トヨタ2021年WEC参戦車 ル・マン・ハイパーカー発表! 世界最強レースマシン&ロードカー降臨!!

トヨタ2021年WEC参戦車 ル・マン・ハイパーカー発表! 世界最強レースマシン&ロードカー降臨!!

 2021年1月15日、TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)は、ル・マン・ハイパーカー(LMH)、GR010 HYBRIDと、2021年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)の参戦を発表した。

 今回こちらでは、ニューマシン「GR010 HYBRID」と、そのベースとなる「GRハイパースポーツ」についてお伝えしたい。

※本稿は2021年1月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】GR010 HYBRID、GRハイパースポーツの画像をギャラリーで見る


■6月開催! ル・マン24時間レース参戦マシン登場

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2021年FIA世界耐久選手権(WEC)参戦用のル・マン・ハイパーカー、「GR010 HYBRID」を発表した。

 TGRはこれまでWECで世界3大レースのひとつ、ル・マン24時間レースで3連覇を達成しているが、今回お披露目されたGR010 HYBRIDはLMHレギュレーションに則ったプロトタイプカー。

「GR010 HYBRID」。エンジンパワー680ps! ハイブリッドパワーは272ps!
「GR010 HYBRID」。エンジンパワー680ps! ハイブリッドパワーは272ps!

 ドイツのケルンに本拠地を置くエンジニアと日本の東富士研究所ハイブリッドパワートレーンチームが一体開発した。

 パワートレーンは680psを発揮するV6、3.5Lツインターボを採用して後輪を駆動させ、アイシンAWとデンソーが共同開発したモータージェネレーターユニット(MGU)は272psを発生し、フロントアクスルに配置され、4輪駆動のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは横置きの7速シーケンシャルを採用。

 ボディサイズは全長4900×全幅2000×全高1150mmで、車重は1040kgと前年までのマシンである「TS050 HYBRID」に比べて250mm長くなり、100mmワイドに、100mm高くなっている。

 また、162kgの重量増に加え、パワー的には32%ほどTS050から絞られているため、ル・マンでのラップタイムはTS050より10秒程度遅くなる見込み。

トヨタのル・マンの歴代マシン。左からTS010(1991~1992年)、TS030 HYBRID(2012~2013年)GT-One TS020(1998~1999年)
トヨタのル・マンの歴代マシン。左からTS010(1991~1992年)、TS030 HYBRID(2012~2013年)GT-One TS020(1998~1999年)

 ル・マン24時間レースは今年6月12~13日開催予定。

 チームのドライバー体制は昨シーズン同様、新ドライバーチャンピオンとなったマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスが7号車を、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーが8号車をドライブ。

 ニック・デ・フリーズも引き続きテスト兼リザーブドライバーとして参加する。

 今シーズンのWEC、ル・マンのトップカテゴリーには初のBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)を導入。

 WECシリーズオーガナイザーがエネルギー使用量や車両重量を規定するため、接戦となることは必至だ!

村田チーム代表は「GR010は開発中のGRハイパースポーツの兄弟とも言える重要なクルマ」と語っている
村田チーム代表は「GR010は開発中のGRハイパースポーツの兄弟とも言える重要なクルマ」と語っている

次ページは : ■こちらはお値段2億円?? のロードゴーイングレーシング仕様! 登場が待ち遠しい!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します