった。

文:森吉雄一/写真:TOYOTA GAZOO Racing、REBELLION Racing、Porsche、LAILE

【画像ギャラリー】コロナウイルス感染拡大を受けて行われた『バーチャル・ル・マン24時間レース』


■コロナの影響はモータースポーツにも 

24時間の激闘の末、完走を果たしたTOYOTA GAZOO Racingの2台

 6月13~14日にかけて決勝が行われる予定だったWEC(FIA世界耐久選手権)開幕戦、フランス伝統の「ル・マン24時間レース」だが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で9月へと延期になった。

 その元々のレース日に合わせて「Virtual 24 Hours of Le Mans(バーチャル・ル・マン24時間レース)」が開催、世界の強豪チームが招待され日本からも「TOYOTA GAZOO Racing」が参戦した。

 そのドライバーラインナップだがWECはもちろん、現役・元F1ドライバー、インディ、フォーミュラEにトップSIMレーサーなど総勢200名と豪華な顔ぶれで争われることとなった。

※編注:SIMレーサー/SIM=シミュレーション。eモータースポーツで活躍するプレイヤー

■eスポーツならではのレギュレーションで競い合うレーサーたち

TOYOTA GAZOO Racingチームのコクピットルーム。「rFactor2(アールファクターツー)」というPCソフトを使用する

 このレースにはレーシングシミュレーター業界標準とよく表現される(シミュレーターショップで最も多く使用されている)「rFactor2(アールファクターツー)」というPCソフトを使用。

 参加台数はLMP2クラス30台GTEクラス20台の計2クラス50台、それぞれが実車同様独自のカラーリングやマシンのセットアップを施しての出場となった。

 チームは最低2名のレーシングドライバーと最高2名のSIMレーサー(最低1名のSIMレーサー)の4名で構成され、ドライブ時間も1人のドライバーが最低4時間、最長でも7時間と決められた。というのもリアルレーサーよりも慣れているSIMレーサーの方が有利な場面が多いからだ。

 以前フォーミュラEの替え玉事件が問題になったこともあり、リモートでの映像もしっかり顔が映るようにレギュレーションで定められた。これもEスポーツならではの規則だと言えるだろう。

 本レースで最も心配されていたのはサーバーなどの「接続問題」。同時に50台ものマシンが走行し、200名ものドライバーがそれぞれの環境からオンラインで接続される。

 実際3度のサーバーダウンによるテクニカル・レッドフラッグ(レース中断)となり、運営はTeamSpeakやDISCORDなどのトークアプリを使用し、リアルレースで主催者から配られる無線同様に再開時間がアナウンスされた。

 6月13日現地時間15時(日本時間22時)にスタートしたレースは中盤から強さを見せた「REBERION WILLIAMS ESPORT」1号車が2位とわずか17秒差で総合優勝。上位3チームが30秒以内に入るという激戦だった。

上位3チームが30秒以内に入るという激戦を制したREBERION WILLIAMS ESPORT

 GTEクラスは「PORSCHIE ESPORTS TEAM」93号車がスタートからレースを支配、序盤から終始ほぼトップを明け渡すことなくゴールした。

スタートからレースを支配し、ほぼトップを明け渡すことなくゴールしたPORSCHIE ESPORTS TEAM

 TOYOTA GAZOO RacingもWECと同じカラーリングのマシンでLMP2に参戦。

 7号車はレギュラードライバーのマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスとSIMレーサーのマキシム・ブリアン。

 8号車はセバスチャン・ブエミとブレンドン・ハートレー、山下健太(中嶋 一貴の代役)にSIMレーサーのユーリ・カスドルプ。

 途中クラッシュなどもあったが、8号車は11位、7号車は14位でゴール。

 それではレース中に起こったバーチャルレースならではのエピソードを紹介していこう。

次ページは : ■バーチャルレースならではのトラブルやリアルレースとは違ったレーサーたちの一面も見所

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ