コロナ禍で戦う香港人レーサーに聞く「ここが好きだぜ日本」


 コロナ禍によって昨年(2020年)3月からずっと帰国できず、日本を拠点に活躍している香港人レーサーがいる。エヴァンゲリオンレーシングで活躍する25歳のショウン・トン(Shaun Thong)選手だ。2018年から本格開始した日本でのレース活動からふだんの生活、これまでのレース活動など、色々話を聞かせていただいた。

文/加藤久美子 写真/KC Thong、加藤博人

■ショウン・トン選手とは?

 ショウン・トン選手は1995年香港生まれのレーシングドライバーである。2021シーズンはエヴァンゲリオンレーシングのドライバーとしてエヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4でスーパー耐久ST-Zクラスに参戦している。2021年5月21-23日に開催されたスーパー耐久シリーズ2021 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レースでは、給油系のトラブルに長時間見舞われながらも完走を果たした。

富士山をバックに疾走するエヴァレーシングチームのアウディR8。富士スピードウェイには初号機カラーがよく似合う

 ショウン選手はレース好きの父親の影響で幼い頃からクルマに興味を持ち、レーサーになる夢をずっと持ち続ける一方で、「サメの生物学者」になりたいという夢もあったそうだ。

 13 歳からレーシングカートを始め、16 歳で最初のフォーミュラ ルノー レースに参加するようになると、すぐに表彰台を獲得。2013年イギリスの超名門大学「リバプール大学」に入学してからは学業優先で経営学と経済学を学びつつ、イギリスでのフォーミュラ・ルノー・シリーズへ参戦を開始した。

2016年7月、リバプール大学での卒業式の記念写真。レーシングドライバーには頭脳明晰な方が多いが、ショウン選手はそのなかでも飛び抜けているひとり

 大学在学中の2015年にはアウディ・スポーツ・アジアが、アジア初のヤング・ドライバー・デベロップメント・ドライバーとして彼を迎え入れアウディのレースに参戦するようになる。

 2018年からは日本でのレース活動も本格化し、スーパー耐久、スーパーGT300への参戦をスタート。2019年のスーパー耐久第6戦もてぎ5時間においてAudi R8 GT3で参戦し日本における初めての優勝を果たす。

2014年にF3オープン・ウィンター・シリーズに参加した際の写真。フランスのポール・リカールサーキットで開催されたF308のレースでルーキーながら優勝

 2020年はアジアンルマンの「2019-2020 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。

 また、2020年はチーム「HIRIX GOOD DAY RACING」(Mercedes-AMG GT3 Evo)で参戦したスーパー耐久において急なドライバー交代や出火トラブルなどを乗り越え、富士24時間で優勝。同じく菅生3時間で2位、もてぎ5時間で優勝を果たし、2020年の総合優勝に輝いた。

 輝かしい戦績でこれからの活躍が期待されるショウン・トン選手に日本での生活やレース活動についてインタビューに答えてもらった。

■好きな車は?日本ではどんな生活をしている?

――日本での生活はいかがですか?

「私は昨年(2020年)3月にスーパーGTのテストで日本に入ってから、そのまま香港に戻ることなく、7月以降のスーパーGTやスーパー耐久に参戦し、ずっと日本にいます。おかげで日本をたくさん楽しみ、多くの素晴らしい人々に出会うこともできました。日本は私にとって第二の故郷のようなものです。
 もちろん、香港を恋しく思うこともあります。会いたい友達もたくさんいますし、何より香港にいる家族と会いたいですね。

 日本での生活やレース活動はすべてがうまくいっています。一番難しいのは言葉の問題だと思いますが、どんどん日本語を覚えていっています。」

2013年10月、大学の休みを利用して中国の珠海で開催されたアジアン・ル・マンのLMP2カテゴリーに、フランスのオーク・レーシングから参戦し、優勝を果たした

――日本の食べ物は問題ないですか?

「はい! 日本食はとてもおいしいですね。食事は外食が多くて好きな食べ物はお寿司です!

 レストランを経営している友人を何人か知っており、彼らは素晴らしい料理を作ってくれます。」

――日本で日常的に乗っているクルマはありますか?

「日本では2013年モデルの『ミニクーパーJCW GP』を所有しています。カタログモデルのミニクーパーJCWをベースに専用チューニングが施されたもので世界2000台限定での販売でした。日本には200台が割り当てられたと聞いています。

 リアシートが取り外され補強パーツを装備しているので乗車定員は2名です。さらに100kgの軽量化が図られておりパフォーマンスが素晴らしい!ずっとあこがれのクルマだったので、今、日本で運転できているのが夢のようです。
 近年運転した日本車の中では、スバルインプレッサSTI Spec C RA-Rが一番好きですね。

 スポンサーさんの中に「おもしろレンタカー」という会社があり、日本や欧州のスポーツカーなどいろいろなクルマに乗ることができます。とっても楽しいです」

次ページは : ■日本でのレース活動について

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ