マツダグローバルMX-5カップ参戦記「ラグナ・セカに散る」

 元ベストカー編集部員にしてプロフェッショナルドライバーの大井貴之氏が、マツダグローバルMX-5カップに「ベストカーチーム」として参戦、見事アメリカの超名門サーキット、ラグナ・セカで開催される世界一決定戦に参戦できることが決まりました。

 当記事ではその参戦記です。レースは何が起こるかわからない。参戦するからには世界一獲ったるで! と、意気揚々と乗り込んだはずのベストカーチーム、しかし本記事タイトルですでに不穏な空気が……。

文:大井貴之 写真:加藤雅也、MAZDA


■究極のワンメイクレースにチャンピオンと共に参戦!

 今年から始まったGlobal MX5 Cup。このレースは一見普通に行われているワンメイクレースなのだが、シートとステアリング、シートベルト以外はすべて指定パーツを使用。

 それどころかドライバー重量を100kgとし、それに満たない分はウエイトを積むため、体格によるハンディも無い。ポルシェカップ以上のイコールコンディションで行われる究極のワンメイクレースだ。

 発祥は2006年。MX5 CUPとしてNC型ロードスターがデビューした時から行われている全米各地を転戦するシリーズ。

 今年のシリーズもハーバー・モータースポーツ・パーク(アラバマ州)、インディアナポリス・グランプリ・サーキット(インディアナ州)、ロードアメリカ(ウィスコンシン州)、ストリート・オブ・トロント(カナダ・オンタリオ州)、ワトキンズ・グレン・インターナショナル(ニューヨーク州)、ラグナ・セカ・レースウェイ(カリフォルニア州)と東側を中心に各2戦ずつ開催されている。

 その移動距離は実に4600マイル。7000キロを越える長距離を転戦するレースなのだ。

 このシリーズ戦に今年から加えられたのが、世界一決定戦。最終戦が開催されたラグナ・セカ・レースウェイを舞台とする一発勝負には、7万5000ドルの賞金が用意されている。

 1ドル110円換算で825万円。これは賞金総額ではなく、優勝者に贈られる賞金なのだ。

 このレースに、日本代表として山野哲也選手と共に参戦するチャンスを得た。GT300では3年連続シリーズチャンピオン、ジムカーナでは通算17回のシリーズチャンピオン獲得という偉業を達成している山野哲也選手は、国内シリーズの初代チャンピオンとしての参戦。

 筆者はベストカー誌のドライバーとしてグローバルクラスに参戦し、予選ではポールポジションを獲得しながらも、計算ミスによる3kgの重量不足でノータイム。最後尾スタートにも拘わらず、レース後半では優勝した山野選手を追い詰め、0.1秒差の2位フィニッシュ! 

 メディア枠で参戦した選手の中で最高位フィニッシュをしたドライバーとしての参戦。今回の世界戦は、アメリカンドライバーとの勝負だけではなく、山野選手と決着を付けるレースでもあるのだ。

コークスクリューをバックに山野哲也選手とツーショット
コークスクリューをバックに山野哲也選手とツーショット

■やってきましたカリフォルニア、「ラグナ・セカ」!!

 ラグナ・セカ・レースウェイがあるカリフォルニア州・モントレーは、サンフランシスコから南へ100マイル少々走った港町。

 アシカの鳴き声が響くフィッシャーマンズワーフではラッコが泳ぐ姿も観ることが出来るなど、街中がテーマパークの様な雰囲気。

 すぐ近くには全米オープンが開催されたことでも有名なペブルビーチ・ゴルフリンクス。そして西海岸で最も美しいといわれる海岸線を走る17マイルドライブ。

 海沿いにはセレブ達の別荘?が立ち並ぶ。サーキットは、その海岸線から10マイル程内陸に走った山の中にある。

 1957年創業。2001年からはマツダ・ラグナ・セカ・レースウェイ。数々のビッグレースが開催されてきたコースは全長3.6km、11のコーナーで構成されている。

 実はこのコース、17年程前にグランツーリスモのコース取材で訪れたことがある。その時の記憶に焼き付いているのがコークスクリュー。最大16%勾配で一気に18m落ちていく、雪が降ったら間違いなくゲレンデとして使えそうな急勾配。

 このコースの名物コーナーなのだが、若干慣れが必要という程度。それ以外のコーナーは単純でさほど難しいものではなかったという記憶。とは言いながら1時間のシミュレータートレーニングも行い、万全な気分で現地入りした。

 勝負の相手は、アメリカのシリーズでランキング上位に入ったドライバーだけだと思ったが、それ以外のドライバーも立派な経歴の持ち主ばかり。

 その筆頭がKyle Kaiser。プロ・マツダ・チャンピオンシップ出身のドライバーで、来年のインディ500への参戦が決まっている今年のインディ・ライツのチャンピオン! 

 ヨーロッパ的に言えば、F1GPのシートが決まっているドライバーということになる。参戦の目的を問うと、「7万5000ドルを戴きに来たのさ」とキッパリ。

 経歴的には若干負けているような気もするが、勝負はフォーミュラではなくノーマルに近いMX5のレースカー。日本で走らせたマシンとまったく同一スペックとなれば、勝負出来ないはずがない。

出場ドライバーは19名。日本からは山野選手と我らが大井選手の2名が参戦!
出場ドライバーは19名。日本からは山野選手と我らが大井選手の2名が参戦!

■自分を信じてセッティングを進めるしかない!

 予選までに用意された練習走行は、4セッション。セッション1は40分間でそれ以外は30分。

 通常のレースは日本でもそんなものだが、3週間前に開催された最終戦をこのコースで走っているライバル達に対し、アウェー組にとっては辛いスケジュール。

 マシンを提供してくれたワインディングロードレーシングのマシンセッティングは筆者が仕上げた日本仕様に較べ、ダンパーに減衰力は極端に高く、車高バランスは前下がりという真逆のセッティング。

 最初から日本で走らせたセッティングデータを使おうかとも考えたが、まずは合意入れば郷に従えと、現地セッティングのままコースインした。

 久しぶりに走ったコースの印象は、ヤバい! コークスクリューに上っていく途中にあるターン6とコークスクリューを抜けた後に長く続く下り左コーナーのターン9が特に難しいというイメージまでは間違っていなかったが、あとは単純という自分の記憶を恨んだ。

 山を登り始めるターン5、そしてコークスクリューを下りきったターン10はコーナーが深いすり鉢状になっていて、そのバンクを活かせばありえないほどのスピードでクリアすることが出来る。

 もしアウト側が高い壁になっているバンクであれば何の問題もないのだが、コーナー内側が掘れているタイプ。

 コーナーアプローチですり鉢に落ちていくので、少しでもブレーキが遅れると急激なオーバーステアが発生しコントロールを失ってしまう。

 しかも、ダンパーは硬く締め上げられているから路面変化に影響されまくる。危なくてコース攻略も出来ない状態。

 コース攻略が間違っていればセッティングは理解出来ない。コースの攻め方が理解出来ればこのセッティングが理解出来るのかとも考えたが、3週間前のチームの予選リザルトをチェックすると、14位と18位。

 これはチームを選んだマツダへ文句ではなく、短時間で1からセットアップをする必要に迫られたドライバーの泣き言である。

 こうなったら、自分の感覚を信じてセッティングを進めるしかない。一度は日本に近い仕様も試したが、荷重変化が極端なこのコースではストローク不足。まるっきり合わなかった。

 あっという間に練習走行は終わり、予選。4回の練習走行のデータを基に仕上げた仕様で予選に臨んだ。日本では計測1Lap目からベストタイムを狙えるのだが、このコースでは3Lap必要。それだけグリップが低い。

 じっくり攻め込み、マークしたベストタイムは1分41秒114。されど13番手。順位的にはたいしたものではないが、日本チャンプの山野選手に0.7093秒勝った! あと1秒上げればトップ争いに加われるポジションだ。

予選は1分41秒1140で13位。トップとの差は1.4676秒で、わずか1.5秒のあいだに13台がひしめいている
予選は1分41秒1140で13位。トップとの差は1.4676秒で、わずか1.5秒のあいだに13台がひしめいている

■野獣たちの合間を縫って、勝負のセッティング

 いよいよ決勝レース1。予選までのデータを基にもうワンステップ仕様変更。当たればトップ争い。外れたとしても、失うものは無い。

 レース2で勝負すればいいという一か八かのチャレンジ! ローリングスタート方式は日本と同じだが、日本はスタートラインまで追い越し禁止だが、シグナルがグリーンになった瞬間からオーバーテイクOK! 

 ピケラッ、ピケラッ、ピケラッ、ゴー! スポッターを務めてくれたロジャーからスタートを知らせる無線が入る。全開! レースは45分の長丁場。連続周回のデータもないから様子を見ながら安全にスタートしたが、皆さん野獣(笑)。

 右に左にコースアウトだらけ。こっちのコースはグラベルが単なる土なので、砂利にはまってしまうことが無いどころか、大きなロスもなく戻って来られるから厄介。

 しかも土埃の粒子が細かいからブラインド効果抜群。コイツがなかなか消えない。

 残念なことにセッティング変更は大失敗。それほど大きな変更をしたつもりはなかったのだが、ハンドリングはフニャフニャ。決勝レースにキッチリ合わせてきた山野選手にあっという間に抜かれてしまう。

 しかし、この調子でいけばコースアウトやクラッシュがバンバン起きて……と思ったら、大きな事件は起こらずに終了。16位(涙)。

■これぞアメリカンドリーム

 あまりにも残念なリザルトだったが、レース後にフニャフニャの原因が発覚。キッチリ整備してレース2。やる気満々、気合いを入れてスタートしたところが、ターン2立ち上がりでミサイル着弾。コースオフしたマシンが目の前に飛び込んできたのだ。

 フロント部分にダメージを食らったため、オイルやクーラントが漏れているに違いないと一度はその場でレースを諦めたが、油圧も水温も異常なし。

 恐る恐るコースに戻ってみると、ステアリングのセンターも狂っていない。ということは、足回りにダメージが無い可能性が高いということ。

 ピットに戻るとあっという間に修復……というか、外れそうなバンパーを切り取り、落ちそうなパーツをむしり取り、テーピングし、2Lapダウンでコースに復帰。とは言え、残念としか言いようのない結果に終わってしまった。

まさかのクラッシュ! ケガがなくてよかった……
まさかのクラッシュ! ケガがなくてよかった……

 初挑戦のMX5世界戦。ラグナ・セカのコース攻略にも苦労をしたが、ドライバーのレベルも想像以上に高かった。もし、ミサイルを食らわなかったとしてもトップグループが見える場所でチェッカーを受けることは出来なかっただろう。

 ラグナ・セカでトップ争いをするには5年必要と言っていたチャンピオンの言葉が蘇る。言いたいことはいろいろあるが、一言で言えばエキサイティングな週末。初参戦としては充分に楽しめたが、来年は言い訳の出来ない万全なチーム体制で臨みたい! 

 否、その前に、チャレンジャーとしてレースを戦うチャンスを与えてくれたマツダに感謝したい。

 優勝は、今年のシリーズチャンピオンを獲得したパトリック・ギャラガー選手。彼は、このレースで7万5000ドル。シリーズチャンピオン獲得で20万ドルをGET! 

 これがアメリカンドリーム。アメリカンレース。驚いたのはそのシステムで、今回の7万5000ドルはクルマを買おうが何をしようが自由なのだが、シリーズ賞金の20万ドルはレースの奨学金。レース以外に使うことは許されないのだという。

 ちなみに、スカイアクティブエンジンを使用するインディ・ライツのチャンピオンが手にした奨学金は100万ドル。これらの大金は、レース界を巡ることになる。

 日本では馴染みのないアメリカンモータースポーツだが、アメリカの大きさを目の当たりにすると共に、アメリカのレース界におけるマツダの存在感の大きさに驚くと共に、誇らしく思った。

【動画もぜひお楽しみください】

■大井貴之がロードスター世界一決定戦に挑む!! 予選編【MX-5 グローバルカップ その1】

■大井貴之がロードスター世界一決定戦に挑む!! レース1編【MX-5 グローバルカップ その2】

■大井貴之がロードスター世界一決定戦に挑む!! レース2編【MX-5 グローバルカップ その3】

【ベストカー】優勝したら7万5000ドル! アメリカのレースは賞金がハンパない!!【MX-5 グローバルカップ】

【ベストカー】佐藤琢磨をインディ500優勝に導いたスポッターという仕事【MX-5 グローバルカップ】

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ