新型スバルWRX 新型スカイライン… 日本のスポーツカーの最新情報!!


スープラGRMN/ボディ剛性向上&軽量化「本気のスープラ」

■2021年11月デビュー予定

GRモデルに共通する大きなエアダムで迫力のある外観に。3ペダルMT設定もあるかもしれない(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 2020年4月28日に一部改良され、北米仕様と同様に3L、6気筒ターボ車のRZが340psから387ps(500Nmのトルクは同じ)へパワーアップし、ベストカーがかねてより存在を伝えていたGRMNモデルはどうなるかと心配している読者も多いことだろう。

 だが、安心してほしい。今掴んでいる情報ではスープラGRMNは確実に出る。GRMNモデルと出力アップ版の違いは、ボディ剛性の向上、そして軽量化。

 それだけでも走りのキャラクターは変わるが、やはりというべきかエンジンにも手が入り、最高出力は420ps程度にまで引き上げられる。おおいに期待してほしい。

3L、直6モデルの最高出力が340psから387psにパワーアップ。写真は2020年10月頃に発売される特別仕様車RZ ホライゾンブルーエディション

新型V38型スカイライン/美しく、力強く、これが新型スカイライン

■2021年12月デビュー予定

2018年のデトロイトショーに出展された「Qインスピレーション」が、新型スカイラインのスタイルベースとなる。力強く、それでいて美しい(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 多くのニッポンの日産ファンが待ち望んでいるのが、新型スカイラインだろう。V37型のデビューは2014年2月なので、すでに6年が経過している。

 2019年のビッグマイナーチェンジでハイブリッドにプロパイロット2.0が搭載されたほか、待望のV6、3Lターボ搭載モデルが国内投入されるなど、話題性はあったが、やはりスカイラインのフルモデルチェンジは待ち望まれている。

 次期型もやはりインフィニティQ50との共通モデルとなるが、それだけにグローバルのプレミアムスポーツセダンとして力を込めた開発となる。

 注目はパワーユニット。日産は中期計画で「2022年までにEVを5モデル、e-POWERを5モデル」投入するとしていることに加え、インフィニティは今後のニューモデルをすべて電動化すると明言している。

 そう、新型スカイラインは2L、直4のVC(可変圧縮比)ターボエンジンを発電用とした前後2モーターe-POWERを採用することになる。

 VCターボは高熱効率域を幅広い回転域で実現することが可能で、効率的にハイパワーモーターを駆動できる。

 新型スカイラインに搭載されるモーターは前後合わせて435ps/71.4㎏mを発揮するというから、その動力性能は5Lターボ並み。走りのインパクトも大きい。

パワーユニットはVCターボ+前後2モーターのハイパフォーマンスe-POWERとなる。システム出力は435ps/71.4kgm(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

次ページは : 新型スバル WRX S4/新プラットフォームで走り、際立つ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ