F1開幕!! 勝てるかレッドブル・ホンダ!? 今季優勝の確率と勝算

 ついに2019年のF1がスタート。ホンダにとって勝負の一年となるシーズンは、3月15日からオーストラリアグランプリで幕を開ける。

 2018年からレッドブルグループ傘下のトロロッソに、そして今季から満を持して強豪レッドブル本体にもパワーユニット供給を開始するホンダ。レッドブルは2018年シーズンに4勝をあげた強豪チームだけにその期待は高まっている。

 2015年の復帰後、未勝利が続くホンダにとってF1での優勝となれば2006年第13戦ハンガリーグランプリ以来の快挙。新生「レッドブル・ホンダ」が今季、表彰台の頂点に立つ可能性はどれほどのものなのか? F1ジャーナリストの津川哲夫氏が解説する。

文:津川哲夫
写真:Getty images/Red Bull Content Pool、Mobility land


「優勝」への挑戦が今季の課題の全て

フロントノーズの「H」はホンダの証。昨季までのルノーに替わって新たにホンダがパワーユニットを供給するレッドブル・ホンダは開幕前のテストも順調にこなした

 いよいよ待望のレッドブル・ホンダが走り出す。

 2015年から発進したホンダF1、最初の3年間はマクラーレンとのタッグで苦しんだものの、2018年からレッドブル傘下のトロロッソにパワーユニットを供給、目標とした信頼性と確実なパフォーマンスの向上を成し遂げ、まだトップ勢には届かぬものの、パワーユニット全域の総合性能を向上させ、その差を縮めてきた。

 今シーズンは咋年にホンダがやってきた成果を実戦で確実に発揮させること、信頼性の高次元での確立、パフォーマンスの高度安定、そして優勝を含めた上位への挑戦が課題の全てだ。

 もちろん、上位への挑戦は、ホンダのパワーユニットだけに懸かっているわけではない。昨年“最高の車体”と言われたレッドブルだが、リタイアなどで失ったポイントは大きかった。ルノーのパワーユニットにトラブルが多かったのは確かだが、ギアボックストラブルやアクシデントなど、車体やチーム、そしてドライバーに起因する問題も多かった。

 したがって「車体とチームは良いがパワーユニットがダメ」という理屈は通らない。もちろん、どんな引き算をしても、レッドブルの車体性能が極めてハイレベルであることに間違いはなく、今シーズンもパフォーマンスを極端に落とす可能性は極めて少ないのも確かだが、レッドブル側にもまだまだ開発向上の余地が残されているというわけだ。

 それゆえ今シーズン、レッドブルがこれらの問題を解決し、ホンダが安定したパフォーマンスを確保できれば、昨年レッドブルがルノーのパワーユニットを搭載して勝ち得た4勝をホンダで取れない理由は何もないはずだ。

ホンダと“トップ2”との差は確実に縮まる

ホンダはレッドブルだけでなく傘下のトロロッソにも引き続きパワーユニットを供給。トロロッソとレッドブルで連携して開発できることがアドバンテージになると津川氏は見る

 さらに今年、ホンダのパワーユニット開発は、これまで以上に強化されることになる。なぜなら今シーズンは、レッドブルとトロロッソのマシンが“実に親密な関係”となったからだ。それはレッドブルが、かつてミナルディを買い取ってチーム名をトロロッソとした時に目論んだ“完全Bチーム体勢”の確立だ。

 フェラーリと技術提携を結ぶ新興チーム「ハース」の登場以来、(関係の深い傘下のチームに対して)車体とボディワークを除く全てのパーツを供給することが事実上認められたので、トロロッソは、ついにレッドブルのクローンに近い車体を準備できた。

 実際に今季を戦うトロロッソの「STR14」は、レッドブルの「RB14/15」マシンといってよい。つまり、レッドブル・ホンダ陣営は、戦闘力の高い4台のマシンでの連携開発が可能になったのだ。

 もちろん、レッドブル・ホンダ陣営だけではなく、ライバルチームの向上も間違いないはずだが、パワーユニットに限っていえば、現状での伸びしろはトップ2(=メルセデス、フェラーリ)よりもホンダのほうに分があるはず。少なくともホンダのパワーユニットは、これまで以上にトップ2との差を縮めているはずだ。

 さらに、これまで圧倒的な強さを見せてきたメルセデスは、昨年からフェラーリ、そしてレッドブルに追い上げられ、徐々にそのアドバンテージは失われ始めてきている。これは追いすがるチームの伸びしろと、頂点を極めてしまったチームとの向上率の違いが成せる技なのだ。

レッドブル・ホンダの勝算と優勝の“現実味”

2006年に優勝を飾ったホンダのマシン「RA106」。ホンダにとって13シーズンぶりの優勝を、レッドブル・ホンダで達成することはできるか

 こう考えると2019年のF1開発でのレッドブルの勝算は高くなる。

 2018年にレッドブルが挙げた「4勝」という数字は、今シーズンのレッドブル・ホンダにとっても極めて現実味のある目標となってくる。

 もちろん勝負は水物、確実なことは誰にもわかりはしないが、この数字がスタートラインと考えても決して過度な期待ではないはずだ。

 もしも、レッドブル・ホンダ軍団にネガティブ要素があるとするなら、おそらくそれはドライバーかもしれない。

 マックス・フェルスタッペンは、猛烈に速く才能のあるトップドライバーで、もちろんレッドブル系チームでは最強のドライバーだが、昨年フェルスタッペンが関わったアクシデントのおかげで優勝や大量のポイントを失っている。

 フェルスタッペンはもはや新人ではない。すでにF1界では立派なキャリアを作り上げている。しかし過去3年間、彼のアクシデントのほぼ全てが、彼の強引さや不注意が関わってしまっている。

 実際の裁定で彼に非がないとされても、この部分が矯正されなければ、失うものは極めて大きい。フェルスタッペンは間違いなく次世代チャンピオンの資質を持っているのだが、まだやんちゃで若い彼が、今シーズン中に育つかどうか。それはレッドブル・ホンダが表彰台の真ん中に立てるかどうかともシンクロする。

 全てが上手く運べば、優勝の敷居はもはや高くはない。レッドブル・ホンダにとっては昨年の「21戦中4勝」がスタートライン。これは“超えて当然”の最初のハードルと言えるだろう。

強豪チームとの「対等」な関係に新たな機運

F1で勝つには優れたマシン・ドライバーだけでなく、チームとの良好な関係を含めた体制作りが必須。その環境も「レッドブル・ホンダ」には整っている

 レッドブルは常に優勝至上主義、トロロッソと同列には語れない。常に進歩と向上が要求され、結果を求められる。したがってレッドブルからの強いプレッシャーがあるはずで、この“上から目線でのプレッシャー”をどう処理するか、処理できるか……。これが重要な要素で、マクラーレン・ホンダ時代はこのプレッシャーに潰されてきた。

 しかし、その経験は確実に役立っているようで、ホンダがついに“ホンダ目線での要求”をチーム側に突きつけられるようになったという。

 実際、レッドブルのメンバーは「我々からのプレッシャーなど問題じゃない、なぜなら今レッドブルの方がホンダからの強烈なプレッシャーを感じているのだ」と言う。

 ピリピリとした今シーズンのレッドブル、久々にチームと対等の立場に立てたホンダ、戦闘体勢は間違いなく整っている。

■2019年のF1日程

第1戦:オーストラリアGP/3月17日
第2戦:バーレーンGP/4月1日
第3戦:中国GP/4月14日
第4戦:アゼルバイジャンGP/4月28日
第5戦:スペインGP/5月12日
第6戦:モナコGP/5月26日
第7戦:カナダGP/6月10日
第8戦:フランスGP/6月23日
第9戦:オーストリアGP/6月30日
第10戦:イギリスGP/7月14日
第11戦:ドイツGP/7月28日
第12戦:ハンガリーGP/8月4日
第13戦:ベルギーGP/9月1日
第14戦:イタリアGP/9月8日
第15戦:シンガポールGP/9月22日
第16戦:ロシアGP/9月29日
第17戦:日本GP/10月13日
第18戦:メキシコGP/10月27日
第19戦:アメリカGP/11月3日
第20戦:ブラジルGP/11月17日
第21戦:アブダビGP/12月1日

※全21戦。日付は決勝日(現地時間)

★ホンダPU搭載チームとドライバー

・レッドブル/マックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリー
・トロロッソ/アレクサンダー・アルボン、ダニール・クビアト

※2チーム、4台にパワーユニットを供給

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ