「安全装置は設定どおりに作動」 水素エンジンマシンが水素漏れ……トヨタが包み隠さず明かした原因とは

「安全装置は設定どおりに作動」 水素エンジンマシンが水素漏れ……トヨタが包み隠さず明かした原因とは

 トヨタが世界初の規模で挑んでいる水素エンジンレーシングカー。スーパー耐久レースでは今シーズンから液体水素での挑戦を表明していたが、ここにきて水素漏れが見つかり2023年3月18日からのスーパー耐久鈴鹿大会を欠場することが発表された。いったいなにが起こったのか?

文/写真:ベストカーWeb編集部

■トラブルも隠さず詳細な原因を語るトヨタの姿勢がすごい

参戦初期の水素カローラのコックピット。後部座席には水素タンクなどが収まるが隔壁で仕切られている
参戦初期の水素カローラのコックピット。後部座席には水素タンクなどが収まるが隔壁で仕切られている

 水素エンジンを搭載したレーシングカー(水素カローラ)で、富士24時間レースをはじめとする国内最大級の耐久レース「スーパー耐久」に参戦しているトヨタ。年々その性能は進化しており、自動車業界内外から多くの注目を集めている。

 そんな水素カローラが富士スピードウェイでのテスト走行中に火災が発生。そしてスーパー耐久開幕戦の鈴鹿大会を欠場するという発表が2023年3月15日になされた。詳細をプレスリリースをベースに見ていこう。

「車両振動による配管結合部の緩みが生じたため、水素が漏れたことが分かっております。配管結合部がエンジン近辺にあったため、漏れた水素が熱されることで、引火しました」

水素カローラはレース中に決して「ゆっくり」周回することはない。開発も兼ねているからギリギリを攻める走りも見せ、時にはこのように縁石を飛び跳ねることも
水素カローラはレース中に決して「ゆっくり」周回することはない。開発も兼ねているからギリギリを攻める走りも見せ、時にはこのように縁石を飛び跳ねることも

 今シーズンからは気体水素に代わり液体水素を燃料としている水素カローラだが、水素漏れの要因は燃料の変更によるものではないことも発表があった。

 前述のとおり振動で水素配管結合部になんらかのゆるみが発生したことが要因だが、これは前後左右に強烈なGがかかるレーシングカーが置かれるハードな環境ならではのアクシデント。

 クルマはサーキットをレースペースで走ることで公道の数倍~数十倍の負荷がかかるが、もしかするとそれは市販車が公道で走る寿命では達しない負荷の領域かもしれない。それでも新しい技術開発のためにはそこまでの負荷をかける意義がある。

 今回のように水素漏れが起こったこと自体は残念だが、水素カローラでのレース参戦は本来の意味のカーボンニュートラルを達成するために「クルマを育てること」。こうしてひとつずつネガを消していくのも大切な作業になる。

次ページは : ■設計どおりに作動した安全装置の確実性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!