新型スバルWRX 新型スカイライン… 日本のスポーツカーの最新情報!!


新型スバル WRX S4/新プラットフォームで走り、際立つ

■2021年4月デビュー予定

新型WRX S4は新型レヴォーグと同じデザインテイストを持ったアグレッシブな外観となる(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 バランスのよさで高い評価を受けるWRX S4が2021年4月にフルモデルチェンジする。

 搭載されるエンジンは新開発の水平対向1.8L直噴ターボ(200ps)と、270ps前後の出力が予想される2.4Lターボ。

 スバルグローバルプラットフォーム・SGPは第二段階に入り、フルインナーフレーム構造でより高いボディ剛性を実現する。

 SGP+フルインナーフレーム構造を採用する車体構造により、高いシャシー性能を実現。ハンドリングのよさは安全にも大きく寄与するという。

 さらに走り好きにとって嬉しいのは、スバル初の電子制御ダンパーだ。これは新型レヴォーグに初採用されたものだが、ダンバー内部のバルブを電動でコントロールすることで、オイルの流量を変え、ダンバーの固さを調整するもの。

 さらにスイッチ1つで、乗り心地を重視したモードから、ひとりで走りを楽しみたい時にスポーティモードにできるモードを持つ「ドライブモードセレクト」も採用する。

 アイサイトの進化はすでに伝えられているが、具体的にはステレオカメラに加えて4つのレーダーによる360度センシングを実現しており、右左折時の歩行者や自転車に対するブレーキ作動や右直衝突に対するアラートなどにも対応しているという。

 また、高精度マップ&ロケーターを採用したことで自車位置特定を可能とし、カーブ前の減速支援や渋滞時のハンズオフにも対応する。

レクサスIS F&LC F/高性能の証、「F」の称号が与えられる2台

■IS F 2020年10月デビュー予定

ビッグマイチェンで顔つきの印象がよりシャープになるIS。「F」は当然、大迫力の外観になる(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 先代にはあったが現行型には設定がないISの「F」モデルが10月のビッグマイチェンで追加される。

 搭載されるエンジンは481ps/54.6kgmを発生するV8、5LNA。今や貴重な大排気量NAの魅力を、とくと味わいたい。

 一方、LC Fはベースモデルの500がすでに5LのV8、NA(477ps/55.1kgm)を積んでいるため、「F」モデルはさらに過激なエンジンを積む。

 新開発の4L、V8ツインターボがそれで、出力は670ps/66.3kgmというから、なんとも凄まじい。

■LC F 2021年11月デビュー予定

ド派手な外観に670ps/66.3kgmを発生する過激な4L、V8ツインターボを搭載するLC F(CGイラストはベストカーが製作したもの)

次ページは : カローラスポーツGRMN/ゴルフRを追撃する本気のカローラスポーツ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ