新型レヴォーグすごいぞ!! 目標の2.6倍!?絶好調の内訳 売れまくりの秘密を探る

2017年7月3日にビッグマイナーチェンジを発表したスバル・レヴォーグ。新型に切り替わって1カ月の時点で受注台数が公表され、その台数はなんと5234台。これはレヴォーグの月販目標台数2000台と比べると、およそ2.6倍となる。

売れてますなー、すごいですなー。本企画では、そんなレヴォーグの売れ筋グレードやオプションなどを紹介しつつ、ディーラーマンの声を聞いてみた。

文:ベストカーWeb編集部


■約7割が1.6L、ボディカラーはホワイトパール

まずはスバルからの公式リリースにて発表された、新型レヴォーグのグレード別販売比率を見てみたい。

◆新型レヴォーグ グレード別販売比率

1.6GT EyeSight 623台(11.9%)

1.6GT EyeSight S-style 486台(9.3%)

1.6GT-S EyeSight 1286台(24.6%)

1.6STI Sport EyeSight 1305台(24.9%)

【1.6L仕様の小計 3700台(70.7%)】

2.0GT-S EyeSight 412台(7.9%)

2.0STI Sport EyeSight 1122台 21.4%

【2.0Lの小計 1534台(29.3%)】

合計/5234台

◆新型レヴォーグ ボディカラー別販売比率

クリスタルホワイト・パール 32.5%

クリスタルブラック・シリカ 16.9%

ダークグレー・メタリック 16.4%

ストームグレー・メタリック 9.4%

アイスシルバー・メタリック 7.9%

ラピスブルー・パール 7.6%

WRブルー・パール 7.4%(STI Sport専用色)

ピュアレッド 1.9%

◆アイサイトセイフティプラス装着率

96,4%

■「値引きゼロで売れていきます」、で、ハイブリッドは?

ここで驚愕なのが、「アイサイトセイフティプラス」の装着率。これはレヴォーグに全車標準装備となった「アイサイト・ツーリングアシスト」の機能をさらに強化するもので、「スバルリアビークルディテクション」(後側方軽快支援システム)、「ハイビームアシスト」、「スマートリアビューミラー」、「フロント&サイドビューモニター」のセットオプション。約12万円のオプション価格だが、ほとんどの購入者が付けているということだ。

安全意識の高まりを実感するとともに、今回のマイチェンでさらに「アイサイト」を強化してきたスバルの「狙い」が大当たりだったということがいえる。

首都圏のスバルディーラーで営業マンを務めるA氏によると、「今は値引きゼロで売れていく」とのこと。

「通常、デビュー直後だと上級グレードから売れていくものですが、レヴォーグの場合は2Lよりも1.6Lのほうが売れています。メディア等で評判がいいのと、やっぱり商品力が高いからなんでしょうね。ただお客さんからは“ハイブリッドでないの?”と聞かれるんですよ。ベストカーさん、何か情報ありませんか?」

と逆に質問されてしまった。

残念ながらレヴォーグのハイブリッド仕様に関しての情報は入ってきていない(「XV」のハイブリッド仕様であれば、スバル関係者によると現在鋭意開発中であり、年内、遅くても来年3月までには発表される見込み)。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ