新型アクセラの外見と中身が示す“本気度” 「次のマツダ」を占う試金石!!

マツダ渾身の新型車「マツダ3」が、ついに米国ロサンゼルス・オートショーでお披露目された。マツダ3は、日本ではアクセラとして販売されているマツダの基幹車種。この新型は2019年夏に日本発売予定で、世界で初めて量産化される次世代エンジンも搭載されるとあって、業界内外で注目を集めている。

しかし、「中身」だけでなく、その「外見」も相当アグレッシブだ。通常コンセプトカーから市販型へと煮詰められる過程でデザインは変化を遂げるが、このマツダ3の市販型は、ほぼコンセプトカーと変わらぬデザインを纏っていた。

まだその多くは伝えられていない現地取材で掴んだ全容をもとに、新世代マツダの鍵を握る新型アクセラの“本気度”を占う。

文:松田秀士
写真:MAZDA、Newspress Ltd


“外見”も攻めた! ハッチバックはコンセプトカーと瓜二つ

新型マツダ3 ハッチバックの外観。全長×全幅×全高は4459mm×1797mm×1440mm。全長・全幅は現行型とほぼ同じで高さは30mm低く、スポーティな印象だ

新型マツダ3の5ドアハッチバックと4ドアセダン。2つのボディタイプでそのデザインの印象は大きく異なる

ついに新型アクセラがベールを脱いだ。LAオートショー前夜、ロサンゼルスにあるお洒落な会員制カンファレンスセンターでのこと。都会的エッセンが漂う建物の壁には“CAR AS ART”というスペシャルロゴが特別に貼り付けられている。入口には2015年の東京モーターショーで絶賛されたRX-VISIONが置かれていた。

会場内に足を踏み入れると、ベールで隠された2台のバックウォールには“MAZDA DESIGN”の文字。もう、何から何までがデザインありき。とにかくデザインを見てくださいよ、と言わんばかりだ。

やがて、ショーが始まり最初に登壇したのは丸本明社長だ。いきなり社長が登壇するあたり、マツダがいかに新型アクセラに力を入れているかが伺える。

現行モデルのアクセラはCX-5に次ぐ主力車種でもあり、オーストラリアではハッチバック&セダン市場で販売ナンバーワンのモデルなのだ。

では、新型アクセラはどのように進化したのか? アンベールされた2台は予想通り。一番の売れ線となるであろう5ドアハッチバックのデザインは、予想通り。2017年の東京モーターショーで発表された「KAI CONCEPT」のデザインスタディをそのままキャリーオーバーしているように見えるのだ。

ここまでやるとはちょっと予想以上。サイドラインに流行りのキャラクターラインらしきアクセントはなく、まさにあのKAI CONCEPTどおりの湾曲したウェストラインだ。

ショルダーからステップにかけて絞った曲面は、光の当たり具合や見る方向によって色合いが変化する。光の影を操るシルエットがなんとも妖艶で美しい。色気がある。リアにかけてボリュームがありグラマラスだが、ホットハッチと呼ぶにはもったいないほど。

セダンは初代カペラを彷彿とさせる流麗デザイン

一方セダンは流麗なルーフラインで上品な印象。全長×全幅×全高は4662mm×1797mm×1445mm。ハッチバックより全長が長いのが特長だ

一方、セダンがまた良い。こちらは完全に我々世代のオジンでも抵抗なく乗れる。サイドラインからリアへのボリューム感は抑えめに、違和感なくリヤに流れるライン。これがとても上品に映る。

リアビューはコンビネーションランプが古のMAZDAを想起させてくれる、と感じるのはボクだけだろうか? ロータリーエンジンを搭載した初代カペラを思い出すのだ。5ドアハッチは斬新、4ドアセダンは流麗。そんなイメージだ。

訪れた外国人プレスも口々にデザインを褒めたコメント。新型アクセラの5ドアハッチと4ドアセダンにおける外板の供用パーツはボンネットとAピラーだけ、というから驚きだ。それはもう別のクルマといっても差し支えないだろう。

実車で感じた“本気度” ボディ剛性と静粛性に高い期待

LAショーで展示された新型マツダ3。デザインのほか、ドアの閉まり方やその時の振動…。細かなギミックに新型の本気度が垣間見える

事前に公開されたインテリアの画像。ワイド化されたディスプレイはインパネとの一体感も増しているが、これとは異なる大型ディスプレイを実装した仕様も市販段階では設定されるだろう

さて、翌日LAのコンベンションセンターで本物のワールドプレミアが行われ、実際に手に触れられる新型アクセラと対面。

まず、驚いたのはドアを開閉する際のタッチ。大きく開いた状態からドンと閉める。開閉音が一発で収まる。薄っぺらな感じがしない。音の収束が早く耳障りではない。

さらに、ほんの少し隙間程度に開いて、軽く押してみるとカチャっと閉じた。このタッチが吸い込まれるような感触で、立て付けの正確さ、その延長でボディ剛性の高さが感じられる。

閉じた瞬間の前ドアBピラー、後ろドアCピラーの振動を微塵も感じない。走らせてみないことには尚早だが、ボディの出来はこれまでとは一線を画すかもしれない。

技術陣曰く、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュ)にはかなり力を入れ、とりわけロードノイズなど室内の静粛性はマツダ車でトップの仕上がりだそうだ。980Mpa以上の高張力鋼板の使用比率を現行モデルの3%から30%に上げたというから、この剛性感と衝突安全性能もかなり向上しているはずだ。

5ドアハッチバックのリアシートは広大というほどではないがくつろげるもので、スタジアム仕様にはしていないので、アイポイントは低め。長身の人でもルーフを気にすることはないだろう。

センターディスプレイも8.8インチに大型化され、操作をコマンダーコントロール1本に集中している。さらに、大型のディスプレイも用意されるようで、こちらはショーモデルのスモークガラス越しにわずかに見えるだけだった。

“中身”も新技術で満載! SKYACTIV-Xがついに世界初搭載

ついに実用化されるSKYACTIV-X。ディーゼルエンジン並みの低燃費とガソリンエンジンの並みのパワーを両立した新世代のガソリンエンジンとして期待が高まる。写真は現行アクセラに同エンジンを載せたプロトタイプ

搭載されるエンジンは、CX-3にも採用される新開発の1.8Lディーゼルにガソリンが1.5、2.0、2.5Lの3種類。そしてもう一つ、注目の「SKYACTIV-X」だ。

SKYACTIV-Xは、“ガソリンとディーゼルエンジンのいいとこ取り”ともいえる注目の新技術。燃料はガソリンでSPCCI(※火花点火制御圧縮着火)という着火システムによって、非常に薄いガソリン混合気でもしっかりとパワーを出す画期的な技術。量産化は世界初で、燃費面で大きな進歩を見せるはず。

筆者自身、このエンジンには2017年にマツダが所有する山口県美祢のテストコースで試乗。普通に走ってしまうことに好感を得ている。

ここのところマツダは4WDにも力を入れているが、新型アクセラではG-ベクタリングコントロール(※ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させる機構)を4WDにも投入し、“G-ベクタリングコントロールプラス”として前後輪トルク配分への制御と協調したコントロールを行うとしている。

デザインだけでなく新技術も数多く投入。新型アクセラに試乗する日が待ち遠しくなってきた。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ