トヨタの新型カローラフィールダーに「GT-FOUR」復活!? 今年6月登場!!

トヨタの新型カローラフィールダーに「GT-FOUR」復活!? 今年6月登場!!

 クラウン、センチュリー、オーリス、カローラアクシオと、ビッグネームのフルモデルチェンジが多い2018年のトヨタ。その中でややノーマーク気味だったカローラフィールダーに、驚きのスポーツグレードが設定される……という情報が入ってきた。以下、その情報をまずは紹介しつつ検討します。
文:ベストカー編集部
べストカー2018年1月26号「ニッポンの反撃 EVOLUTION時代がやってくる!」より


■新型カローラフィールダーのデザインをキャッチ!

 2018年6月にフルモデルチェンジするカローラフィールダー(カローラアクシオと同時にチェンジするワゴン)のデザインが判明した。

 セダンと同様、これまでのカローラのイメージを大きく覆すアグレッシブでスタイリッシュなデザインとなる。商用バンのような印象が強い現行型とは明らかにターゲットユーザーが異なるクルマになりそうだ。

セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場
セダンのアクシオ同様スタイリッシュに大変身するフィールダー。標準仕様から半年ほど遅れ、1.6LターボのGT-FOURが登場

 全長、全幅ともに拡大されて3ナンバーボディとなるのは既報のとおりで、Aピラー、Cピラーともに思い切って寝かせたクーペルックが特徴。フロントマスクもヘッドランプがブーメラン形状となるなど、かなり「攻めた印象」となる。

 2017年には大幅にイメージチェンジしたカムリが登場し、従来モデルとの違いを明確にしたが、カローラフィールダーも同じようなフルモデルチェンジとなる。

 プラットフォームは新開発のTNGAで、その特徴である低いフォルムを実現。現行モデルの全高は1510mmあるが、次期モデルは1400mm台後半まで低くなりそうだ。もちろん、フロア自体が低くなっているので、それで室内、荷室空間が犠牲になる心配はなし。実用性を維持しながらスタイリッシュに変身するというわけだ。

 パワーユニットは直4、1.5Lのハイブリッドと1.5L、1.8Lのガソリンエンジン。カローラアクシオはこれらに加えて現行オーリスに搭載されている1.2L直噴ダウンサイジングターボの搭載が有力だが、最新情報によると、フィールダーはこの1.2L直噴ターボは使わない。「燃費を重視した実用的なターボエンジンではなく、フィールダーには燃費とスポーツ性の両立を図るターボエンジンが用意される」というのだ。

 それが新開発の3気筒、1.6L直噴ターボ。

編集部に情報が入ってきているフィールダーGT-FOURは、GRシリーズに組み込まれる可能性もある。いずれにしてもカローラがスポーツに本気になるということだ
編集部に情報が入ってきているフィールダーGT-FOURは、GRシリーズに組み込まれる可能性もある。いずれにしてもカローラがスポーツに本気になるということだ

■かつてのワゴンの名車復活か

 これは2018年5月に登場する次期オーリスで初めて採用されるエンジンで、それがフィールダーにも使われる。3気筒というと燃費型のダウンサイジングターボエンジンと思ってしまいそうだが、最高出力はなんと250psと、2Lターボに匹敵するパワーを発揮する。

 それだけでも驚きだが、この1.6Lターボモデルはフルタイム4WD専用車になるというから二度ビックリ。「ワゴン」「ターボ」「フルタイム4WD」といえば、かつてカルディナGT-Fourがあったが、次期フィールダーはその再来モデルを用意するというわけだ。

2002年から2007年まで販売したカルディナGT-Fourは2Lターボで260psを発生。ニュルブルクリンクを意味するNエディションもあった
2002年から2007年まで販売したカルディナGT-Fourは2Lターボで260psを発生。ニュルブルクリンクを意味するNエディションもあった

 GT-FOUR(セリカ時代はすべて大文字だった)といえばトヨタのビッグネーム。このカローラフィールダー1.6Lターボもグレード名を「GT-FOUR」とする可能性があり、年配層には懐かしさを、そしてターゲットとする若年層には新鮮さをアピールするという戦略なのだ。

 4WDシステムに関してはまだ詳しい情報は入っていないが、渾身のスポーツモデルとはいえ極端に高い価格設定にはできないカローラゆえ、現在のトルクスプリット型を進化させたものになるのが有力。

 しかし、GT-FOURのイメージからすると、名前だけのフルタイム4WDではなく、本当の常時4WD方式でなければファンは納得しないはずで、WRCマシンで使っているアクティブセンターデフ式を市販車用に改良して搭載する可能性もある。

 デビューは標準仕様のカローラフィールダー発売から半年ほど遅れた2018年末~2019年初頭と予想。トヨタのエボリューションモデルの大本命に、意外なクルマが名乗りを上げた。

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン&カローラ 大特集 ベストカー5月10日号

 ベストカー5月10日号が、4月10日に発売。今号の巻頭は、トヨタの2大巨頭、クラウンとカローラのニューモデルを総力特集! 新型クラウンに関しては判明した全スペックを掲載するとともに、スバル フ...

カタログ