スバル 次期WRX STIはアイサイト搭載で「安心と愉しさ」新次元に【東京オートサロン2018】


 ついにWRX STIの新時代が見えた!! スバルとSTIは、2018年1月12日、東京オートサロンにて、次期型WRX STIのベースとなるヴィジブパフォーマンスSTIコンセプトを初公開。

 さらに、関係者への取材によって、次期WRX STIには歴代で初めてアイサイトが搭載されることも明らかとなった。

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学、編集部


次期WRX STIのコンセプトカーを初公開

ヴィジブパフォーマンスSTIコンセプト。“らしさ”でもあるリアウイングも装備
ヴィジブパフォーマンスSTIコンセプト。“らしさ”でもあるリアウイングも装備

 スバルは、2017年の東京モーターショーにヴィジブパフォーマンスコンセプトを出展。同車には次期WRX STIを紐解く“ヒント”が隠されていた。

 そして、このコンセプトカーをさらに発展させたヴィジブパフォーマンスSTIコンセプトこそ、正真正銘、次期WRX STIのベースとなる。

 それを裏付けるように、外観ではフロントバンパーの下半分が、ヴィジブパフォーマンスコンセプトと異なり、同車になかったサイドアンダースポイラーやリアのディフューザーとスポイラーも採用。

 「STIのイメージで機能とデザインを両立した開発をおこなった」と言うように、機能面では空力性能を高め、STIらしいアグレッシブでスポーティなデザインとしている。

次期WRX STIはアイサイトとMTを両立させる!!

フロントウインドウ上部にはアイサイトの「ステレオカメラ」も
フロントウインドウ上部にはアイサイトの「ステレオカメラ」も

 発表の壇上では、STIの平川良夫代表取締役社長が「世界トップレベルのADASも組み込んだ、スバルとSTIのコンセプトモデルです」と明かした。

 ADASは先進運転支援システムの略。つまり、現在は搭載されていないアイサイトが、次期WRX STIにはいよいよ搭載されることを意味する。この点について、STIの森宏志開発本部長に聞くと興味深い答えが返ってきた。

  「そうですね。あそこにステレオカメラが付いていますけれど、それ(=アイサイト)とマニュアルトランスミッション(MT)との組み合わせは、世界で戦うためにやっていかなければならないですから」

 森氏が言う“あそこ”とは、フロントウィンドウ上部のこと。実車を見ると、たしかにアイサイトの証、ステレオカメラがバッチリ搭載されている。

 MT車は、変速をドライバーが手動で行うため、追従走行や自動ブレーキ時の速度調整制御が難しく、現在MT車で緊急自動ブレーキを搭載する車は数少ない。

 スバルにもアイサイト搭載のMT車はないが、『走る愉しさ』を持つMTと、『安全』のアイサイトを兼ね備えたパッケージを開発しているという。

 しかし、次期WRX STIの“進化”は、それだけではない。

次ページは : 新エンジン&新ボディ採用で『愉しさ』も新次元に