「新型フェアレディZ」の艶姿を見よ! 発売は2021年末!!


フルモデルチェンジ版の新型Z

現行フェアレディZのリアスタイル。肉感的なフェンダーが迫力満点
新型フェアレディZ、リアスタイルの予想CGイラスト(ベストカーが製作したCGイラスト)
初代S30型フェアレディZ

 このZこそ、日産が計画する「内燃機関車」の1モデルである。これまでの情報では、Z34型のビッグマイナーチェンジ版というものだったが、ここにきて、「Zはフルモデルチェンジ」との情報も入ってきた。

 日産開発現場に近い情報では、「フロアはZ34をベースにしながらも、サスジオメトリーを大幅に変更し、操安性を徹底的に見直している」と言い、エンジン搭載位置を低くするなど低重心化も図っているとのこと。

 搭載されるエンジンに関しては、現行モデルが336ps/37.2kgmの3.7L、V6とNISMO専用チューニングによる355ps/38.1kgmの3.7L、V6をラインナップしているが、新型Zには304ps仕様と405ps仕様の3L、V6ツインターボが設定されることは間違いない模様。

 このハイパワーを生かすためのシャシーをニュルブルクリンクサーキットを走りこんで鍛えているという。

 トランスミッションは、スカイラインでは7速ATのみの組み合わせだが、Zでは6速MTの組み合わせも用意されるという。

 現行Zの価格は、標準仕様が397万9800(6速MT)~405万9000円(7速AT)、バージョンS(6速MT)が、484万8800円、バージョンT(7速AT)が480万2600円、バージョンSTが519万8600(6速MT)~530万8600円(7速AT)、そしてNISMOが640万9700(6速MT)~651万9700円(7速AT)。

 これまでZの価格は、ライバルたちよりも少し安い価格を設定してきた歴史があるため、新型Zの価格も抑えられるだろうが、最新の安全装備やコネクティビティが装着されるため、現行の約400万~約540万円(NISMOを除く)から各グレード50万円程度の価格アップは免れないだろう。

 新型Zのデビューは2021年末までに登場する。最新情報を入手次第、随時お届けしていこう。

【画像ギャラリー】何代目が一番売れたのか? 歴代フェアレディZの雄姿を写真でチェック!