マツダグローバルMX-5カップ参戦記「ラグナ・セカに散る」


 元ベストカー編集部員にしてプロフェッショナルドライバーの大井貴之氏が、マツダグローバルMX-5カップに「ベストカーチーム」として参戦、見事アメリカの超名門サーキット、ラグナ・セカで開催される世界一決定戦に参戦できることが決まりました。

 当記事ではその参戦記です。レースは何が起こるかわからない。参戦するからには世界一獲ったるで! と、意気揚々と乗り込んだはずのベストカーチーム、しかし本記事タイトルですでに不穏な空気が……。

文:大井貴之 写真:加藤雅也、MAZDA


■究極のワンメイクレースにチャンピオンと共に参戦!

 今年から始まったGlobal MX5 Cup。このレースは一見普通に行われているワンメイクレースなのだが、シートとステアリング、シートベルト以外はすべて指定パーツを使用。

 それどころかドライバー重量を100kgとし、それに満たない分はウエイトを積むため、体格によるハンディも無い。ポルシェカップ以上のイコールコンディションで行われる究極のワンメイクレースだ。

 発祥は2006年。MX5 CUPとしてNC型ロードスターがデビューした時から行われている全米各地を転戦するシリーズ。

 今年のシリーズもハーバー・モータースポーツ・パーク(アラバマ州)、インディアナポリス・グランプリ・サーキット(インディアナ州)、ロードアメリカ(ウィスコンシン州)、ストリート・オブ・トロント(カナダ・オンタリオ州)、ワトキンズ・グレン・インターナショナル(ニューヨーク州)、ラグナ・セカ・レースウェイ(カリフォルニア州)と東側を中心に各2戦ずつ開催されている。

 その移動距離は実に4600マイル。7000キロを越える長距離を転戦するレースなのだ。

 このシリーズ戦に今年から加えられたのが、世界一決定戦。最終戦が開催されたラグナ・セカ・レースウェイを舞台とする一発勝負には、7万5000ドルの賞金が用意されている。

 1ドル110円換算で825万円。これは賞金総額ではなく、優勝者に贈られる賞金なのだ。

 このレースに、日本代表として山野哲也選手と共に参戦するチャンスを得た。GT300では3年連続シリーズチャンピオン、ジムカーナでは通算17回のシリーズチャンピオン獲得という偉業を達成している山野哲也選手は、国内シリーズの初代チャンピオンとしての参戦。

 筆者はベストカー誌のドライバーとしてグローバルクラスに参戦し、予選ではポールポジションを獲得しながらも、計算ミスによる3kgの重量不足でノータイム。最後尾スタートにも拘わらず、レース後半では優勝した山野選手を追い詰め、0.1秒差の2位フィニッシュ! 

 メディア枠で参戦した選手の中で最高位フィニッシュをしたドライバーとしての参戦。今回の世界戦は、アメリカンドライバーとの勝負だけではなく、山野選手と決着を付けるレースでもあるのだ。

コークスクリューをバックに山野哲也選手とツーショット
コークスクリューをバックに山野哲也選手とツーショット

■やってきましたカリフォルニア、「ラグナ・セカ」!!

 ラグナ・セカ・レースウェイがあるカリフォルニア州・モントレーは、サンフランシスコから南へ100マイル少々走った港町。

 アシカの鳴き声が響くフィッシャーマンズワーフではラッコが泳ぐ姿も観ることが出来るなど、街中がテーマパークの様な雰囲気。

 すぐ近くには全米オープンが開催されたことでも有名なペブルビーチ・ゴルフリンクス。そして西海岸で最も美しいといわれる海岸線を走る17マイルドライブ。

 海沿いにはセレブ達の別荘?が立ち並ぶ。サーキットは、その海岸線から10マイル程内陸に走った山の中にある。

 1957年創業。2001年からはマツダ・ラグナ・セカ・レースウェイ。数々のビッグレースが開催されてきたコースは全長3.6km、11のコーナーで構成されている。

 実はこのコース、17年程前にグランツーリスモのコース取材で訪れたことがある。その時の記憶に焼き付いているのがコークスクリュー。最大16%勾配で一気に18m落ちていく、雪が降ったら間違いなくゲレンデとして使えそうな急勾配。

 このコースの名物コーナーなのだが、若干慣れが必要という程度。それ以外のコーナーは単純でさほど難しいものではなかったという記憶。とは言いながら1時間のシミュレータートレーニングも行い、万全な気分で現地入りした。

 勝負の相手は、アメリカのシリーズでランキング上位に入ったドライバーだけだと思ったが、それ以外のドライバーも立派な経歴の持ち主ばかり。

 その筆頭がKyle Kaiser。プロ・マツダ・チャンピオンシップ出身のドライバーで、来年のインディ500への参戦が決まっている今年のインディ・ライツのチャンピオン! 

 ヨーロッパ的に言えば、F1GPのシートが決まっているドライバーということになる。参戦の目的を問うと、「7万5000ドルを戴きに来たのさ」とキッパリ。

 経歴的には若干負けているような気もするが、勝負はフォーミュラではなくノーマルに近いMX5のレースカー。日本で走らせたマシンとまったく同一スペックとなれば、勝負出来ないはずがない。

出場ドライバーは19名。日本からは山野選手と我らが大井選手の2名が参戦!
出場ドライバーは19名。日本からは山野選手と我らが大井選手の2名が参戦!

次ページは : ■自分を信じてセッティングを進めるしかない!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ