王者ハミルトンが過去に屈した「ジェンソン・バトン」との戦いを振り返る

100勝が目前に迫るハミルトン。その王者ルイス・ハミルトンは2度チームメイトに負けている その一人は、意外にも2011年マクラーレンのチームメイト 「ジェイソン・バトン」だった。

 2010年、前年度のチャンピオンタイトルを獲得したバトンは、マクラーレンへ移籍しハミルトンのチームメイトになった。そして、バトンは早くも第二戦でマクラーレンでの初勝利を飾る。さらに翌2011年は、時に目覚ましい速さを見せたMP4/26で3勝を含む表彰台12回の安定した強さを発揮し、ランキング2位となった。同じく3勝を上げながらも、安定感に欠けるハミルトンは5位に沈んでいる。ここで改めてルイス・ハミルトンとルイスに勝ったチームメイト、ジェンソン・バトンについて振り返ってみよう。

文・写真/津川哲夫

【画像ギャラリー】マクラーレン時代のハミルトンとバトンを写真でチェック!


■デビューイヤーで王者アロンソに勝ったルイス・ハミルトン。そして不動のナンバー1ドライバーに

 F1史の記録を塗り換え続けてきた王者ルイス・ハミルトンは、2007年にマクラーレンからデビュー。そのデビューイヤーのチームメイトは、2度のワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソだった。その年はランキングポイントが同点ながらも勝数でアロンソを下し、ハミルトンは順風満帆の船出を果たした。

2010年のルイス・ハミルトン。デビュー2年目2008年のシリーズチャンピオン

 初年度のアロンソこそ下すのに手こずったものの、デビュー年に優勝4回、そして翌2008年には最終戦ブラジルGPの最終ラップ最終コーナーでトヨタのグロックをかわして5位となり、これで1点差の初チャンピオンを獲得する。デビュー2年目での戴冠、ハミルトンはここからレジェンドへの道を歩み始めた。

 そしてハミルトンは新たにチームメイトとなったヘイキ・コバライネンを突き放し、チームのナンバーワンドライバーの称号を確立した。これは現在でも変わりはなく、彼はチームメイトをことごとく足元へと突き落とし、デビュー以来15年間、それは揺るぎない連続記録として……と言いたいところだが、実のところハミルトンのチームメイトを下す連続記録はこの15年間で2度断ち切られている。デビューから圧倒的速さを見せてきた絶対王者ハミルトンに後塵を浴びせたその一人が、マクラーレン時代のチームメイトであり、2009年に新興チーム、ブラウンGPでチャンピオンを獲得したジェンソン・バトンだった。

2009年にブラウンGPでチャンピオンを獲得したジェンソン・バトン

走らないマシンで結果につなげるバトン。走らないマシンでは力を発揮できないハミルトン

 2011年はレッドブルのセバスチャン・ベッテルがチャンピオンを獲得、他を寄せ付けない絶対的な速さで揺るがぬトップであることを誇示して見せた。また宿敵フェラーリのアロンソも速さを見せていた。

 一方でマクラーレンのエンジニアリングは長いスランプに陥り、この年のマクラーレンのMP4/26の戦闘力には陰りが見えていたのである。それでも安定しているバトンは3回の優勝を含む12回もの表彰台を得たのだが、ハミルトンは同じく3回の優勝ながらも僅か6回の表彰台にとどまった。

 走らないマシンを状況に合わせて上手く妥協させ、結果に繋げるバトン。それに対して、速いマシンなら限りなく速いが、走らないマシンでは力を発揮しきれないハミルトンという、当時の構図が鮮明になった年であった。

Fダクト装着のMP4/25。高速サーキットでは速かったが、低中速コースではライバルに後れを取った

 熟練バトンと飛ぶ鳥を落とす勢いのハミルトンが、好条件の揃わない状況下で見せた意外な結果。それが2011年だったと言っても良いかもしれない。

 そして、翌々2013年にハミルトンはメルセデスへ移籍する。メルセデスの持つ圧倒的な財力と開発力に賭けたのだろう。さらに、マクラーレンではたとえバトンに勝てたとしても、それは常にハミルトンにとってはプレッシャーとなり、簡単には大差でバトンに勝つのは難しい、という思惑が絡んでいたのかもしれない。

次ページは : ■新人当時からバトンは速さだけではなく、安定感も備えていた