スバル 次期WRX STIはアイサイト搭載で「安心と愉しさ」新次元に【東京オートサロン2018】

 ついにWRX STIの新時代が見えた!! スバルとSTIは、2018年1月12日、東京オートサロンにて、次期型WRX STIのベースとなるヴィジブパフォーマンスSTIコンセプトを初公開。さらに、関係者への取材によって、次期WRX STIには歴代で初めてアイサイトが搭載されることも明らかとなった。

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学、編集部


次期WRX STIのコンセプトカーを初公開

ヴィジブパフォーマンスSTIコンセプト。“らしさ”でもあるリアウイングも装備
ヴィジブパフォーマンスSTIコンセプト。“らしさ”でもあるリアウイングも装備

 スバルは、2017年の東京モーターショーにヴィジブパフォーマンスコンセプトを出展。同車には次期WRX STIを紐解く“ヒント”が隠されていた。そして、このコンセプトカーをさらに発展させたヴィジブパフォーマンスSTIコンセプトこそ、正真正銘、次期WRX STIのベースとなる。

 それを裏付けるように、外観ではフロントバンパーの下半分が、ヴィジブパフォーマンスコンセプトと異なり、同車になかったサイドアンダースポイラーやリアのディフューザーとスポイラーも採用。「STIのイメージで機能とデザインを両立した開発をおこなった」と言うように、機能面では空力性能を高め、STIらしいアグレッシブでスポーティなデザインとしている。

次期WRX STIはアイサイトとMTを両立させる!!

フロントウインドウ上部にはアイサイトの「ステレオカメラ」も
フロントウインドウ上部にはアイサイトの「ステレオカメラ」も

 発表の壇上では、STIの平川良夫代表取締役社長が「世界トップレベルのADASも組み込んだ、スバルとSTIのコンセプトモデルです」と明かした。

 ADASは先進運転支援システムの略。つまり、現在は搭載されていないアイサイトが、次期WRX STIにはいよいよ搭載されることを意味する。この点について、STIの森宏志開発本部長に聞くと興味深い答えが返ってきた。

 「そうですね。あそこにステレオカメラが付いていますけれど、それ(=アイサイト)とマニュアルトランスミッション(MT)との組み合わせは、世界で戦うためにやっていかなければならないですから」

 森氏が言う“あそこ”とは、フロントウィンドウ上部のこと。実車を見ると、たしかにアイサイトの証、ステレオカメラがバッチリ搭載されている。MT車は、変速をドライバーが手動で行うため、追従走行や自動ブレーキ時の速度調整制御が難しく、現在MT車で緊急自動ブレーキを搭載する車は数少ない。スバルにもアイサイト搭載のMT車はないが、『走る愉しさ』を持つMTと、『安全』のアイサイトを兼ね備えたパッケージを開発しているという。

 しかし、次期WRX STIの“進化”は、それだけではない。

新エンジン&新ボディ採用で『愉しさ』も新次元に

東京オートサロンでも展示されたS208
東京オートサロンでも展示されたS208

 前出の森氏は、会場に展示された現行WRX STIの限定車、S208を横目に再び語り始めた。

「この車(S208)は、従来のプラットフォームで、性能をここまで高めているのですが、新しいSGPを採用することで、振動や乗り心地といった部分とキビキビした走りを両立できるようになる。そういうところが、まだまだ伸びしろのある部分だと思っています」

 S208は、約700万円の価格にも関わらず、限定台数の5倍超の申込があり、スバル自身が「スバルの走りの愉しさを最も色濃く表現した」というモデル。いっぽうで、現在のボディやエンジンなどでは、すでに進化の余地が少ないほど熟成されている。

 そこで、次期WRX STIでは『SGP』を採用し、新時代のスバル製スポーツセダンに生まれ変わるというわけだ。SGPとは、スバル・グローバル・プラットフォームの略で、2016年発売のインプレッサから新たに採用された車の『骨格』。最新の骨格は、従来比で大幅に“強く”なり、車が受ける曲げやねじりといった力に対して、より歪みにくい。だからこそ、スポーツモデルの骨格として大きなポテンシャルを秘めているのだ。

 さらに、長年WRX STIに搭載され続けるエンジン(EJ20型)についても、WRX S4などに搭載される直噴ターボエンジンへの変更を念頭に、「直噴にしたメリットを生かして、性能を向上させたい」と森氏はコメント。長年熟成してきたボディやエンジンを一新し、アイサイトも組み込む。スバルを象徴するスポーツモデルは、次期型で大きく生まれ変わる。それを改めて感じたショーだった。

◆  ◆  ◆

 スバルのスポーツモデル、そしてモータースポーツを手がけてきたSTIは、今年で創立30周年を迎える。東京オートサロンでは、次期WRX STIを示すヴィジブパフォーマンスSTIコンセプトを初公開しただけでなく、スバルファンの「さらに研ぎ澄まされた、切れ味のいいモデルがほしい」という声に応える、新たなスポーツモデルを用意することも明らかにされた。これは、STI創立30周年記念車として、S208以上にスペシャルなモデルとなる見込み。

 スバルが掲げる「安心と愉しさ」、それを示す“新しい車”が、創立30年を迎えたSTIとともに、今まさに生まれようとしている。

会場にはかつてのWRCカーも展示。モータースポーツを通じて熟成してきたスバル/STIのスポーツカーは新時代へ向かう
会場にはかつてのWRCカーも展示。モータースポーツを通じて熟成してきたスバル/STIのスポーツカーは新時代へ向かう

最新号

ベストカー最新号

ベストカー 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「ベストカー」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ