ホンダF1撤退も涙なし!? ホンダ撤退でメルセデスが歓喜する意外な理由

ホンダF1撤退も涙なし!? ホンダ撤退でメルセデスが歓喜する意外な理由

 2021年F1世界選手権最終戦アブダビGPはマックス・フェルスタッペンのドライバーズチャンピオン獲得という、レッドブル・ホンダにとっては最高の形で幕をおろした。これをもって、ホンダのF1参戦はひと区切りということになる。

 決勝当日には新聞にホンダの全面広告が出されるなど、日本国内では感慨をもって迎えた最終戦だった。レース終了後、ホンダと競い合った各チームからも賛辞が寄せられたが、どうやらライバルたちの本音は別のところにあったようだ。

文/津川哲夫、写真/HONDA

【画像ギャラリー】またいつの日か!! レッドブル・ホンダにとっては最高の形で幕をおろした2021年F1世界選手権最終戦アブダビGP(10枚)画像ギャラリー

■フェルスタッペンのドライバーズチャンピオン奪取でホンダ有終の美

2021年F1世界選手権最終戦アブダビGPはマックス・フェルスタッペンが優勝。オランダ人初のF1ワールドチャンピオンとなった

 第四期ホンダF1プロジェクト最終年。ホンダはついに念願のチャンピオンを獲得。もちろんレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンの偉業だ。

 2014年から始まった新時代ハイブリッドF1、この時代を席巻しアンタッチャブルな強さを7年に渡って誇ってきたメルセデスとルイス・ハミルトンに最終年の今年、ついに一矢を報いた。この7年間いかなるライバルも成し得なかったチャンピオン奪取だ。

 ホンダ第四期の挑戦は出だしから躓き、マクラーレンとの3年間極めて辛い想いをしてきた。しかしマクラーレンとの別離はレッドブルとの良好なパートナーシップを産み出した。

 ここで初めてホンダとチームの真のコラボが生まれ、ワンチームとしての開発が功を奏し、トロロッソ(現アルファタウリ)での初年度にホンダPUは強力な信頼性を確立、翌年はレッドブル本チームにも供給し、同年既に優勝を勝ち取っている。

 翌20年には高い信頼性の確立と供にパフォーマンスの向上が始まり、メルセデスの背後に迫ったものの、ここでホンダはF1からの撤退を発表、21年を最後のシーズンと位置づけた。

 これで開発予定は一気に前倒しとなり、21年には基本設計から大幅に見直された新PUが登場、このPUは過激に進化していた。しかしホンダのライバルである他のPU群は小規模な開発に止まっていた。

 これは22年から車体レギュレーションが全く新しく変ることから、コストやリソース面から大幅開発が避けられた。しかしホンダだけはPUの構造から見直し、大きくパフォーマンスを上げた。これもホンダの最終年への意気込みの一つであったわけだ。

 結果ホンダのパフォーマンスは抜きんでて、ついにトップランナーのメルセデスワークスを凌駕するまでに至った。シーズンの前半戦では大きく、後半戦ではほぼ対等なパフォーマンスを発揮し、ついにシーズンを通じて優勝回数もメルセデスを上回り、念願のチャンピオンへと辿り着いた。

■グランプリから去るホンダと他チームの思惑

チェッカーフラッグを受けるフェルスタッペンの33号車。ホンダエンジン搭載車のドライバーが王者となるのは30年ぶりとなる

 それでもホンダのF1撤退の意思は強く、多くの意見のある中で撤退が覆る事は無く、ホンダ最後のシーズンは終ってしまった。F1からホンダの存在が消えてゆく。

  多くの意見と言っても、これは日本で考えるのとは違った感覚のものだ。ホンダ撤退を残念がり、もったいないと考える者たちはF1部外者が多い。ファンやジャーナリズム、プレスやメディアが捉える意見であり、F1チーム自体の考え方とまた違うのだ。

 F1の現場でホンダPUの撤退をもったいないと考えるのはおそらく次期PUの供給に不安がある小型チーム。それもパフォーマンスだけではなく、PU供給と供に付いてくるサービス。

 ホンダがチームに費やすサービスの多くは他のメーカーよりも大幅にクオリティーが高く、信頼性の高いアファター・ケアーが得られ、とコスト・パフォーマンスは群を抜く。

 ホンダのエンジン供給やレースへの態度は他メーカーとは大きく違い、予算も規模も小さなチームには垂涎のホンダからのPU供給なのだ。

 しかし全てのカスタマーチームは既にメルセデスやフェラーリ等からしっかりとしたサポート付きでの供給を受けている。多くのチームはそれらのワークスとの契約にPUの供給以外にもチーム運営に有利な契約が交わされている。

 例えばBチーム的な立場でそのメーカー絡みのヤングドライバーの育成とか。シート利用とバーターでPUの支払いが安くなったり、無料になったり、時にはスポンサー・フィーの上乗せがあったりして。

 弱小チームのPU選びの多くは実際のパフォーマンスよりも他の付加条件が大きく影響しているのも確かなのだ。

 したがって中堅チームの意見としては自分のチームに有益ではないPUは例えパフォーマンスが高かろうと、消えてくれる事に異存はないのだ。

次ページは : ■形を変えて遺されるホンダの魂

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ