雨の鈴鹿は見応えタップリ!! スーパーフォーミュラ2022第3戦で見えたドライバーの凄みと今後の課題

雨の鈴鹿は見応えタップリ!! スーパーフォーミュラ2022第3戦で見えたドライバーの凄みと今後の課題

 日本最高峰のフォーミュラレースであるスーパーフォーミュラ。その見どころやドライバーの高度な技術などは目の肥えたファンには理解できるが、観戦経験が浅いと正直分かりにくい。

 しかし、観戦初心者でも、スーパーフォーミュラの凄さが分かりやすいレースがある。2022年シーズン第3戦の鈴鹿がまさにそれだった。

 第3戦鈴鹿の見どころと浮かび上がってきた課題をレポートする。

文/段純恵、写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】雨の鈴鹿を制するのは誰だ!? スーパーフォーミュラ2022年シーズン第3戦鈴鹿は雨中のバトル!!(10枚)画像ギャラリー

■ドライバーの実力とレースの面白さが分かりやすい雨天でのレース

前の車がアクシデントでスローダウンしていても鼻先に来るまでわからない水煙の中、ノーアクシデントでスタートした第3戦。ドライバーの度胸と技量に脱帽

 スーパーフォーミュラの人気をどうやって高めるか。もう何年も前からこのレースの課題である。ドライバーは実力者ぞろい。コーナリングスピードはF1を凌ぎドライバーたちが繰り広げるレースのレベルも高い。

 ただ、ドライバーが狭いコックピットの中でマシンをどう操っているのかまったくわからず、またスーパーGTのように時にマシンをぶつけあうハデな接近戦もない(あったらコワい)ので、目が肥えていないとレースやカテゴリ-の面白さやポイントがわかり辛い。

 そんな、いわば玄人好みのSFにも一目瞭然でドライバーの凄さがわかる時がある。

 雨のレースだ。

 今回の鈴鹿戦、予選日は初夏を思わせる日差しと気温のコンディションだったが、翌決勝日は一転し、朝から傘なしで歩くにはズブ濡れ覚悟、という雨量。

 午後のスタート時刻が近づき雨は落ち着いたが、それでも緩い下り坂になっているメインストレートのコース脇はさらさら水が流れ、コースのあちこちを横切る『川』ができていることは容易に想像がついた。

 決勝直前の8分間走行でそれを確認していたあるドライバーは、グリッドからよーいドン! ではなくセーフティーカー(SC)先導のローリングスタートになるかも、というよりそのほうが良いのではと考えたという。

 筆者もSC先導で1、2周してからのほうが、雨のレースにつきもののアクシデントのリスクが減るのではないかと考えていたので、通常のスタートと知って「こりゃ荒れるぞ」と密かに覚悟(クラッシュ多発→赤旗もしくはフルコースイエロー→レース終了時間が遅くなる等々)を決めたのだった。

 ところが喜ばしくも素晴らしいことに、グリッドを離れたマシン群は、接触もスピンもなく、全車無傷のまま通常のレーシングスピードで1コーナーに進入すると31周先のゴールを目指してレースを開始。

 予選9番手から初優勝をもぎ取った松下信治の激走はもちろん、レース巧者たちによる攻防戦がそこかしこで展開する見応えある一戦となった。

 それでもレース終了後、いまシリーズをリードしている現王者の野尻智紀、対抗馬筆頭の平川亮、そしてSFの現役最年長レジェンドにして『ご意見番』的存在の小林可夢偉が異口同音に「何も起こらなくて本当に良かった」と安堵のコメントを口にした。

 「SFドライバーのレベルの高さの証明でもある」という考えでも3人は一致していたが、他にも言いたいことがあるのかなという印象を受けた点も同じだった。

 それを口にしなかったのは、どんなに難しいコンディションでも自分たちの力量でリスクを回避できるという自負なのか、黙って仕事に集中するのもプロの矜持と考えているのか、はたまた言ったところで何も変わらないという諦念なのか。

次ページは : ■改善はまだ道半ば

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ